つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
堀江貴文『あえて、レールから外れる。逆転の仕事論』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本


 
堀江貴文氏の『あえて、レールから外れる。逆転の仕事論』(双葉社)は、何もないところに仕事を作って、自らのポジションを築き上げた8人のイノベータ―たちの成功に至るまでのプロセスを本人が語り、さらにそれを堀江氏が解説するというかたちをとっている。

選ばれた8人のキャリアも、活躍するフィールドもまるで異なる。それぞれの人の仕事術、生き方が独自のプログラムとなっていて、堀江氏はそれぞれのエッセンスを抽出し、チャート式にまとめている。

8人の顔ぶれと章題は次の通りだ。竹田双雲氏やHIKAKIN氏はシンプルだが、他は何をやっている人かつかみどころがなく、以下の肩書も数多くある中からもっともらしものを並べた暫定的なものにすぎない。
 竹田双雲(書道家)
1/8「いまこの瞬間だけに意識を集中し、幸福を引き寄せる」
 佐渡島庸平クリエイターのエージェント会社・コルク代表
2/8「会社から出て初めて見える世界がある」
増田セバスチャン(アートディレクター・アーチスト)
3/8「オリジナルな世界を創り上げる」
田村淳(お笑い芸人・MC)
4/8「ルールのキワッキワにしか面白さはない」
HIKAKIN (ユーチューバー)
5/8「より早く、より柔軟に、より愚直に」
小田吉男(起業家・プロデューサー)
6/8「楽しさをひたすら追求する」
小橋賢児(俳優・映画監督)
7/8「自分が違和感を感じる世界から飛び出す」
 岡田斗司夫(作家・FreeEX元代表)
8/8「自らの生き方そのものでリスクを負い、常識や道徳を書き換える」

8人の共通する特徴を、超訳的にまとめると次のようになるだろう。
1)ブルーオーシャン戦術
誰もやりそうもないことを、誰も想像しないニッチな分野で開始する。
2)微分的
大きな仕事をイメージしてそれとの落差を埋める積分的なやり方ではなく、目の前のニーズや直観に忠実であり続けながら、永続的に試行錯誤の中で改良してゆく。
3)ミニマリズム
もう大きな組織はいらない。いつでも立ち上げたり、たたんだりすることが可能な一人、もしくは数人の、最小限のスタッフで始めること。
4)ノマディズム
活動の拠点にこだわらない。しかし、必ずしも仕事の場所を移動させる必要はない。やることが日々変化する中で、フィールドもボーダーレスに移動し、生成変化してゆく。
5)多元主義
一つのことだけに集中するのではなく、複数の仕事を同時に並行して進めてゆく。但し、孤立させたままではなく、間につながりを見つけ、シナジー効果をつくり出しながら、次の仕事に結びつける。

かつてこのようなやり方は日本社会では異端だったかもしれないが、今日の日本での社会ではむしろ必須のサバイバルスキルに変わりつつある。

機械化とグローバル化の波によって、すでにある仕事を引き受けることのリスクがどんどん大きくなっているからだ。二つの大きなリスクがある。
1)過当競争によりいい値でたたかれるリスク
かつてモノ的な商品のみが海外の安い製品に対抗する必要があったが、今日では労働者そのものが海外と競合する商品となりつつある。
2)いつまでもその職場、その仕事があるかわからないリスク
機械によって可能な仕事は、機械化のコストが人件費を下回った時点で、置き換えられる運命にある。

そんな時代においては、他人から与えられた仕事を引き受けるのではなく、自分で仕事を作り出す方が、変化に対応しながら、長く、そして自由に生き延びることが可能だろう。

しかし、『逆転の仕事論』は、形式主義的なポジティズムの本ではない。みなそれぞれに、変人扱いされ、ひきこもったり、文無しになったりなどタイプの違った試練の時期を潜り抜けている。ないところから始めるのだから、それも覚悟の上だ。ただ、それを苦労と感じないメンタリティーが彼らにはあったのである。

