つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
東野圭吾『マスカレード・ナイト』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

東野圭吾『マスカレード・ナイト』(集英社)は、ホテル従業員に扮する刑事新田の活躍を描く『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』に続くマスカレードシリーズ第三弾である。

 

『マスカレード・ホテル』の事件から数年後、再びホテルコルテシア東京を舞台に大きな犯罪が行われようとしていた。警察への密告電話で、大みそかのカウントダウンパーティに練馬の女性殺人事件の犯人が現れるというのだ。以前も同じホテルのフロント係に扮して潜入捜査を行い、事件を解決したことのある捜査一課の新田浩介に再び声がかかる。コルテシア東京には、今はコンシェルジュを務める気心の知れた山岸尚美や総支配人の藤木がいたが、今回はいささか勝手が違った。新しいフロント係の氏原佑作が目を光らせなるべく新田をフロントに立たせないようにクギを刺してきたからである。
 

潜入捜査が始まったものの、手がかりは杳としてつかめない。その間、山岸は新田ともどもホテルのさまざまな客の要望をかなえるべく奔走する。窓の外に見える人の顔写真を消してほしい。プロポーズに薔薇の花の演出を行いたい。気に入った女性との仲をとりもってほしい。ときには無理難題も与えられながらも、それに何とか応えようする。だが、その間に密告者と犯人はホテル内で暗躍していたのであった。

 

「忘れるなよ。化けているのはおまえだけじゃない。向こうだって化けておる。決して騙されるな」

 

警察がホテルスタッフの仮面をかぶり捜査をしているだけでなく、犯人も密告者もホテルの客に紛れ込み、本当の正体はわからないまま大みそかのカウントダウン前のマスカレードパーティへと突入する。

 

はたして予告された通りに犯人はパーティに現れるのか?

 

読者の目の前で活動ながらも、あまりに巧みに犯人の正体を隠したがために途中までは敏腕コンシェルジュの活躍を描いた企業小説のように展開する。トリックに凝りすぎて、最後の謎解きが複雑になりすぎたきらいはあるものの、読者の推理の裏をかき、最後まで楽しませてくれるという点では、東野作品でも一、二を争う作品、それが『マスカレード・ナイト』である。

 

関連ページ:

『東野圭吾短編集 素敵な日本人』

『恋のゴンドラ』

『危険なビーナス』
『人魚が眠る家』
『ラプラスの魔女』
『マスカレード・イブ』
『祈りの幕が下りる時』
『夢幻花』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/838
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.