つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 万城目学『悟浄出立』
    石山智男 (02/14)
  • 伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
    藍色 (09/23)
  • 森山高至『非常識な建築業界 「どや」建築という病』
    森山 (03/05)
  • 伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
    藍色 (12/11)
  • 坂口恭平『現実脱出論』
    佐藤 (04/22)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    mkamiya (03/18)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    ω (03/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    mkamiya (01/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    ゆーり・ぼいか (01/17)
  • 堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
    mkamiya (11/01)
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 14』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 14』には三つのエピソードが収録されている。

 

まずはカラスを操る引きこもり少女まなの解決編。警察官を殺すことも厭わない非情な敵の魔の手がまなに迫る。身を挺してその窮地を救ったのは、カラスのトビヲだった。そして駆けつけた香瑩(シャンイン)との対決。卑劣な敵は少女を人質にとろうとする。銃声がこだまする。久々のシティーハンターらしいスリリングな展開である。

 

次のエピソードは、5年前の雨の日に槇村香が生命を救った少女の話。香の月命日に事故現場に花を供え続ける少女由佳香瑩の出会い。事情を知らぬ由佳は、香の遺族と対面することを恐れていた。だが、その場で倒れ入院した彼女のもとを多くの見知らぬ人たちが見舞う。涙腺決壊必至のハートウォーミングストーリー。

 

そして、最後のエピソードは香瑩の誕生日をめぐる物語。建前上、 冴羽獠との出会いの日が香瑩の誕生日ということになっていたが、本当の誕生日をは知っていた。そして、香瑩の20歳の誕生日が近づく。祝ってやりたいだったが、なぜ知っているかを香瑩に問い詰められることを考えると、切り出せないでいた。そんな折、大量のプレゼントが彼女の元に届けられる。

 

というわけで、街中のちょっとした事件を解決し人助けするという消化試合的な展開ではなく、ストーリーの基本部分で多くの新しい事実が出てくる2ndシーズン14は、シティーハンターファン必見の感動巻なのだ。

 

関連ページ:

北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 12』
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 10』
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 9』 
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 8』
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 7』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/647
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.