つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
桜木紫乃『ホテルローヤル』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略



桜木紫乃『ホテルローヤル』
(集英社)は、2013年の第149回直木賞受賞作である。毎年2人から4人の直木賞受賞作が出るが、ほとんど作品は記憶に残ることなく、水面に浮かぶあぶくのように浮かんでは消えてゆく。その中で、『ホテルローヤル』は一際異彩を放つ傑作である。

どこが新しいのか?作品の主人公がホテルローヤルという建物である点だ。

もちろん、漱石の『吾輩は猫である』のように、一人称でホテルが語り出すというのではない。

『ホテルローヤル』は、「シャッターチャンス」「本日開店」「エッチ屋」、「バブルバス」、「せんせえ」「星を見ていた」「ギフト」という七つの物語からなっているが、それぞれに違った時間のホテルをー誕生から、店じまい、廃墟になるまでー違った視点から語っているのである。つまりそのホテルをつくった人、それを受け継いだ人、働く人、それを利用する人といった人々の視点を借りて、間接的にホテルの一生が語られるのである。

「ホテルローヤル」といってどんなホテルを思い浮かべるだろうか?

ここに登場するのは、夜になると赤いネオンサインも鮮やかな、昭和臭のするラブホテルなのである。それだけに、そこには色濃く人々の、とりわけカップルの愛憎が渦巻く空間である。そして、その背後にそれぞれの人の、赤裸々な人生模様が浮かび上がる。

『ホテルローヤル』は、精密に組み立てられたジグソーパズルのようなものだ。同じ出来事の記憶が、異なる人の視点から、違った言葉で語られる。別々の物語の中の断章と断章の遠近法の中で、決して辿り着くことのできない場所の歴史の全体が、イリュージョンのように、浮かび上がるしかけなのである。

やがてホテルは、消え去り、後に残る無常観。

私たちの家、学校、病院、商業施設、役所、駅…すべて人が作り、生活する場所は、このような無常の歴史を持っているはずである。『ホテルローヤル』に描かれたのは一つの例にすぎないが、それは一例を超えて、多くの人生を、そして似たり寄ったり運命をたどる多くの場所を表現した傑作なのである。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/550
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.