つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 万城目学『悟浄出立』
    石山智男 (02/14)
  • 伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
    藍色 (09/23)
  • 森山高至『非常識な建築業界 「どや」建築という病』
    森山 (03/05)
  • 伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
    藍色 (12/11)
  • 坂口恭平『現実脱出論』
    佐藤 (04/22)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    mkamiya (03/18)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    ω (03/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    mkamiya (01/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    ゆーり・ぼいか (01/17)
  • 堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
    mkamiya (11/01)
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
東野圭吾『危険なビーナス』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

東野圭吾の最新作(2016年8月刊)『危険なビーナス』(講談社)は、かつてなく魅力的なヒロインが登場し、主人公のうぶな恋心を翻弄しながら、事件が、いくつもの謎がいつの間にか解決してしまうという類のない傑作である。男女二人がホームズとワトソンのように、協力しながら探偵役となるのだが、その二人の関係は禁断の関係の前段階にとめおかれる。湯川学や加賀恭一郎など主人公のクールさが定評であった東野圭吾としては異例なことだが、主人公の下心を隠さずに語り続けるために、読者がそわそわとした状態におかれ、作者は謎解きを早々に読者に悟られることなく物語を進めることに成功しているのである。

 

町の獣医として働く手島伯朗のもとに、父親ちがいの弟矢神明人の妻を名乗るという女性が現れる。アメリカで知り合って向こうで結婚したばかりの二人だが、肝心の明人が行方不明になってしまい、その行方を知る手がかりを得るために協力してほしいという依頼であった。

 

派手なファッションに肉感的なボディ、自分のことを「お義兄様」と呼ぶ知的でしたたかな梢のペースに巻き込まれ、いつしか惹かれてしまう伯朗。だが、疎遠だった矢神家の親戚とコンタクトをとるうちに祖父の遺産を明人が一人で相続することになっていることなど遺産相続の泥沼を知る。さらに、十数年前浴室で変死した伯朗の母親の死の真相や画家であった実の父親一清の作品をめぐる謎まで浮上し、迷路の中に二人は迷い込む。

 

同時に、矢神家の親類たちからはただ者でないと梢に対し警戒心を抱くものさえ出てくる。元CAだったという彼女の正体は?

 

キーワードとなるのは、映画『レインマン』でも出てきたサヴァン症候群、そしてフラクタル。

 

明人は一体どこに消えたのか?今も生きているのか?

そして、伯朗の道ならぬ恋心の行方は?

 

『危険なビーナス』には、凄惨な事件も現在進行形の形では登場せず、甘く危険なラブロマンの行方によって、巧みに事件の真相がカムフラージュされてしまう。むしろゆっくりと1ページ1ぺージを楽しむように読みたい東野圭吾新境地の傑作である。

 

関連ページ:

東野圭吾『人魚が眠る家』
東野圭吾『ラプラスの魔女』
東野圭吾『マスカレード・イブ』 
東野圭吾『祈りの幕が下りる時』
東野圭吾『夢幻花』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/640
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.