つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
出口治明『仕事に効く教養としての「世界史」』
JUGEMテーマ:自分が読んだ本 Ver.1.02
 
  冒頭に述べたように、この本は、僕が半世紀の間に、見たり聴いたり読んだりして、自分で咀嚼して腹落ちしたことをいくつかとりまとめたものです。この本の準備のために読んだ本は一冊もありません。それが参考文献を特に明示しなかった理由です。
(出口治明『仕事に効く教養としての「世界史」』p333)


                             Kindle 版

ライフネット生命CEOの出口治明氏の『仕事に効く教養としての「世界史」』祥伝社)は、最近の日本人によって書かれた本としては最も優れた世界史の概説と言える一冊です。

出口治明氏と言えば、HONZでも優れた書評をほぼ毎週のように書かれています。わずかな行数の中に密度の高い情報を簡潔に表現されることで、非常に高い教養の持ち主であることはわかっていましたが、この本は単なる教養人のたしなみレベルのものではありません。

どのページをとってもわかりやすく書かれているだけでなく、ストレートに身体に入ってくるのです。抵抗感なく身体に入ってくるということは、単なる借り物の知識ではなく自家薬籠中のものとして咀嚼されているということです。この本に関しては、ここはAという本、ここはBという本という風に、ネタとなる本のコラージュであるという印象を全く与えないのです。

それは、出口氏が「歴史」というものに対し、はっきりとした批判的態度を確立しているからです。まずはその紹介から始めましょう。

出口治明の歴史観

「はじめに」の中で、出口氏は歴史そのものに関しては一つしかないという考え方を提示しています。
 
 一部の人は、よく民族の数だけ歴史があると言ったりしますが、その考え方は間違っています。歴史の正しい姿はやはり一つなので、丁寧に文献を読み、いろいろな自然科学の手法を駆使することによって、たとえば土器や花粉や地層を調べたりして、いろいろなことがわかってきて、より正しい姿に近づくことができる。それが歴史なのだという気がします。p6

もちろん、実際に書かれた歴史の記述は多種多様です。しかし、それらが書かれる時の脚色の法則性を見出すことで、その中から真実に近づく方法を得ることができるのです。たとえば、王朝が変わったら前の王朝の記録を残すという易姓革命思想下の中国では、次のような法則性があります。
 
 ところで、この易姓革命の考え方に立って歴史を残すと、困ったこともたくさん生じてきます。前の王朝の最後の王様を可能な限り悪く書く。そう書かないと新しい王朝の正当性が担保できないので、最後の王様はだいたいみな、悪政を行い美女にうつつをぬかして滅んでいきます。
(・・・)前の王朝の最後の王様は全部悪くなるのです。悪政を行ったから王朝が替わったのだというロジックですから、前の王様が立派だったら、この論理が成立しなくなるのです。pp48-49

多くの大がかりな歴史は、国家によって遺され、そこには国家や王朝の正当性の根拠が求められることになります。史実に基づいたフィクションとも言える史書から歴史そのものを読み取るには、この正当化のバイアスを取り除いて見る必要があるということです。

ある地域で王朝が入れ替わる時、正当化の論理が求めらるのと同様、植民地支配で優位に立った列強の国々もまた正当化の論理を歴史の中に見出そうとします。

 アヘン戦争が終わり、1858年にインドが大英帝国の植民地になって、中国が列強に切り取られはじめた19世紀に、西洋は何を考えたのでしょうか。もはや地球上に、俺たちに対抗する勢力はない。俺たちがナンバーワンであるということだったと思います。
 そうするとヨーロッパの列強は、このようなことも考えはじめます。西洋が優れていて、東洋は遅れているという19世紀のいまここにある現実は、じつは歴史的にも証明できるのではないかと。ちょうどプロイセンを中心に、近代的な歴史学が生まれようとしていた時期に当たります。東方には、古くからペルシアの諸王朝や、唐や宋、イスラム諸王朝そしてモンゴル帝国などの強力な王朝や高い文明がありましたが、それらに対する評価よりもローマ教会中心の西方の文明を優位に置く方向で、歴史の流れを組み立てたいと思う。それは世界の勝者としては当然の欲求であったでしょう。
   彼らにしてみれば十字軍がエルサレム奪還を目指してパレスティナに遠征したとき、その文化や文明の高さに目が眩んだことなどは、あまり記憶に止めたくなかったことでしょう。人間はいつの世も見たいものしか見ない動物なのです。
 こうして19世紀のヨーロッパの人々がつくりあげた西洋史観、「理想とする」世界史像が、われわれの世界史のベースになってしまいました。

pp316-317

過去様々な歴史の教説が語られてきましたが、それらからいったん解放されて、歴史を自由に語れるためには、まず以上のような歴史書に対する批判的態度の確立が必要不可欠なのです。

これまで私たちが読んできた歴史の教科書や参考書の記述が断片的でちぐはぐに見えてしまうのはページ的な制約もあることながら、様々な教説から自由になりきれず、あるいは何人もの人の考えの寄せ集めで、一人の人間の頭で全体を考え抜いていないためではないでしょうか。

内と外

歴史を見る上での様々な観点を、出口氏は本書の中で提示していますが、その中でも最も印象的なのが、冒頭の日本史の見方の中で示された「内」だけでなく「外」から見るという視点です。つまり世界史から分離された日本史は存在しないということです。
 
