つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
石田衣良『七つの試練 池袋ウエストゲートパーク将検

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

石田衣良『七つの試練 池袋ウエストゲートパーク将検(文藝春秋)は池袋ウエストゲートパークシリーズの第十四作目にあたる。「泥だらけの星」「鏡のむこうのストラングラー」「幽霊ペントハウス」「七つの試練」の四つの作品が収録されている。

 

池袋西口公園は、再開発され、野外音楽堂が建設される。この「池袋ウエストゲートパーク」シリーズも、いよいよ終了かと思いきや、池袋一のトラブルシューター真島誠は相変わらずの平常運転だ。

 

 ウエストゲートパークでは円形の広場の改装工事が始まっていた。なんでも六重のリングを空に浮かべ、コンサートができるような野外のステージにするらしい。ガキのころから見慣れた噴水もとり壊すそうだ。

 ホームタウン育ちのおれにはちょっと残念だが、東京が変わるのはしかたなかった。明治元年から百五十年、この街が変わらない年などなかったのだから。(「鏡の向こうのストラングラー」p98)

 

「泥だらけの星」は、悪徳プロダクションの罠にかかって、女性スキャンダルをネタに強請られている若手俳優の話だ。だが、いったん相手の条件を呑むと、どんどんと要求はエスカレートして、骨までしゃぶられる。だから事務所の方針として相手の要求を呑むことはNG、そこでGボーイのキングこと安藤崇経由でマコトに依頼が舞い込んだわけだ。悪徳プロダクションの裏には、ヤクザの影がちらつき一筋縄ではいけない。誠はそれをどう解決するか。

 

「鏡のむこうのストラングラー」は出会いカフェに出没し、死なない程度に何度も女性の首を絞める犯人をあぶりだす仕事だ。

 

「幽霊ペントハウス」は、新婚夫婦のマンションで、夜な夜な定時になると鳴り響く奇妙な音の正体をつきとめることを依頼される。どうやらその敷地は神社で、祟りも噂される因縁の土地だった。マコトは畑違いのゴーストバスターの仕事を果たすことができるのか。

 

そして「七つの試練」は、ネットの掲示板で流行るデスゲームの被害者たちからの依頼だ。課題を実行し、それを自撮りしてアップしいいねの数を競い合う。最初はラーメン完食のような他愛のないものだが、しだいに万引きのような犯罪へとエスカレートし、最後に来るのは…その結果何人も負傷者出たわけだ。しかし首謀者である管理人の正体も、所在も、軍開発のソフトウェアに守られてわからない。マコトはどうするのか?

 

いずれも、一見解決不可能のように見える課題に対する解決策を、四苦八苦しながらもなんとか見つけ、タカシ配下のGボーイらの手助けを借りながら、警察権力とは別の決着をつけるところに、このシリーズの醍醐味がある。この14集では、ゼロワンなど懐かしいメンバーも登場する。

 

「池袋ウエストゲートパーク」シリーズは、その年代特有のトレンドを、事件として取り上げている。時代が変わるとすたれてしまうような現象や言葉を回避する賢明な作家もある一方で、石田衣良はあえてそのリスクを正面から引き受ける。そうすることで、このシリーズは、時代の空気をそのままストーリー化したクロニクルとなり、読者のさまざまな思い出と結びつく。それが「池袋ウエストゲートパーク」の大きな魅力ともなっているのである。

 

関連ページ:

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/942
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.