つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
北条司『エンジェル・ハート 2nd シーズン 10』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本   文中敬称略



『シティーハンター』のころより、冴羽の日常は変わらない。新宿駅東口の伝言板に書かれた依頼主の名前が男だったりすると、足早に立ち去り引き受けようとしない。それを何とか引き受けさせようとする香瑩の努力もむなしく、雲隠れする獠。「香織媽媽にだって無理だった事私にできるわけないじゃない!」と嘆く香瑩。

ちがいはと言えば、ミキという女性である。『シティーハンター』に登場するミキ(美樹)は元傭兵でファルコンこと伊集院隼人のパートナーであった成人女性のはずなのだが、『エンジェル・ハート』では王家の血をひく、元ストリートチルドレンの幼い少女ということになっている。この違いは、他の設定がほとんど同じである『エンジェルハート』が、『シティーハンター』の続編ではなく、あくまでパラレルワールドであることを示し、読者の中で『シティーハンター』の世界を無傷のままに、つまり槇村香織が今もなお生きている世界がありうる可能性を残している重要な設定である。

『エンジェル・ハート』のミキは、絵本を読むのが得意で、人の心を癒す不思議な力を持つ。そしてこの『エンジェル・ハート 2ndシーズン 10』では、新たなミキの力が明らかになる。名づけて、ミキビジョン。それは相手の身体的な顔ではなく、心の顔を、その人の感情を見ることができるというものだった。

ファルコンがマスターをつとめる喫茶店、CAT'S EYEに足しげく通う女子高生あかり。住み込みで働く劉信弘も気づかないその女性のあやしい正体にミキは気づいてしまう。ミキにとって、顔がないのっぺらぼうに見えるその女性こそは、あのカメレオンであったのだ。

老若男女自在に変身することのできる殺し屋カメレオンには、なぜ顔がないのか。獠は、カメレオンは空っぽ、感情がないと推理するのだったが…

『2nd シーズン 10』
の本編は、猪口耕作と名乗る老人の依頼を、
香瑩が代わりに引き受けることより始まる。どうやら生き別れになった恋人探しのようであるが、この老人、記憶が曖昧で認知症をわずらっているらしい。徘徊老人の依頼にどう応えることができるのか。そして、何かとこの事件に嘴をはさもうとするカメレオンの真意は?

そんなわけで、この10巻では、坂口恭平『徘徊タクシー』のようなサイコドラマの世界へと入ってゆく。ミキの目に映った猪口耕作の顔は?香瑩は彼の依頼を解決することができるのか?
            *                *
ミキの眼に映ったカメレオンの顔がのっぺらぼうであることで、謎に満ちたカメレオンの過去を解く手がかりが与えられたことになる。もしも、カメレオンが善の仮面をまとった悪の権化であるなら、その顔は悪意に満ちたおぞましい姿となって現れたはずである。だが、そのような悪人の顔さえないのっぺらぼうは、本来の善と悪との間で選びきることができないことを意味しているのではないだろうか。その原因となったのは、何らかの悲劇や裏切りによるトラウマではないだろうか。本巻の結末におけるカメレオンの態度は、信頼への裏切りからトラウマが来ていることを暗示するものではないだろうか。

決して人を信じてはいけない―その心の下には人を信じたいという遠い過去の反響のような気持ちが潜んでいるように思われるのである。

関連ページ:
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 9』 
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 8』
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 7』


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/436
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.