つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あだち充『MIX 5』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略 ver.1.01




東秀学園と明青学園の練習試合。勝敗はさておき、東秀のエース三田、そして明青で7回を投げ抜いた投馬ともに、相手チームに強烈な印象を残すピッチングで最後まで投げきった。
 
あだち充のコミックは淡々としたペースで展開し、進展が遅い。『MIX 5』でも、基本的には『MIX 3』のレビューで予想した通りの展開にとどまっている。
 
そこに、大山春夏が、ご近所として加わる。走一郎の恋人相手としては、大山春夏しかない。だが、大山春夏にとっては、投馬と走一郎が対等の存在として現れる。たぶん、投馬の方を気に入った方が、ストーリー的には盛り上がる。音美はやきもきし、走一郎は平常心でいられなくなり、緊張感が加わるからだ。

しかし、小さな変化をあちこちで忍び込ませて、それが布石となって効いてくる。第5巻の布石は何だろうか。実は、1ーA−Oという差出人からの投馬への手紙の中にすべてはこめられている。
 
来週、中間テストが終わったら
散歩に つきあって もらえませんか?

面倒くさかったら
けっこうです。

OKの場合は明朝「おはよう」と
声をかけますので
「おはよう」と―

NGの場合は
「アノクタラサンミャク
サンボダイ…」と
お返事くださいませ。

――P・S
この間からマスターに頼まれて
混み合う時間だけ
階下のラーメン店
「ドラゴン」でバイト
しております。

お近くに
お越しの際には
ぜひ!

チャーシュー一枚
サービスしまっせ♡

そうなのだ。大山春夏が投馬に出したこの手紙から始まる波紋が第5巻を支配する。その結果、走一郎は南郷四郎ともども『ドラゴン』に通いつめることになる。

投太は、春香の「お早う」に対して「アノクタラサンミャクサンボダイ」と答えて、この申し出を断ることができるだろうか。ちなみに、「アノクタラサンミャクサンボダイ」は『レインボーマン』の変身の呪文にもなった、般若心経の一節である。

さて二人が出かけた先では、『名探偵コナン』のように、次のような暗号めいたチラシに出会うことになる。
 
けほてんじけつ
ばてすやけてすみ

阿笠博士が少年探偵団に出す小学生レベルのクイズなので、ノーヒントでも解けない人はいないだろう。

そして、明らかになる衝撃の真実とは、どうやら三才のころ、投馬と春夏が幼ななじみであったらしいということである。その事実を知った音美は、総一郎は、そしては南郷は…

こんな西村(父)の台詞もある。
 
幼なじみ
……か。
いい響きだな。

(…)
伝統だな、
明青学園の
……

かくして、『タッチ』に限らず、『H2』『クロスゲーム』のあだち充野球コミックにつきものの鉄板の設定が発動され、中途からの新参者であったかに見えた大山春夏のメインキャラとしての地位が確立されることになるのである。

PS 幼なじみの細かいいきさつを知りたい人は、Wikipedia『MIX』の項の登場人物紹介を見るように。

関連ページ:
あだち充『MIX 4』
あだち充『MIX 3』
書評 | 16:08 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.