それぞれの人生の冒険は本文に任せるとして、二、三人の印象的なフレーズを拾ってみよう。

竹田双雲氏:
 世間の一般的な価値観では、何かに向かって山を登り頂上まで行った人が成功者だと、とらえられています。でも僕自身は、山を一切登らない。走らないし競争もない。
 その瞬間、瞬間に生き切ることに集中しています。すると何もかもが、うまくいく。

p22

没頭して他のことが目に入らなくなるその集中力こそ竹田氏の強みであり、自分と共通した部分でもあると堀江氏は分析する。

佐渡島庸平氏:

 絶対に失敗しない、成功間違いなしの道なんてどこにもありません。リスクを減らすより、取ってもいいリスクを探していった方がジャッジは早い。僕はシンプルに、自分が納得のできる失敗の方向を選んでいるだけです。
 成功のイメージを探すというよりも、納得できる失敗の可能性をいっぱい試してみるうちに、細い成功のイメージが湧き出すという感覚でビジネスを進めています。
p62

『ドラゴン桜』のころから佐渡島氏の才能に注目していた堀江氏は彼に独立を勧めていたが、今ふり返るととんでもないモンスターを世に放ったと驚きを隠さない。そして、「灘校→東大という秀才が固定観念を持たずにスピーディに行動しているというのは考えてみれば凄い事ではないだろうか」と締めている。

増田セバスチャン氏:
 ファッションやエンターテインメントの世界は、華々しく、きらびやかに見えます。でも僕自身は、その中の花ではない。雑草です。雑草として必死にやってきたら、誰も発見しなかった、新種の花を咲かせたみたいな感じ。
 もともと花をつけようとも思ってなかったし、見る人によっては雑草のままかもしれませんが、自分のオリジナルの根っこから、ここまで育て上げたという自負はあります。
p103

日本の学校教育への不適応や引きこもりに、堀江氏は自分との共通点を見い出す。増田氏の場合には、脱出の糸口が寺山修司の『書を捨てよ、街へ出よう』だったわけだ。

さらに田村淳氏、HIKAKIN氏、小田吉男氏、小橋賢児氏、岡田斗司夫氏と失敗と成功の、豊かなサンプリング、ヒント満載の刺激的なフレーズのパレードが続いてゆく。特に最近スキャンダルに巻き込まれた岡田氏の自己総括は必読の内容だ。

「愚か者は月ではなく月をさす指を見る」とは、ブルース・リーの『燃えよ、ドラゴン』の冒頭でも用いられた中国のことわざだが、成功についても同様で、他人のやり方をそのまま真似てもうまくゆかないことが多い。他人は他人であり、自分とは異なった能力や感性・考え方、経験の持ち主であるからだ。しかし、月をさす指が8本もあれば、指に着することなくその先にある本質的なものが見えてくるのではなかろうか。

『逆転の仕事論』が教えるのは、自分というリソースを掘り下げ、自分の置かれた時代や場所の特性に合わせて努力をカスタマイズする技術である。まず、自分の立つ位置を見つけ、そこから試行錯誤の中で、正解へと至る道に次第に近づいてゆく。それは、釣りのターゲットを定め、場所や餌、道具や釣り方を変えながらより大きく、より多くの魚をゲットする方法を発見するプロセスに似ている。もちろん、最後に勝利するのは、そのプロセスを努力とも思わず、他のこと忘れ没頭し、楽しめる人たちなのである。

関連ページ:
堀江貴文&テリヤキ編集部『ばかウマ』 
堀江貴文×瀬戸内寂聴『死ぬってどういうことですか?』
堀江貴文×岡田斗司夫『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』
堀江貴文『刑務所わず。』
堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』
堀江貴文『堀江貴文の言葉』
堀江貴文『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』
堀江貴文『お金はいつも正しい』
堀江貴文『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』
堀江貴文『刑務所なう。シーズン2』
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/457
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.