 しかし、日本が歩いてきた道や今日の日本について骨太に把握する鍵はどこにあるかといえば、世界史の中にあります。四季と水に恵まれた日本列島で、人々は孤立して生きてきたわけではありません。世界史の影響を受けながら、今日まで日本の歴史をつくってきたのです。
 世界史の中で日本を見る、そのことは関係する他国のことも同時に見ることになります。国と国との関係から生じてくるダイナミズムを通して、日本を見ることになるので、歴史がより具体的にわかってくるし、相手の国の事情もわかってくると思うのです。すなわち、極論すれば、世界史から独立した日本史はあるのかと思うのです。
p18

こうした視点でもって、ペリーの浦賀来航を見れば、捕鯨船の補給基地などという位置づけでは到底なかったことがわかります。

同様に、相互にたえず権力者が行き交い、支配―非支配の関係にあったフランスとイギリスも、分離することによってではなく、両方を合わせ鏡のようにとらえることで、初めて首尾一貫した歴史の論理の糸も見えてくることになります。各国史を分離して学ぶことが不毛なのは、相互関係を両方の視点で同時に見るという一番重要な視点が欠落しているからです。

 
 このようなイングランドとフランスの関係を見ていくと、この二つの国は一体として見るほうが、はるかに歴史がよくわかる気がします。
 これは冗談のような話ですが……牛を意味する言葉の中でビーフはフランス語起源であり、オックスとかカウはアングロ・サクソンの起源である。これはノルマン人が支配階級になったので、彼らにとって牛は食べるものだからビーフ、彼らの支配下に置かれたアングロ・サクソン人にとっては、牛は飼って世話をするものだから、オックスとかカウという言葉が残ったと言われたりします。

p193

鏡としての歴史

歴史を学ぶことに価値があるのは、同じような出来事の反復の中で、自分たちの置かれた時代を相対化するのに役立つためでもあります。戦後の日本の歩みを、世界史の中で見てみれば、高度成長の時代を基準として「失われた20年」を語ることがいかにナンセンスかが理解できるというのが出口氏の主張です。どの時代、どの地域をとっても、本当の最盛期というのは、20〜30年しか持たないものなのです。
 
 世界の歴史を見ていくと、豊かで戦争もなく、経済が右肩上がりで成長していく本当に幸せな時代は、じつはほとんどないことがわかります。その意味で、戦後の日本はもっと高く評価されていいと思います。
 人口が一貫して増え、経済成長が続き、戦争もなく、ほぼ10年ごとに所得が倍増するような豊かな時代は世界史の中でもほとんど例がありません。これほどいい時代がいつまでも続くと考えるほうがどうかしている。ですから、いまの苦しさは、むしろ日本が普通の国に戻ったのだ、と考えるほうがいいと思います。
p323

さらにもっとリアルなデータや大胆な主張を終章で、出口氏は次々に提示するのですが、それは読者が本書を実際にひもとかれた時の楽しみにとっておきましょう。

なるべく具体的な歴史の内容には触れず、出口氏の視点を中心に紹介してきましたが、本書は以下のように構成されています。
 
はじめに なぜ歴史を学ぶのか
第1章 世界史から日本史を切り出せるだろうか
―ペリーが日本に来た本当の目的は何だろうか?
第2章 歴史は、なぜ中国で発達したのか
―始皇帝が完成させた文書行政、孟子の革命思想
第3章 神は、なぜ生まれたのか。なぜ宗教はできたのか
―キリスト教と仏教はなぜ誕生したのか
第4章 中国を理解する四つの鍵 
―難解で大きな隣国を誤解なく知るために
第5章 キリスト教とローマ教会、ローマ教皇について 
―成り立ちと特徴を考えるとヨーロッパが見えてくる
第6章 ドイツ、フランス、イングランド 
―三国は一緒に考えるとよくわかる
第7章 交易の重要性 
―地中海、ロンドン、ハンザ同盟、天才クビライ
第8章 中央ユーラシアを駆け抜けたトゥルクマン
―ヨーロッパが生まれる前の大活劇
第9章 アメリカとフランスの特異性
―人工国家の保守と革新
第10章 アヘン戦争
―東洋の没落と西洋の勃興の分水嶺
終章 世界史の視点から日本を眺めてみよう
おわりに

この本は、広い時間と空間をカバーする十の大きなテーマによって構成されています。そこで語られている多くの事実は、高校時代世界史の教科書で学んだのとほとんど同じかもしれません。しかし、ただ単語の羅列であったものが、どのようなものであったのか、そしてなぜそのようなことが起こったのか、因果の糸が手に取るように浮かび上がります。

歴史とは、地球環境の変化を背景にした、人々の営みの集積です。何を求めて彼らは、陸路、あるいは海路はるばるその場所まで出かけたのか、なぜ戦わなければならなかったの、なぜ一方は勝ち、一方は敗れたのか、なぜある国は起こり、なぜ滅んだのか。

『仕事に効く教養としての「世界史」』は、今まで事実の羅列にすぎなかった歴史上の出来事や人名・地名・用語をありありとした実感へと落とし込み、歴史の因果の糸を目に見えるようにしてくれる名著なのです。


書評 | 22:17 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.