つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 万城目学『悟浄出立』
    石山智男 (02/14)
  • 伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
    藍色 (09/23)
  • 森山高至『非常識な建築業界 「どや」建築という病』
    森山 (03/05)
  • 伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
    藍色 (12/11)
  • 坂口恭平『現実脱出論』
    佐藤 (04/22)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    mkamiya (03/18)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    ω (03/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    mkamiya (01/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    ゆーり・ぼいか (01/17)
  • 堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
    mkamiya (11/01)
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
万城目学・湊かなえ・小路幸也ほか『みんなの少年探偵団』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

『みんなの少年探偵団』(ポプラ文庫)は、5人の作家万城目学湊かなえ小路幸也向井湘吾藤谷治よる江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズのオマージュアンソロジー、2014年11月に単行本として刊行されたものの、待望の文庫化である。

 

時代設定や文体は自由。名探偵明智小五郎とその宿敵怪人二十面相、そして小林芳雄をはじめとする少年探偵団のメンバーが、それぞれのキャラクターを活かしながら、所狭しと活躍を見せる。あの子どものころのわくわくドキドキした気分を再び味わうことのできる好企画である。本編を読むときの楽しみを損ねないように、以下、各作品の前半の設定おおざっぱに紹介し、冒頭の一節のみ掲げる。

 

万城目学の「永遠」は泥棒であるおじいさんに育てられた双子の少年の物語、まだ東京に八本のお化け煙突がありもくもくと煙をあげていた時代の話である。しかし、おじいさんが死んでしまい、二人の少年は隠された宝物を見つけるために暗号を解くことになる。暗号は解けるのか?そして、この少年たちの将来は?

 

 満月なのに空はすっかり雲に隠れ、風ばかりが強い夜に、ぼくらは町に到着した。丸一日も汽車に乗って、ぼくらを一軒の長屋の前まで連れてきた伯父さんは、玄関から出てきた猿股姿のおじいさんに一度頭を下げ、茶封筒を渡すと、「じゃあな、達者にやれよ」と言って去っていった。残されたぼくらはおじいさんの前に立ち、自己紹介した。

「フンッ、名前を聞いただけじゃ、どっちがどっちやら、さっぱりわからん」

p7

 

湊かなえ「少女探偵団」は、体操が得意な少女の話。山口県の海辺の町に祖父母を訪ねたカスミは、祖母の口からかつて彼女も体操の選手であったこと、そして夏休みに小林芳雄という少年と出会った話を聞くのであった。ホテル竜宮館のお宝を狙う二十面相とのたたかいが語られる。

 

 小学生最後の夏休み、八月の最終週、わたしは山口県の海辺の町に住む、母方の祖父母の家を訪れました。両親は共働きで忙しく、一人で新幹線に乗ってきたわたしを、二人が駅まで迎えに来てくれました。

「カスミちゃんがここに来るのは何年ぶりだろうねえ。関門海峡、覚えているかい? お盆はすぎたけど、今年はくらげが少ないらしから、まだまだ海水浴が楽しめる。沙耶や謙太もカスミちゃんと海に行くんだって張り切っているぞ。砂浜でバク転を見せてもらうんだってな」

p67

 

小路幸也「東京の探偵たち」の舞台となるのは1974年の東京。母親が吸血鬼によって血を吸われ、子どもが行方不明になる怪事件に音をあげた一人の探偵は、ババアと呼ばれる女性から、麹町の「ヨシオちゃん」を訪ねるようにと言われる。彼が見た「ヨシオちゃん」の姿は?そして事件の真相は?

 

「吸血鬼?」

 目ん玉ひんむいて驚いた。

 そりゃ驚くよな。で、その後に笑った。

 まぁ、笑うよな。

「何を言ってるのあなた」

「はぁ」

p111

 

向井湘吾「指数犬」の主人公となるのは、野呂一平と井上一郎という二人の少年探偵団のメンバーだ。二人は怪しい老人に声をかけられ、「魔法の犬」を譲り受ける。この魔法の犬というのは、一晩で倍に増えるというものであった。本当に犬は増え続けるのだろうか。そして、老人の正体は?

 

「ダメだ。こちらの道も、もう犬でいっぱいだ」

 人通りの絶えた、物寂しい町はずれ。壁から顔を突き出して様子をうかがい、一人の少年がささやいた。「引き返そう。別の道をさがさないと」

p151

 

そして藤谷治「解散二十面相」は、すぐに逃げるのを知りながら、二十面相をつかまえては万歳三唱を行う明智小五郎と少年探偵団のおめでたさに飽き飽きした二十面は、ついに二十面相を辞めると言い出すのである。

 

 憎い二十面相を見事つかまえた明智小五郎と少年探偵団は、思わず快哉を叫びました。

「明智探偵、ばんざーい。」

「少林団長、ばんざーい。」

「少年探偵団、ばんざーい。」

「ばかじゃないか、あいつら。」

 パトカーの中でその大声を聞いた二十面相は、思わず呟きました。p193

 

江戸川乱歩そっくりの語り口で、藤谷治が挑むのは作者のおめでたさまであげつらう一種のメタフィクションである。

 

いかがだろうか。各作家の個性と、乱歩の世界の魅力が混然一体となり、新しい少年探偵団の魅力が広がっているように感じないだろうか。『みんなの少年探偵団』はかつての少年探偵団シリーズのファンの必読書だが、いきなり江戸川乱歩のシリーズに入るには敷居が高いと感じる人にも、格好の入門書となっている。

 

PS「みんなの少年探偵団」はシリーズ化され、第二弾有栖川有栖・歌野晶午、大崎梢、坂木司、平山夢明による『みんなの少年探偵団2』以降続刊中である。

 

関連ページ:

万城目学『バベル九朔』
万城目学『ザ・万字固め』
万城目学『悟浄出立』
万城目学『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/683
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.