つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
東野圭吾『マスカレード・ナイト』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

東野圭吾『マスカレード・ナイト』(集英社)は、ホテル従業員に扮する刑事新田の活躍を描く『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』に続くマスカレードシリーズ第三弾である。

 

『マスカレード・ホテル』の事件から数年後、再びホテルコルテシア東京を舞台に大きな犯罪が行われようとしていた。警察への密告電話で、大みそかのカウントダウンパーティに練馬の女性殺人事件の犯人が現れるというのだ。以前も同じホテルのフロント係に扮して潜入捜査を行い、事件を解決したことのある捜査一課の新田浩介に再び声がかかる。コルテシア東京には、今はコンシェルジュを務める気心の知れた山岸尚美や総支配人の藤木がいたが、今回はいささか勝手が違った。新しいフロント係の氏原佑作が目を光らせなるべく新田をフロントに立たせないようにクギを刺してきたからである。
 

潜入捜査が始まったものの、手がかりは杳としてつかめない。その間、山岸は新田ともどもホテルのさまざまな客の要望をかなえるべく奔走する。窓の外に見える人の顔写真を消してほしい。プロポーズに薔薇の花の演出を行いたい。気に入った女性との仲をとりもってほしい。ときには無理難題も与えられながらも、それに何とか応えようする。だが、その間に密告者と犯人はホテル内で暗躍していたのであった。

 

「忘れるなよ。化けているのはおまえだけじゃない。向こうだって化けておる。決して騙されるな」

 

警察がホテルスタッフの仮面をかぶり捜査をしているだけでなく、犯人も密告者もホテルの客に紛れ込み、本当の正体はわからないまま大みそかのカウントダウン前のマスカレードパーティへと突入する。

 

はたして予告された通りに犯人はパーティに現れるのか?

 

読者の目の前で活動ながらも、あまりに巧みに犯人の正体を隠したがために途中までは敏腕コンシェルジュの活躍を描いた企業小説のように展開する。トリックに凝りすぎて、最後の謎解きが複雑になりすぎたきらいはあるものの、読者の推理の裏をかき、最後まで楽しませてくれるという点では、東野作品でも一、二を争う作品、それが『マスカレード・ナイト』である。

 

関連ページ:

『東野圭吾短編集 素敵な日本人』

『恋のゴンドラ』

『危険なビーナス』
『人魚が眠る家』
『ラプラスの魔女』
『マスカレード・イブ』
『祈りの幕が下りる時』
『夢幻花』

小玉ユキ 『坂道のアポロン』1〜10

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

小玉ユキ『坂道のアポロン』は、学生運動華やかなりし1960年代の長崎県佐世保市(そして東京)を舞台にした青春群像劇のコミックである。


高校の同級生である西見薫川渕千太郎迎律子三人をメインに、千太郎が窮地を救った他校生深堀百合香、千太郎が「淳兄」と慕う大学生の桂木淳一がからみ、思春期の複雑な人間模様を繰り広げる。物語のバックボーンを支え、登場人物を結びつける重要な役割を果たすのが、ジャズ音楽の世界であり、『坂道のアポロン』はその意味で音楽コミックの性格も持っている。 

 

日本人とアメリカ人のハーフで、背が高く、髪の色も違う千太郎は、周囲からは不良扱いで敬遠されていたが、秀才タイプの薫とは無二の親友だった。薫はクラスメートの律子に心を寄せていたが、その律子は幼なじみの千太郎がずっと好きだった。クラシックピアノを習い、かなりの腕前であった薫は、千太郎に誘われ、ジャズの世界へとひきこまれる。ジャズ千太郎のジャズ仲間に淳一やレコード店を経営しながら自らウッドベースもたしなむ律子の父迎勉もいた。

 

三人で出かけたとき千太郎が不良にからまれたところを救った百合香に千太郎は一目ぼれし、彼女の絵のモデルを演じたりしながら、なんとか交際にこぎつける。しかし、百合香の心はいつしか淳一へと移ってゆくのだった。その淳一はというと学生運動の中に身を投じ、千太郎や薫とも距離を置くようになる。

 

薫も、千太郎も、律子もみな片想いの中で、友情は続いてゆくが、ときに感情のボタンの掛け違いで、口もきかなくなったり、ジャズのセッションも途切れたりする。しかし、何度か和解する中でしだいにそれぞれの心にも変化が生じてゆく。

 

やがて高校卒業が近づき、人生の岐路にさしかかる。それは、三人の別れを意味していた。あれほど夢中になった音楽の世界も終止符を打ってしまうのだろうか。

 

バラバラになってしまう薫、千太郎、律子、そして百合香、淳一の未来はいったいどこにあるのか?

 

複雑な家庭環境ゆえに心の中に大きなトラウマをかかえ、皆の前から姿を消した千太郎の行方は?

