つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
諌山創『進撃の巨人 25』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

壁で守られた世界へ突如侵入してきた巨人。それはパラディ島の外部の勢力による陰謀だった。外の世界の住人、マーレ人は、巨人への変身能力を持つエルディア人を恐れ、同じように巨人への変身能力を持つエルディア人の移住民を尖兵として潜入させた。それが、ベルトルトアニライナーだったのだ。

 

血で血を争う戦いから4年の歳月が経ち、マーレ人の中に、まぎれこんで生活していたエレンは、ライナーと再会を果たす。はじめはこの人、誰?と読者が戸惑うほどにエレンの雰囲気は激変していた。自分たちが行った行為に対して、呵責の念を抱くライナーだが、死のうとして死ねなかった。それに対して、エレンはそれぞれの世界を救うために、仕方がなかったと言うのだった。

 

確かにオレは…

海の向こう側にあるものすべてが

敵に見えた

 

そして…海を渡って

敵と同じ屋根の下で

敵と同じ飯を食った…

 

ライナー…お前と同じだよ

もちろんムカつく奴もいるし

いい奴もいる

 

海の外も壁の中も

同じなんだ

 

おりしも、エルディア人掃討作戦に向け、レベリオ収容区で有力者であるヴィリー・タイパーが演説を行おうとしたその時、エレンは巨人へと変身し、街を大混乱に陥れる。戦いの火蓋が切って落とされたのだった。

 

だが、敵もさるもの。地中に仕掛けられた巨大な槍がエレンを襲い、戦鎚の巨人が現れる。

 

さらに現れる車力の巨人、顎の巨人、獣の巨人。そして、エレンを援護するミカサら調査兵団。

 

…バカな!?俺は巨人だぞ!?こいつら人間の姿のまま 俺を殺す気か!?

 

双方の総力戦が始まる。かつてない壮絶な戦いの幕開けだ。

 

『進撃の巨人』の原点は、東宝の怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』だったと作者諌山創は語ったことがあるが、それに輪をかけてスケールアップした『怪獣総進撃』のようなバトルシーンが展開する。
 

最後の戦いの後にもたらされるのはいったい何なのか。勝者はどちらなのか。

 

もはや大きな謎はなく、運命を見守るしかない『進撃の巨人』。長い助走期間を終えて、続く26巻で最高のクライマックスを迎えることだろう。

  Kindle版

 

関連ページ:

諌山創『進撃の巨人 24』

諌山創『進撃の巨人 20』
諌山創『進撃の巨人 19』 
諌山創『進撃の巨人 15』
諌山創『進撃の巨人 13』
諌山創『進撃の巨人 12』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/898
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.