つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 9』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

戦記物の戦いが、格闘技物の戦いと異なるのは、基本となる数が2ではなく、3であるということだ。戦う二者の能力以上に、そのいずれかに与する第三者によって勝敗が決まるのである。そこでは、駆け引きや裏切りが日常茶飯事となる。国と国の間でもこの三の原理で動くが、臣下の人間もそのいずれに従うかの選択を余儀なくされる。

 

田中芳樹原作、荒川弘漫画の『アルスラーン戦記 9』ほど、この戦記物の本質を表すものはない。

 

ルシタニアにより王都を追われたパルス王子アルスラーンたちは、シンドゥラ国の兄弟間の王位継承の争いで、弟のラジェンドラに加勢することで兄であるガーディーヴィを倒し、ラジェンドラは王位につくことができたのだ。

 

けれどもアルスラーン一行が、ルシタニアと戦うためパルスへの帰国が迫ると、野心家のラジェンドラはそこで漁夫の利を得ようと姦計をめぐらせる。この危機をアルスラーンたちは切り抜けることができるか。

 

そんな中、ガーディーヴィの配下の忠臣ジャスワントは、人物をアルスラーンに認められ、配下に加わらないかと誘いを受ける。ガーディ―ヴィの妻サリーマもまた彼を手元に置こうとする。ジャスワントの選択は?

 

他方、バルスの王都エクバターナを支配するルシタニア国王のイノケンティスは、勢力を伸ばし増長魔となった大司教ボダンと配下の騎士団を叩くため、銀仮面卿ことヒルメスの力を借りようとする。両者をぶつけて、潰し合いをさせるためである。そんな思惑を知った上で、ヒルメスはあえて彼らの居城ザーブル城攻めに向かおうとするのだった。ヒルメスの思惑とは?そして勝敗の行方は?

 

ヒルメスの忠臣サームは、ルシタニア人の盗賊を退治したというかつての友人、隻眼のクバートの噂を聞きつけ、ヒルメスの配下に加えようとするが、自由人のクバートはヒルメスの仮面をからかってしまう。パルス人としては、ヒルメスに仕えるかアルスラーンに仕えるか、自由の身でいるかしかないが、はたしてクバートの選択は?

 

『アルスラーン戦記』を導くもう一つの糸は、アルスラーンの出生の謎である。

 

シンドゥラでの戦いでアルスラーンをかばったバフマンが死んだことで、手がかりの一つが失われてしまった。

 

他方、サームは地下に囚われの身のパルス王アンドラゴラスに面会し、アンドラゴラスの兄である前王オスロエスの死とアルスラーンの出生の秘密に迫ろうとする。アンドラゴラスが告げた衝撃の真実とは?

 

そして、アルスラーンの周辺にも、その出生の秘密を探ろうとする黒い影が出没する。第二の危機が迫る。
 

勝利を得るのは、アルスラーンか、ヒルメスか、ルシタニアか、しだいに三つ巴の戦いの構図が浮かび上がり、多彩な人物を加えてますます佳境真っただ中の『アルスラーン戦記』である。

  Kindle版

 

関連ページ:

荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 6』
荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 5』
荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 3』
荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 2』
荒川弘、田中芳樹『アルスラーン戦記 1』

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/908
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.