 

物語は、想定外の方向へと進み、やがて第9巻でハッピーエンドへとさしかかるが、そこに至る回り道の長いこと。

 

それぞれに好きな相手がずれ、報われない思いを抱えながらも、友情を育み、近づいては離れを繰り返す、青春時代の不安定な世界を小玉ユキは見事に描ききっている。とりわけいったん振った相手を好きになってしまい、バツの悪い思いをする律子の微妙な感情のゆれがたまらない。

 

10巻は、それぞれの人物の知られざる過去と、近況にスポットライトを当て、物語の世界に奥行きを与えるボーナストラック集だが、この手の企画にありがちなトリビアなエピソードの寄せ集めにならず一層読者を作品世界へと引き込むハートウォーミングなエピソードが並んでいる。

 

『坂道のアポロン』は、誰もが身に覚えのある青春時代の煮え切らず悶々として思いを見事に描き切った青春群像劇の傑作である。

豊田有恒『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

豊田有恒『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』(祥伝社新書)は『宇宙戦艦ヤマト』以来、テレビ版、映画版10回のシリーズのSF設定を担当した著者による回顧的ヤマト論である。

 

一世を風靡した『宇宙戦艦ヤマト』は、前作との整合性を無視して度重なる続編が作られた作品であり、さらにプロデューサー西崎義展と漫画家松本零士の間で、その著作権をめぐり法廷闘争が行われた作品でもあった。その後、西崎は銃所持や覚醒剤で逮捕されながらもヤマトのリメークを行いそれなりの成功を収めたが、最近不慮の死を遂げたことが報じられた。

 

作品ジャックとも言える西崎の悪行の数々は、ファンの間でも知れ渡っているし、著者は松本零士と並ぶ西崎の最大の被害者とも言えるが、その手口を暴露しつつも、同時に西崎の存在がなければ『宇宙戦艦ヤマト』の成功がありえなかったと功績を認めながら、ニュートラルな目で、著者自身と『宇宙戦艦ヤマト』との関わりを語っているのである。

 

本書の冒頭を飾るのは、ヤマトではなく、手塚治虫の話である。日本におけるテレビアニメの創世の時代に、『エイトマン』のシナリオで認められた豊田は手塚にも『鉄腕アトム』のシナリオを書くように求められる。そこでの手塚の天才ぶりの秘密が語られる。

 

アイデア出しの場面で、こんなバカなことを言ったら、豊田の奴、俺を馬鹿にするのではないか、などという衒いがない。思いつくままに、機関銃のようにアイデアが飛び出してくる。そのほとんどはくだらないものだが、いつくかは光るものがあり、こちらも心が動いてくる。アイデア出し、ブレインストーミングの鉄則だが、妙に肩書や地位にこだわらず、思いつくままにアイデアを喋る必要がある。妙に自己規制してしまうと、良いアイデアも出てこない。

 駄目なものは後で捨てればいいだけなのだ。手塚には、いい意味で幼児性があったから、自分を偉そうに見せかけるということをしない。アニメのこととなると、少年のようにキラキラした目で、情熱的に語る。いま思えば、横綱の胸を借りていたような、人生の貴重な体験だった。pp41-42

 

その後『スーパージェッタ―』『宇宙少年ソラン』をも手がけたものの『冒険ガボテン島』でいったんアニメから手を引いた著者を引き戻したのが、西崎義展だった。

 

当初は、『西遊記』をモデルにした宇宙船による地球脱出の話であったものが、メンバーが揃う中で、『宇宙戦艦ヤマト』の祖型がしだいにできあがってくるようすがありありと描かれる。ラジェンドラという異星人の名はガミラスに変えられる。戦艦ヤマトを使おうと提案したのは、松本だった。そんな中で、アニメにもSFにも疎い西崎は何一つオリジナルな考えを出せたわけではない。しかし、いつしか著者や松本の名前を作品のクレジットから外そうとするのであった。

 

稼いだ金をクリエイターに還元するわけでもなく、ヨットや車・オートバイにつぎ込む西崎。それでも、言葉巧みに次回作を持ちかけられると断れないという著者の悪癖が繰り返される。SF作家としての血が騒ぐ上に、企画を他人に任せるとどんなデタラメな作品にされるかわからないという恐れもあり、「このままあなたと付き合っていると、ぼくは乞食になる!」と著者が西崎に最後通牒を突きつけるまで、それは続くのであった。

 

SF作家だけに豊田は宇宙に関する知見も詳しく、光速を超える速度で進むにもかかわらずタイムパラドックスが無視されていること、太陽系の惑星を順に訪れるなど惑星直列でもなければありえないこと、コスモゼロの発艦シーンでの見栄え重視のフィクションなど、ヤマトのどの部分が非科学的であるかも細かく解説される。また「イスカンダル」や「シャルバート」という言葉の起源など、該博な歴史的地理的な知見によって、ヤマトの世界の奥行きが一層深まるのを読者は感じることだろう。

 

また、イスカンダルとは、シルクロード方面で、かつて遠征してきたアレキサンダー大王の名が、伝承しているうちに訛ったものである。つまり『西遊記』を下敷きにしたことをほのめかすため、登場する異星人の名に、サンスクリット語の固有名詞を、さりげなく用いてみせたのである。p74

 

西崎義展の功罪に関して、多くのページが割かれているものの、私たちが抱いている西崎像を否定するような内容はなく、むしろ強化するものである。本書の白眉は、やはり無から有を生み出すクリエイターの頭の中で、いかにしてアイデアが出され、それが集合知の中で化学反応を起こし、進化するに至ったかそのプロセスである。当事者でありながら、クールな目で自分の知る限りの「真実」を淡々と語る本書は、アニメ界の歴史を明らかにする良書である。

 

  Kindle版

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.