つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
堀江貴文『99%の会社はいらない』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略 ver.1.01

 

 

いつの間にか、世界第二の経済大国であった日本は、どんどんと落ち目になっていて、それは企業の業績や経営方針にも致命的な影響を与えている。堀江貴文『99%の会社はいらない』(ベスト新書)は、正確に言えば「99%の現在の日本の会社はいらない」ということになるだろう。どこの会社を選ぶかという問い自体が、すでに罰ゲームのような時代になっているのだ。

 

すべての会社が無意味というのではない。積極的にイノベーションを行い、社会そのものをどんどんと進歩させる会社なら、いくらあっても構わない。だが、日本の現在の会社の99%はイノベーションを潰し、みなが同じことをすることをよしとする宗教団体のような会社である。ただ内部留保ばかり増やして、社会に還元することも、貢献することもないこんな会社の余命はもはや長くない。

 

世の中がIT化が進み、SNSが発達普及するにつれて、会社でなければできないことが少なくなっている。

 

起業や上場がそれ自体勲章のようにもてはやされた時代もあったが、それも過去のものだ。

 

 起業というのは好きなことを仕事にするためのツールであり、その仕事を大きくするためのツールが上場だ。やりたくもないことで起業して、上場させるのがいいなんて僕はこれっぽっちも思っていない。p116

 

会社組織は無駄が多い。その一つは他人を雇うことによる不正のリスクである。大きな組織になればなるほど不正は発見されにくくなり、その結果経済的損失を受けるだけでなく、社会的に指弾を受け、責任をとることを余儀なくされたりする。また、一定の割合でヒューマンエラーが入り込む。とすればむしろAIを積極的に活用して、少数の人間で大きなことをできるように工夫した方がよいだろう。本を売るにしても、今一番頑張っているのは、著者本人であり、次に優秀な書店員である。わざわざ自社で営業を雇わなくても、勝手にやってくれる優秀な人に任せればよいのだ。堀江貴文イノベーション大学校(HIU)に至っては、お金を払っている会員が、この本の仕事までもやってくれるという。

 

どんどんAIに任せてゆける部分は任せてしまう。そうすれば速度も格段にアップする。本は一人で書かなくてもよいし、会議だっていちいち顔を合わさなくても、LINEやスカイプを使えば十分だ。なんと週刊プレイボーイ誌上のひろゆきとの対談連載「なんかヘンだよね…」だって、対面してやってるわけじゃなくて実は755を使ってやっているとびっくりポンな裏話まで公開する。

 

 ひろゆきくんは現在、日本ではなくフランスに住んでいて、それ以外にも世界中の地域を行ったり来たりしている。僕も世界各国を飛び回ることが多いし、対談連載の構成を担当している僕のメルマガ編集者も海外によく行っている。そんな状態で集まって対談をするなんてことは難しい。加えて、連載で扱う題材が時事ネタなのだから、それはもうほぼ不可能と言っても過言ではない。

 なので、この対談ではLINEのグループトークや、コミュニケーションアプリ『755』を利用しているのである。編集者がお題を投稿し、それに対して僕とひろゆきくんがテキストでトークをする。これであればヨーロッパ、東南アジア、アメリカと、日本にいない状態でも、日本の時事ネタを語り合うことができてしまう。もちろん時間にとらわれることもないので、時差も関係ない。p77

 

個人から始めて、最小のメンバーで、やりたいことを実現するにはどうすればいいか。必要なのは最適化、何よりも時間の最適化である。世の中で一番貴重なもの、それは何と言っても時間だからだ。

 

 目的のためのそのプロセスの中で、一番楽な、時間を使わない方法を選択する。これは僕が言っている「最適化・効率化」の話と同じである。p70

 

やりたくないものはツールを使ったり、他人を使ったりして、やりたいことに集中できるような仕組みを組み立てることだ。

 

たいていの著者の場合、同じ話題に関しては同じ回答を十年一日のごとく繰り返すものだが、堀江貴文の場合には、最新のテクノロジーと現在の業務のフィードバックにより、答えが絶えず改善され、進化している。1年前のものだって否定される場合もあるだろう。

 

この本の中で、特に改善、進化している部分は、とにかく説明が丁寧で、しつこいまでに背中を押す言葉を繰り返していることだ。メルマガ、著書、講演など実際の話の中で、多くのビジネスモデルやビジネスヒントを提示しても、それを実行に移す人はほんの一握りであることを、とりわけ堀江貴文イノベーション大学校を通じて、知ったからだ。

 

だから、ツイッターなら実行できない人に、「それあんたがやってないだけじゃん」とワンセンテンスで片付けるところでも、手順を踏んで読者が抵抗なしに動けるように言葉を尽くしている。

 

 もちろん、そういう気持ちはわからなくもない。僕だって、最初は同じように感じることはある。「この事業は面白そうだけど、とりかかるのは面倒くさそうだな……」と思うことだって山ほどある。でも、そうは思いつつも最終的にはとりあえずやっていることがほとんどだ。p122

 

こう言いながら、自分が億劫だったり面倒に思ったりしたが、でも最終的には参加してよかった例としてタイの水かけ祭り「ソンクラーン」、サバイバルゲーム、ゴルフを挙げたのちに、こう繰り返すのだ。

 

 動き出すというのは、最初は本当に大変だ。面倒くさいことも多い。だから動き出せない人の気持ちも理解できる。

 でも、そこは動き出すしかない。強い意志や気合い、勇気で一歩を踏み出すしかない。p123

 

『99%の会社はいらない』は、これまでの堀江貴文のどの本よりも実践向きに書かれている。かつてないほどのビジネスヒントや、仕事の最適化の方法のオンパレードは知ってはいたけど、そんな使い方をやる人がいたのかと思うことの連続だし、TEDにおけるイノベーターの話やNHKの朝ドラ「あさが来た」でもでてきたファーストペンギンの話など、いろいろなヒントをうまくまとめながら、最後の一行まで読者を行動へと導こうとする情熱がみなぎっている。

 

一人で何かを始めようとすれば、まず家族や友人・知人、会社の人など、ブレーキをかけてくる人が多い。特に楽しいことをそのまま仕事にしようという考えに関しては、9割方反対意見に出会うことだろう。そういった考えに負けずに、逆に打ち砕くための名言の数々も本書には数多く散りばめられている。

 

  行動するのは実は簡単である。バカになればいいのだ。

 

  僕はバカが悪いとは思わない。どんどんバカになって突拍子もない行動を起こす人が増えれば増えるほど、社会全体のイノベーションは活発化する。p207

 

行動するバカになるか、行動しない利口になるか。決めるのはあなたである。

 

関連ページ:

・堀江貴文責任編集『堀江貴文という生き方』
堀江貴文『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』
堀江貴文『あえて、レールから外れる。逆転の仕事論』

堀江貴文&テリヤキ編集部『ばかウマ』 
堀江貴文&瀬戸内寂聴『死ぬってどういうことですか?』
堀江貴文&岡田斗司夫『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』
堀江貴文『刑務所わず。』
堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
堀江貴文『堀江貴文の言葉』
堀江貴文『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』
堀江貴文『お金はいつも正しい』
堀江貴文『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』
堀江貴文『刑務所なう。シーズン2』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/630
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.