つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 万城目学『悟浄出立』
    石山智男 (02/14)
  • 伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
    藍色 (09/23)
  • 森山高至『非常識な建築業界 「どや」建築という病』
    森山 (03/05)
  • 伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
    藍色 (12/11)
  • 坂口恭平『現実脱出論』
    佐藤 (04/22)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    mkamiya (03/18)
  • 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    ω (03/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    mkamiya (01/18)
  • 板垣恵介・宮谷拳豪『バキ外伝 拳刃 1』
    ゆーり・ぼいか (01/17)
  • 堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
    mkamiya (11/01)
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
飲茶『14歳からの哲学入門』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略



私たちが生きている世界そのものへの問いかけや、既成概念、つまり先行する世代の考えの否定ということに関して言えば、哲学とは中二病のようなものである。いや、むしろ誰もが14歳のころに持つ疑問や問いかけを放棄することなく、粘り強く飽きることなく考え続けた者のみが哲学者として大成したのである。飲茶『十四歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト(二見書房)は、まさにそのような視点から書かれた哲学の入門書である。

 本書は、いわゆる十四歳本のひとつであるが、「十四歳のあなたたちがこれから生きていくために有用な哲学を教えますよ」という本ではない。また、「十四歳向けという名目で難解な哲学を子供でもわかるレベルまで噛み砕いて書きました、どうぞ十四歳以上の方も安心して読んでください、ていうか何歳だろうと買え」という本でもない。本書が伝えたいことは、すべての哲学は、十四歳レベルの発想、誤解を恐れずに言えば、「極端で幼稚な発想」からできているということ。どんな哲学も難解そうに見えて、その「難解な部分(あらゆるツッコミを想定して専門家向けに厳密に書かれた部分)」を取っ払ってしまえば、根底にあるのはこの程度のものにすぎないということだ。p8

そのために、本書は限りなく平易な言葉を選びながらも、専門家向けの毒にも薬にもならないような語句の注釈でページを無駄に費やすことなく、ただ様々な哲学者の中心概念のみにダイレクトにアプローチすることのみを目ざしている。ニーチェやカントに関して、他の多くの哲学の解説を読んで、意味がさっぱりわからなかった人もこの本を読めば、長年の疑問が氷解するかもしれない、それほどまでに自分の頭で得心のゆくまで考え抜かれた本であるのだ。

手始めに著者が取り上げるのは、「神は死んだ」と高らかに宣言したニーチェである。今日でもコンビニ店員のニックネームにさえ用いられるニーチェの哲学の本質とはどのようなものだろうか。

一言で言えば、それはニヒリズムの克服である。ニヒリズムとは、それまで宗教や社会が信じさせようとしてきた価値、神だの正義だのを否定する中で、自分や人生を含めてすべてを冷めた目に見る態度のことである。

目的もなく。ただ平穏無事に寿命が尽きるのを待つ人間、「末人」それを克服するために考えられたのが、「永劫回帰」という考え方である。

ニーチェは、あれこれのニヒリズムをひとつずつ潰すのではなく、ニヒリズムの中でも最悪のものを考え、それの克服を目指せばよいと考えた。

山頂まで岩を持ち上げては、落とされ、また持ち上げることのような繰り返しが人生の中で永遠に続く、これこそが永劫回帰の考え方である。

(…) ではそんな永劫回帰の無意味な世界を乗り越えるにはどうすればよいのだろうか。ニーチェはこう主張する。

「永劫回帰する運命を積極的に受け入れ、もう一度味わいたいと願えるような『今』を見出しなさい」
p34

あっという間に偉大な哲学者の考えの本質がズバリ抉り出されるのである。

ニーチェを皮切りに、しかし、いったん歴史の針を十七世紀まで戻し、本書では「我思う、ゆえに我あり」と考えたデカルト、人間の本性を「経験する機械」と考えたヒューム、その経験論の批判の中から時間や空間といった生得概念や「モノ自体」という概念を考え出したカント、真理とは全体であると精神による弁証法の運動の中にその実現を認めようとしたヘーゲル、絶望を「死に至る病」と呼びそれを乗り越える可能性を神の中に認めようとしたキルケゴール、「実存は本質に先立つ」という命題によって実存主義の基本的な考え方を定式化したサルトル、「世界に隠された構造」を明るみにすることで実存主義を否定したレヴィ=ストロース、「言語ゲーム」の名のもとすべての哲学を相対化したウィトゲンシュタイン、脱構築によって意味の一義性を批判したデリダ、そして記号消費社会の分析を通じ、哲学そのものを終わらせてしまったボードリヤールと、合理主義の系譜から、実存主義、構造主義を経て、ポスト構造主義に至るまで、近代以降の哲学の歴史をたどることになるのである。

哲学の主張は、時代によって移り変わり、必ずと言ってよいほど、前の哲学の部分または全体を否定する形で現れる。例えば、哲学を真理の探究という言葉でまとめようとしても、今度は真理そのものが、デリダなどポスト構造主義の考え方では、哲学そのものによって否定されてしまう。したがって、ポスト構造主義の時代、ポストモダンの時代である現在においては、哲学の定義も次のように変える必要があるだろう。

「哲学とは、『価値』について考えることである。今までにない新しい『価値』を生み出したり、既存の『価値』の正体を解き明かしたりすることである」
p40

この考え方は、哲学とは新しい概念を生み出すことと主張したドゥルーズの考えと極めて似ている。自らの口で、哲学を構成する概念を語ると言うよりも、過去の哲学者の足跡をたどり直す中で、価値や概念を再発見しようとする点においても、きわめて似ている、というよりも先人たちの多元的なものの見方を自分の中にインストールしながらしか、私たちの時代には次を考えることができないのである。

本書を読むことで誰もが、近代以降の大な哲学の流れを考え、その行き着くところを見届けることができる、そして「第六章 これからの哲学」ではさらにその先に来るものまで、著者は読者に考えようとさせる。そこに来るのは一体何だろうか?

『14歳からの哲学入門』は、あらゆる哲学の入門書に先立って読まれるべき良書である。その中でのみ、鮮やかに見えてくる哲学者たちの個性的な顔があり、誤解を解きほぐされ、リアルかつ明晰に浮かび上がってくるさまざまな概念が存在するのである。

関連ページ:
飲茶『地上最強の哲学入門』
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/505
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.