つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
pen 2018 3/1号 No.446 [生誕90周年 マンガの神様 手塚治虫の仕事。]

  文中敬称略

 

 

雑誌『pen 2018年 3/1号 No.446』では、[生誕90周年 マンガの神様 手塚治虫の仕事(クリエイション]と題し、24pから121pまで約100ページにわたる大特集、手塚治虫ファンだけでなく、マンガやアニメのディープなファンには垂涎の内容となっている。

 

 

基本的に手塚治虫のマンガの収録や、古い白黒写真を除いてすべてカラーなのである。

 

 

手塚作品の原点となった戦争とアメリカのアニメから始めて、手塚マンガの基本的な手法、漫画家や編集者の目から見た手塚作品の真骨頂、そして多くの作品の解説が次から次へと続く、

 

さらにいくつかの作品を取り上げ、SF作品、社会問題や不条理もの、変身ものといったテーマを掘り下げてゆく。

 

手塚治虫の場合には、コミックにとどまらずアニメの世界も、1960年の「西遊記」から始めて1987年の「森の伝説」に至るまで一つの歴史をなす。

 

さらに同業者や編集者、アニメーターなどの人間関係の紹介が行われる。

 

手塚の原点となっているのは、単に戦争やディズニーのアニメーションだけではない。藤子不二雄石ノ森章太郎らが集まったトキワ荘、幼い頃から歌劇に入り浸る一方で、昆虫の宝庫でもあった宝塚、人生の選択に迷った医学部など、手塚作品に不可欠な作品の源泉もクローズアップされるのだ。

 

51年には卒業を迎え、インターンを経て医師国家試験に合格。試験の前日ギリギリまでマンガを描いて、その晩から一夜漬けせ勉強して合格したという逸話もある。p62

 

100pの特集の中でも大きな地位を占めているのが、自伝的マンガの「がちゃぽい一代記」(pp65-108)。終戦直後の闇市の時代から、売れっ子漫画としての活躍、アニメの作成、渡米に至るまで、1970年に至るまで手塚の足跡がコンパクトにまとめた名作だ。

 

Kindle版の『紙の砦』にも収録されていてKindleの月替わりセールの対象になったこともあるので読んだ人も多いと思うが、雑誌と同じ大きさで読む「がちゃぽい一代記」はまったく別の味わいがある。別冊付録ということで、一応取り外しも可能になっている。

 

特に、都会の通りをキャラクターたちとともに歩く手塚の後姿は、いつまでも心に残る名シーンである。

 

そして、最後をしめくくるのが、長男の手塚眞や長女手塚るみ子ら手塚家のメンバーによる対談、横尾忠則など親しい人々の証言、そして新座に今も残る手塚治虫最後の仕事場の篠山紀信による撮り下ろし写真である。

 

中でも手塚眞の次の言葉は印象的だ。

 

最近まで早く亡くなったのは無茶をしすぎたせいなんだとずっと思っていた。でも、いま改めて思い返してみると、よくぞ60歳まで頑張ったなあって、……。あれだけの仕事をしていたら40歳で倒れてもおかしくはない。倒れないだけのエネルギーがあったんです。p113

 

改めて、作品の一つ一つを読んでゆけば、同じ気持ちにならずにはいられないのだ。

 

余りに広大な広がりを持った多作家であるために見失いがちな巨匠の輪郭を直感できるベストの一冊なのである。

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/884
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.