つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
米澤穂信『王とサーカス』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略


『王とサーカス』(東京創元社)は、ネパールを舞台とした米澤穂信の長編ミステリである。

読み出して圧倒されるのは、まずカトマンズの街の濃厚な描写であり、登場人物の緻密な造形である。まるで現地に取材したノンフィクションを読むかのように、現地の空気感までが伝わり、いつしか自分が一人の旅人としてカトマンズの街を旅している、そんな臨場感さえ覚えてしまう。

ひとは、自分がふだん日常生活の中で捉えている以上のディテールに満ちた情報量を与えられると、人であれ、場所であれ、それを現実と錯覚してしまうものである。しかし、そうした文章技術の巧みさに気をとられていると、すでに進行しつつある事件の姿を見失ってしまう。『王とサーカス』においては、すべての文章のパーツが、ジグソーパズルのように、隅々まで合致するように、物語は進んでゆくのである。

2001年に新聞社を辞め、フリーランスの記者となった太刀洗万智は、海外旅行の取材のため、ネパールの首都カトマンズに滞在していた。彼女が滞在していたのは、チャメリという女性が経営するトーキョーロッジという小さなホテル、アメリカ人の青年ロブ、日本人の僧侶ヤツダ、インド人のシュクマルといった面々が滞在していた。万智は、現地の少年サガルを手足のごとく使いながら、土地の知識を深めてゆこうとする。そんな矢先、世界を揺るがす事件が起こった。国王夫婦が、実の息子である王子により殺害されるという事件である。千載一遇のチャンスとばかり、混乱する現地での取材を続けることになった万智だが、そのさなかさらなる殺人事件が起こる。それは、王室の事件と関係があるのか、ないのか?取材する彼女にも危険が及ぶのではないか?警察にまで連行された果てに彼女がたどりついた驚愕の真実とは?

太刀洗万智は、警察や探偵ではない。ただ取材対象の真実を求めたいという真摯な思いを突き詰めてゆくといつの間にか事件を追いかけ、真実を明らかにしてしまうという因果な性分である。そしてジャーナリストの場合、その報じる「真実」は時に人々を傷つけてしまう。いかなる大義を持って、どのような姿勢で、何のために報道するのか?そんな根本的な問いに、事件を探求する中で、突き当たらずにはいられないのが、太刀洗万智なのだ。そして、カトマンズでのこの事件の取材は以後彼女のジャーナリスト活動の原点となる。

濃密な場所の描写、個性的で生き生きとした人物造形、主人公の言動を貫く倫理性、歴史的な事件の現場を借景として再現しながら巧みに仕組まれたプロット、そして最後の最後まで飽きさせない徹底した謎解きーーー『王とサーカス』は『このミステリーがすごい!』『週刊文春』『ミステリが読みたい!』の三誌で2015年のNO。1に輝いた最高評価の作品だが、同時に米澤穂信の最高傑作と呼ぶにふさわしい長編ミステリである。

関連ページ:
米澤穂信『真実の10メートル手前』
米澤穂信『満願』

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/548
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.