つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 8』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略



ファルコンが経営する喫茶店キャッツアイに身を寄せる劉信宏(リュウシンホン)が新宿の街で出会った中国人の少女は、幼いころ生き別れになった妹とうり二つであった。名前も同じの阿雅(アーヤ)であるらしい。

そのことを否定し逃げ去った少女を見つけようとする信宏。そして、裏で手を回し、身元をつきとめようとする冴羽獠

香瑩(シャンイン)とともに妹探しに奔走する信宏はやがて花園神社近くで若者たちに取り囲まれることになるが、到底敵ではなかった。少女とその仲間も魔の手に追われていたのだった。香瑩は少女にある頼み事をするが、複雑な表情をする少女。実は、彼女は信宏の知らない秘密を知っていたのだった。

北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 8』では、4話にわたって劉信宏の妹探しの話が続きます。久しぶりに冴羽獠の銃が火を噴く。最後に待っている結末は?

もう一つのエピソードは、母の携帯電話から正体不明の父親がファルコンではないかと疑う少女がキャッツアイに登場。母親の個人用の携帯に他に残された連絡先は、あと三件のみ。果たして本当の父親はどこにいるのか?

というわけで、2ndシーズンの8巻は家族探しがテーマになっています。ふだんは引き立て役で割を食う信宏ですが、今回は結構いい役回りで登場。再会したある人物に対して口にする言葉も決まってますね。

でも、もう俺は……ここの人間です

…ここに
俺の大切な家族がいるんです



関連ページ:北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 7』





書評 | 23:36 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.