つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略



『遊動論 柳田国男と山人』(文春新書)は、日本を代表する思想家の一人であり、文芸批評家でもある柄谷行人の画期的な柳田国男論である。

本書は、従来の「柳田国男は、山人をめぐる研究に向かったものの、その後放棄し農耕を営む「常民」を対象とした「一国民俗学」へと向かったといった柳田理解を否定するものである。著者によれば、柳田において、山人の思考は放棄されたわけではなく、それは遊動性の思考として、その後の思想の中に受け継がれ、「固有信仰」の根拠となるものであった。遊動性を原理とする共同体の中に、柳田は自治的な互助システムを備えた一種のユートピアを描き、国家と拮抗する原理を見い出そうとしたということになる。

柳田における遊動民を考える上で、二つの遊動民を区別することが必須である。一つは、遊牧民、もう一つは狩猟採集民。前者は、国家に対抗する原理となるどころか、むしろ国家形成の原理となりうるし、それは現在も変わらない。重要なのは、後者の狩猟採集民であり、農村の定住民とは両義的な関係を結ぶ存在である。こうした人々は「山民」と呼ばれ、先住民族である「山人」と区別される。農耕伝来以前の山人を考えることは、歴史学としての民俗学にとっては不可能な研究であり、柳田が直面したのもこの壁である。室町以前の先住民族の真の姿を知ることは実質不可能なのである。
 
 先住民は追われて山人となった。その後に山地に移住してきた人々がいる。彼らは山民である。彼らは狩猟採集をするとはいえ、すでに農業技術をもっていた。柳田の考えでは、彼らはいわば、武士=農民であった。彼らは平地に水田耕作とそれを統治する国家ができたあとに、それから逃れた者であり、平地世界と対抗すると同時に交易していた。東国や西国の武士も起源においてこのような山民であったといえる。その中で、武士が平地ないし中央に去ったあとに残ったのが、現在の山民である。
 したがって、山民は平地人と対立しながらも、相互に依存する関係にある。一方、純粋に狩猟採集民であった山人は、このような山民とは異なるはずである。しかし、実際に山人を見出すことはできない。ただ、山民のあり方からそれを窺い知ることができるだけである。
p71

柳田の目は、1920年代より沖縄へと向かうが、これも山人の思考を放棄したわけではない。黄泉の国、根の国の概念が、文字の誤解から来る地下のイメージではなく、海の彼方へと変わった例の研究を通じ、あらゆる地域で同一の結果になるような普遍的な民俗学の確立を目指してのことであった。

 彼の民俗学=史学においては、民間伝承が南北ないしは東西の両端で一致するということが肝要であったからである。p26

柄谷このアプローチは、二つの議論を視野に入れた、政治思想的なものである。一つは網野善彦による遊動民の存在を天皇制国家に対置しようとした試み。もう一つは昨今のノマドブームである。

網野の遊動民の特権的な扱いに関し、著者はこう批判している。

 網野は定住農民に対して、「非農業民」すなわち芸能的漂泊民を評価した。そこに、天皇制国家を越える鍵を見ようとしたのである。それは、天皇を常民=稲作農耕民の儀礼から根拠づけた柳田を批判するはずであった。しかし、このようなタイプの遊動民は、定住性とそれに伴う従属性を拒否するが、同時に、国家と直結するものでもあることに注意しなければならない。それは、遊牧民が定住農民社会を斥けながら、定住農民を支配する国家を形成するのと似ている。p40

ドゥルーズ=ガタリが『千のプラトー』でノマドロジーを唱えた1980年代には、冷戦構造からすり抜ける原理たりえたノマドも、1990年代には新自由主義のイデオロギーと一体化してしまい、もはやグローバル資本主義そのものの流れと変わってしまった。したがって、もはや遊牧民=ノマドを、自由と解放の原理として用いることはできない。ここでも、柄谷は二つの遊動民の区別を重視するのである。

 しかし、資本=ネーション=国家を越える手がかりは、やはり、遊動性にある。ただし、それは遊牧民的な遊動性ではなく、狩猟採集民的な遊動性である。定住以後に生じた遊動性、つまり遊牧民、山地人あるいは漂泊民の遊動性は、定住以前にあった遊動性を真に回復するものではない。かえって、それは国家と資本の支配を拡張するものである。p192

柄谷行人は、本書の柳田国男研究を契機として、現代社会に対する批判的原理の所在を発見したが、その詳細はまだ十分に論じつくされてはるわけではない。それは交換様式A(互酬)、交換様式B(再配分)、交換様式C(商品交換)につぐ、来るべき交換様式Dの内容がXのままに残されていることからもうかがわれる。

『遊動論』は柄谷行人の現時点での思想的到達点を示すものであるが、まだ最終的な解答とは言いがたい。今後の発展的な論考に注目、期待したいところである。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkamiya.jugem.jp/trackback/390
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.