つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
豊田有恒『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

豊田有恒『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』(祥伝社新書)は『宇宙戦艦ヤマト』以来、テレビ版、映画版10回のシリーズのSF設定を担当した著者による回顧的ヤマト論である。

 

一世を風靡した『宇宙戦艦ヤマト』は、前作との整合性を無視して度重なる続編が作られた作品であり、さらにプロデューサー西崎義展と漫画家松本零士の間で、その著作権をめぐり法廷闘争が行われた作品でもあった。その後、西崎は銃所持や覚醒剤で逮捕されながらもヤマトのリメークを行いそれなりの成功を収めたが、最近不慮の死を遂げたことが報じられた。

 

作品ジャックとも言える西崎の悪行の数々は、ファンの間でも知れ渡っているし、著者は松本零士と並ぶ西崎の最大の被害者とも言えるが、その手口を暴露しつつも、同時に西崎の存在がなければ『宇宙戦艦ヤマト』の成功がありえなかったと功績を認めながら、ニュートラルな目で、著者自身と『宇宙戦艦ヤマト』との関わりを語っているのである。

 

本書の冒頭を飾るのは、ヤマトではなく、手塚治虫の話である。日本におけるテレビアニメの創世の時代に、『エイトマン』のシナリオで認められた豊田は手塚にも『鉄腕アトム』のシナリオを書くように求められる。そこでの手塚の天才ぶりの秘密が語られる。

 

アイデア出しの場面で、こんなバカなことを言ったら、豊田の奴、俺を馬鹿にするのではないか、などという衒いがない。思いつくままに、機関銃のようにアイデアが飛び出してくる。そのほとんどはくだらないものだが、いつくかは光るものがあり、こちらも心が動いてくる。アイデア出し、ブレインストーミングの鉄則だが、妙に肩書や地位にこだわらず、思いつくままにアイデアを喋る必要がある。妙に自己規制してしまうと、良いアイデアも出てこない。

 駄目なものは後で捨てればいいだけなのだ。手塚には、いい意味で幼児性があったから、自分を偉そうに見せかけるということをしない。アニメのこととなると、少年のようにキラキラした目で、情熱的に語る。いま思えば、横綱の胸を借りていたような、人生の貴重な体験だった。pp41-42

 

その後『スーパージェッタ―』『宇宙少年ソラン』をも手がけたものの『冒険ガボテン島』でいったんアニメから手を引いた著者を引き戻したのが、西崎義展だった。

 

当初は、『西遊記』をモデルにした宇宙船による地球脱出の話であったものが、メンバーが揃う中で、『宇宙戦艦ヤマト』の祖型がしだいにできあがってくるようすがありありと描かれる。ラジェンドラという異星人の名はガミラスに変えられる。戦艦ヤマトを使おうと提案したのは、松本だった。そんな中で、アニメにもSFにも疎い西崎は何一つオリジナルな考えを出せたわけではない。しかし、いつしか著者や松本の名前を作品のクレジットから外そうとするのであった。

 

稼いだ金をクリエイターに還元するわけでもなく、ヨットや車・オートバイにつぎ込む西崎。それでも、言葉巧みに次回作を持ちかけられると断れないという著者の悪癖が繰り返される。SF作家としての血が騒ぐ上に、企画を他人に任せるとどんなデタラメな作品にされるかわからないという恐れもあり、「このままあなたと付き合っていると、ぼくは乞食になる!」と著者が西崎に最後通牒を突きつけるまで、それは続くのであった。

 

SF作家だけに豊田は宇宙に関する知見も詳しく、光速を超える速度で進むにもかかわらずタイムパラドックスが無視されていること、太陽系の惑星を順に訪れるなど惑星直列でもなければありえないこと、コスモゼロの発艦シーンでの見栄え重視のフィクションなど、ヤマトのどの部分が非科学的であるかも細かく解説される。また「イスカンダル」や「シャルバート」という言葉の起源など、該博な歴史的地理的な知見によって、ヤマトの世界の奥行きが一層深まるのを読者は感じることだろう。

 

また、イスカンダルとは、シルクロード方面で、かつて遠征してきたアレキサンダー大王の名が、伝承しているうちに訛ったものである。つまり『西遊記』を下敷きにしたことをほのめかすため、登場する異星人の名に、サンスクリット語の固有名詞を、さりげなく用いてみせたのである。p74

 

西崎義展の功罪に関して、多くのページが割かれているものの、私たちが抱いている西崎像を否定するような内容はなく、むしろ強化するものである。本書の白眉は、やはり無から有を生み出すクリエイターの頭の中で、いかにしてアイデアが出され、それが集合知の中で化学反応を起こし、進化するに至ったかそのプロセスである。当事者でありながら、クールな目で自分の知る限りの「真実」を淡々と語る本書は、アニメ界の歴史を明らかにする良書である。

 

  Kindle版

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/833
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.