つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
小玉ユキ『青の花 器の森 1』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

『坂道のアポロン』が映画化された小玉ユキの最新長編コミック『青の花 器の森』は、同じ長崎県の波佐見町を舞台にしたラブストーリーだ。

 

佐世保市の隣町である波佐見町は人口1万四千人、長崎県では唯一海に面していない市町村で、棚田と波佐見焼で知られている。中尾山には多くの窯元が集まり、桜陶祭の開かれる四月には全国から来た大勢の人で賑わいを見せる。

 

次の波佐見町のビデオは、そのまま『青の花 器の森』の背景の解説になっている優れものだ。

 

 

主人公の馬場青子は31歳。波佐見で生まれ育ち、波佐見焼の窯元の一つで働いている。ふだんは髪を後ろに束ね、丸い眼鏡をかけて目立たなくしているが、かなりの美人で、スタイルもいい。細面なのに、アラレちゃんのような大きな黒目がチャームポイントだ。性格は天然で整理整頓は苦手、趣味は食べること、特に甘いものに目がない。

 

そこへやってきた一人の青年。真鍋龍生。長身でかなりの「イケメン」だが、表情は平坦で、感情に起伏がなく、人との間に壁をつくりがち。この窯に来て早々に一年で止めるつもりと、全く空気を読むそぶりも見せない。

 

だが、彼はただ者ではなかった。器をのせた長い板をバランスよく持ち、その器の出来も上々。青子は、その言動にはムカつきながらも、彼がつくる一輪挿しと手の仕草に魅せられ、思わずその器に絵付けをするイメージが浮かぶ不思議な体験をする。

 

だが、絵付したい由を伝えると、絵付しない方がいいに決まっていると、龍生に秒殺されてしまう。

 

そして、窯元でも意見が二分したため、二人の意見のどちらが正しいか、雌雄を決することになる。。

 

はたして勝敗のゆくえはいかに?

 

前作の『月影ベイベ』で富山県八尾市のおわら踊りの世界、そのしぐさの一つ一つに、複数の世代の恋の記憶を込めて描いた小玉ユキは、この『青の花 器の森』でも、ろくろによってつくりだされる波佐見焼のかたち、その上に描かれる絵付の模様、そしてそれをつくりだす男と女の手の動きに、繊細な感情の世界を凝縮的に表現しようと試みている。

 

言葉の上では対立し合う青子と龍生だが、しだいに焼き物を通じて、互いの存在を認め合うようになる。龍生が器に触れる時に、青子が感じる不思議なときめきは恋の一歩手前だ。

 

なんなの あの手

器触っているだけなのに

優しくて

色っぽくて

 

まるで

 

見ちゃいけないもの

見ちゃったみたいに

 

ドキドキする

 

だが、龍生にはいくつかの語られざる秘密があった。克服しきれていない火に対する恐怖心、海外に出たものの自分の器がつくれなくなって、一からやり直すために帰国したこと。そして…。ふれれば壊れそうな器のようなもろさを、龍生の過去ははらんでいるのではなかろうか。

 

『青の花 器の森』は、男女の繊細な感情のドラマを通じて、いつの間にか読者を波佐見の町と、焼き物の世界まで、好きにさせてしまうような不思議な力を持った美しい作品である。

 Kindle版

 

関連ページ:

小玉ユキ『坂道のアポロン』1〜10

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/939
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.