つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
三部けい『僕だけがいない街 4』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 
             Kindle版

三部けい『僕だけがいない街』
は、「再上映(リバイバル)」という特殊な能力を持つ漫画家志望の青年が、18年前の小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件の謎を、その力で過去に遡りながら解き、未来を変えるというサスペンスファンタジーです。

第3巻では、主人公である藤沼悟が、誘拐犯人の罠におちて、母親殺しの汚名を着せられ、逮捕されてしまうというところで終わっていました。

歴史は変わったけれども、まだ十分ではなく、クラスメートの雛月加代は、以前と同じように殺されてしまう。真犯人はまんまと逃げのび、代わりにユウキさんという青年が逮捕されてしまう。その流れを変えないことには、18年後の未来において、母親は殺され、自分がその犯人にされてしまうのです。

再び、再上映(リバイバル)によって、1988年、小学5年生の時代へと戻る悟。彼がまずやろうとするのは、雛月を母親の虐待より守りきることでした。

姿形は、小学生でも、その考え方は二十台後半の大人です。そんな悟の変化に気づいたのが、親友のケンヤです。彼は、悟に対して、お前は何者だ?と問いかけるのでした。

このままでは雛月が殺されてしまう。自分は正義の味方になりたい人だと言って、悟はケンヤを味方につけます。しかし、悟の行動は、ケンヤにも危うく見えて、その破滅なやり方を食い止めようとします。

小学生である自分たちの手に余るのを感じた二人は、大人たちを、警察や児童相談所を動かすしかないと判断し、ある計画を実行に移すことを決心します。

それは、何と雛月加代を**すること!

彼らのもくろみは果たして成功するのでしょうか。その間にも、次々に犯行を繰り返すであろう犯人の魔の手は彼らの周辺に迫ります。

『僕だけがいない街』は、奇数巻が青年時代中心、偶数巻が少年時代中心となっていました。この4巻は終始1988年の少年時代にとどまり続けます。しかし、まだ多くの謎が残っています。そのまま、18年後へ戻ったところで何の変化もないことでしょう。

4巻の冒頭で、これが最後の再上映(リバイバル)だ。失敗したらもうやり直しはきかないと悟は自分に言い聞かせます。つまり、次には真犯人との対決があり、謎の核心が解き明かされるであろうということです。いよいよクライマックスに近づく『僕だけがいない街』、ますます目が離せませんね。

必読!大御所小池一夫氏の『僕だけがいない街』レビュー(マンガHONZ)

関連ページ:
三部けい『僕だけがいない街 3』
三部けい『僕だけがいない街 2』
三部けい『僕だけがいない街 1』

書評 | 01:03 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.