つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あだち充『MIX 9』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

あだち充『MIX』は、『タッチ』の明青学園高等部野球部の活躍を描く野球漫画。

 

明青学園野球部は、東東京大会準々決勝まで進出し一躍注目を集めるものの、エース立花投馬の4連投の疲れはたまる一方で、このまま準決勝で東秀高校と対戦しても、三年生のエース三田浩樹相手では、一年生の投馬に勝ち目はないと思われた。

 

明青に残された選択肢は三つ。

1)とりあえず準決勝進出を優先し、投馬を連投させる。この場合、明青が決勝に進出する確率はゼロと勢南の監督西村は予想する。

2)投馬を温存し、他のピッチャーの継投に賭ける。この場合、準々決勝で負けることも覚悟しなくてはならない。

3)キャッチャーの立花走一郎をピッチャーとして投げさせる。この場合、彼の好リードが期待できなくなる。

 

明青の監督大山吾郎が選んだのは?

 

他方、投馬に接近する大山の娘春香が気になる投馬の腹違いの妹音美。淡々とした表情ながら、観察の目をゆるめない。

だが、投馬は春夏の思い出話にも冷淡で、春夏を怒らせる。

 

さらに、健丈高校野球部の赤井智仁が三田の妹亜里沙と会っていたその理由とは?

 

『MIX』は、なかなか『H2』のような四角関係にも『みゆき』のような妹を含む三角関係にもなりきらずラブコメとしてのテンションが上がりきらないのがもどかしい。

 

準々決勝で明青の前に立ちはだかる海旺西高校は投打のバランスの取れた強豪。果たして東秀高校と準決勝で対決することができるだろうか?

 

関連ページ:

あだち充『MIX 8』
あだち充『MIX 7』
あだち充『MIX 6』
あだち充『MIX 5』

あだち充『MIX 4』
あだち充『MIX 3』
 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/618
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.