つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
堤未果『沈みゆく大国 アメリカ <逃げ切れ!日本の医療>』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略  ver.1.01
「金を積んでも買えないものとは何ですか?」
「人々の、民衆の心の中ですよ。小手先のお金と捏造された情報でつぶしてもつぶしても、そのたびに私たちの怒りは大きくなって、広がってゆく。住民運動とは、オセロゲームのように、国民の意識を白から黒へとひっくり返してゆくものなのです。私たちの最大の弱点は無知だったこと。でも一度知識を得たら、目に映る世界はそこから大きく変わるんです。(…)」

p157




堤未果『沈みゆく大国 アメリカ <逃げ切れ!日本の医療>』(集英社新書)は、同じく集英社新書から出版された『沈みゆく大国 アメリカ』の続編である。前作では、オバマケアに代表されるアメリカの医療制度の変質によって、それまで中流層としての生活を享受していた多くのアメリカ人が貧困に苦しむに至ったかを中心に描いていた。そして本書では舞台は日本に移ることとなる。アメリカの強欲資本主義の次のターゲットは、日本である。いかにして、現在私たちが享受している国民健康保険制度を、骨抜きにして、混合医療を中心とした医療保険を押し付けようとしているか、その手口が明かされる。

堤未果の本はスティーブン・キングのホラー小説よりも恐ろしい。なぜなら、それは現実の象徴としての恐怖ではなく、現実そのものの恐怖を描くからである。アメリカ社会に訪れた変化は、そこで長期間生活したり、旅行者として病気となり医療を受け、法外な治療費を払うことにならない限り、対岸の火事として見ることができたが、魔の手が日本の医療に及ぶとなるともはや悠然たる態度をとっていられなくなる。1985年のMOSS協議に始まるその流れは、この30年間、議会を有名無実化する経済財政諮問会議や、TPPや国家戦略特区諮問会議に至るまで、日本のさまざまな分野にはたらきかけ、法律や制度の変更を行ってきた。

  戦略特区が全国に広がり、日本全体で外資系企業がしっかり稼げるよう十分に規制が取り払われたところで、TPPを締結させる。そうすれば、一度広げた規制は元に戻せないという<ラチェット条項>が、総仕上げとして規制緩和を永久に固定化してくれるという寸法だ。
  アメリカの財界にとって何よりも都合がいいことは、TPPと国家戦略特区が双子の兄弟だということに、日本国民がまったく気づいていないことだった。
pp75-76

しかし、私たちはただ脅えているわけにはゆかない。無知な人々をほど扱いやすい者はないからだ。多くの政治家や官僚にしても、自分や懇意の業界の利益を図っているつもりでも、より致命的なかたちで自分や家族の身体レベルでのリスクを高める努力を行っているのである。やがて時間がたてば、その努力も割が合わないことに彼らも気づくかもしれない。しかし、そのころには手遅れとなっていることだろう。手遅れになる前に、国民全体が医療や健康保険制度に関するしっかりとした知識を身につけてしまえば未然に阻止することも可能である。このような願いで本書は書かれている。

本書はアメリカ社会に関しても絶望的な例のみを挙げているわけではない。製薬業界と保険業界が結託し、アメリカ政府を取り込んだ医療の変質に対する対抗例として、保健医療を拒絶し直接支払い診療を採用した医療の現場、キリスト教における助け合いの医療制度としての教会共済や、州における住民投票の三つの例を取り上げている。これらの可能性は、アメリカの人々に残された希望の例である。そして、同様に、日本における希望の萌芽もまた取り上げられる。

私たちは、より賢明になる必要がある。政府は医療の予算を流すために、好都合な数字を、捻じ曲げながら流す。意図的にフレームアップされた医師悪玉説はその最たるものであろう。歪曲されたデータに反して、医師の数は不足し、過酷な労働状況に置かれるのが現状である。病院をコンビニ的に利用し、単なるクレーマーとなることは、医療現場をブラック化させるだけである。

本書は、医療のみならず、さまざまなかたちで私たちの生活をおおむね悪い方向へと変えようとしている法律や制度の下の利害関係を明らかにする。狙われているのは、日本の健康保険制度であり、私たちの老後資金である。それを守るための基本知識を身につける上で、本書は全国民的必読書と言えるだろう。


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/473
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.