つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
田中圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

田中圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA)は、自らも長年「うつ」で苦しんできた漫画家田中圭一が、十数人の「うつ」(や「双極性障害」)に苦しんできた人々に取材して、「うつ」に苦しむ人の手助けになればと描きあげた、著者渾身のコミックエッセイです。

 

この十数人の中には、ミュージシャンの大槻ケンジも、AV監督の代々木忠もいますし、フランス哲学の研究家で多くのエッセイを発表している内田樹も、『私をスキーにつれてって』『僕らはみんな生きている』の脚本家一色伸幸もいます。みな漫画のキャラクターとなって、貴重な経験に基づいた証言を行ってくれます。そういう著名人までが「うつ」に悩まされていることで、「うつ」にまではなったことがない読者も、「うつ」は決して珍しい病気ではなく、表には出なくても、多くの人が抱えている病気であることがわかるのです。

 

また、心理学などの漫画でも有名な精神科医のゆうきゆうも、医者の立場からのアドバイスを提供しています。

 

「うつ」は風邪のように多少無理してでも会社に出られるような、軽い病気ではありません。

「ガン」のように、正しい治療をタイムリーに行わなければ、自ら命を絶ってしまうような危険な病なのです。

 

うつはほうっておくと死に至る病です。

 

こうして何十人もの「うつ」を経験した人々の証言を集めてみると共通点があることがわかります。「うつ」を発症する人は、総じて生真面目で責任感の強い人が多いようです。

 

多くの場合、何かの仕事を引き受けて、一生懸命やって成果をあげることに成功します。

 

しかし、やがてそれがうまくゆかない場合も来ます。自分には不向きな仕事だとわかる場合もあります。それでも、寝食を忘れて一層仕事に打ち込むような人が特に危ないのです。

 

プロジェクトがうまくゆかなくなったり、ミスが多くなったりすると周囲の声も厳しくなり、時には被害妄想や、自己嫌悪におちいる場合もあります。そして、いつしかすべては自分が悪いんだ、自分は求められていないんだといった完全な自信喪失の中、あるとき身体が拒絶反応を起こし動けなくなってしまうのです。

 

「うつ」は空回りする心と、それについてゆけない身体とのバランスが崩れから生じる場合が多いのです。

 

「うつ」を治すには、薬物による治療、仕事を休むこと、別の職場に移ること、趣味に没頭するなど、色々な方法があります。

 

けれどもそれによっていったん治ったかに見えても油断はできません。うつは突然に、仕事がスムーズに行っている時でさえも、再発することもあるのです。これを著者は、「突然リターン」と呼んでいます。大体は、責任感が強いあまりにオーバーワークしてしまう場合が多いようです。

 

また、月によって、「うつ」になりやすい月もあるようです。作者の場合には、3月、5月、11月。気温の変動が大きく、急に温度や気圧が下がる季節に多いようです。

 

『うつヌケ』は、あくまで一患者の立場から、同じ病気に苦しむ人のためにできることはないかとネット上で呼びかけて、編集者を見つけ、出来上がった本です。ですから、うつについての絶対の真理を提示することもありません。治療したり、再発を乗り越える方法もひとそれぞれです。

 

しかし、それらを通して、自分一人で「うつ」を抱えている人に対して、さまざまな先輩の声を参考や励ましにしながら、大きな希望を与えてくれる本なのです。現在でも、完全に治すことは困難な「うつ」ですが、それなりの対処の方法、付き合い方があるのだし、それさえ身につけることができれば、いたずらに恐れる必要もないのですから。

 

 そうこいつらは「幽霊」じゃなくて「妖怪」だ

 好ましい存在ではないけれど

 つきあい方がわかればけっして怖くない

 

『うつヌケ 』は、長からず短からずの20篇の親しみやすいケーススタディ漫画によって、ことさら深刻になることなしに、気軽に「うつ」についての知識を深め、「うつ」との付き合い方を学ぶことのできる良書なのです。

 Kindle版

 

関連ページ:

田中圭一『田中圭一のペンと箸 〜漫画家の好物〜』
田中圭一『Gのサムライ』

田中圭一『神罰1.1』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/699
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.