つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
電子書籍セールのまとめ(7月22日更新)

これは現在実施中の電子セールのまとめです。Kindle Storeでは大小合わせると、常時何十かのセールが行われていますが、ここでは、書評の対象となるようなタイトル(活字本・コミックとも)が数多く集まるセールやキャンペーンに限定しています。

 

  NEW!

松下幸之助『道を開く』糸井重里『インターネット的』山田ズーニー『伝わる・揺さぶる!文章を書く』などPHPの電子書籍1426タイトルが50%ポイント還元。


【50%OFF】イラスト、漫画、キャラ表現の技法書セール(〜7/27)  NEW!

『アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則』『プロの現場で使われているPhotoshopの「超速」テクニック』『キャラクターデザインの教科書 メイキングで学ぶ魅力的な人物イラストの描き方』『月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)』などイラスト、漫画、キャラ表現の技法書80タイトルが50%OFF

 

 

新海誠・琴音らんまる『君の名は。』蛍たかな・ピロ式『アイリス・ゼロ』などコミックアライブ424タイトルが50%OFF

 

 

 

光文社新書(739)光文社古典新訳文庫(227)、CLASSY、VERYなど光文社の電子書籍4933タイトルが50%ポイント還元

 

 

【50%OFF】2017夏のビジネス・実用書フェア (7/27まで) 

堀江貴文『面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた』出口治明『部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書』成毛眞『この自伝・評伝がすごい!』望月衣朔子『武器輸出と日本企業 』などカドカワ・中経のビジネス・実用書4168タイトルが50%OFF まとめ

 

 

【30%OFF】小学館真夏の海外文学キャンペーン(〜7/27)

デボラ・インストール『ロボット・イン・ザ・ガーデン』カーリン・アルヴテーゲン『バタフライ・エフェクト』ヘンリーD・ソロー『ウォールデン 森の生活』など海外文学44タイトルが30%OFF

 

 

【20%OFF】幻冬舎スポーツ関連本フェア(〜7/27)

長谷部誠『心を整える』山本ケイイチ『仕事ができる人はなぜ筋トレをやるのか』青木真也『人間白帯 青木真也が嫌われる理由』など幻冬舎のスポーツ関連本41タイトルが20%OFF

 

 

【30%OFF】今読みたい女性作家特集 〜7/27 

はあちゅう、川上未映子、本谷有希子から、山田詠美、石牟礼道子、瀬戸内寂聴まで講談社の女性作家386タイトルが30%OFF

 

 

カドフェス 電子版 2017(6/16〜9/7)

複数のセールが順次展開するKADOKAWAのカドフェス

 

【全品30%OFF以上】ミステリー&サスペンスフェア 期間:7/14(金)〜7/27(木)

有栖川有栖、内田康夫、松岡圭祐、道尾秀介、森博嗣、横溝正史などミステリー&サスペンス377タイトルが30%OFF以上

 

 

 

【50%OFF以上】趣味・実用書 フェア 期間限定:7/21(金)〜7/30(日)NEW!

カドカワ、西東社、主婦の友社などの趣味・実用書5474タイトルが50%OFF上の96円から。

手塚治虫『MW 1』『アドルフに告ぐ 1』ジョージ秋山『アシュラ 1』各99円、富野由悠季『富野に訊け!!』346円ほか143点が40%OFF以上

 

【30%OFF】珠玉の恋愛小説キャンペーン(〜8/3)  NEW!


片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』、市川拓司『今、会いにゆきます』中村航『百回泣くこと』など小学館の恋愛小説80タイトルが30%OFF

【50%OFF】2017夏のビジネス書・実用書フェア(〜7/27)カドカワの4168タイトルが50%OFF

【50%OFF】2017夏のビジネス書・実用書フェア(〜7/27)

 

 

7月27日までの期間限定で、カドカワのKindle 版ビジネス書・実用書4168タイトルが50%OFFとなっています。

 

レーベル別

 

角川学芸出版単行本(84)    角川新書(513) 角川oneテーマ21(288)  角川文庫(51)

 

角川ソフィア文庫(415) 角川ePub選書(16) 中経の文庫(508)

 

参考までに、いくつかのタイトルをピックアップしてみました。

 

IT系

 

小川晃通『アカマイ 知られざるインターネットの巨人』

インターネットを流れるトラフィックの三分の一を陰で支える巨大企業の知られざる姿に迫る。

 

 

松尾豊『人工知能は人間を超えるか』

 

チェスや将棋でAIが人間を打ち負かすシンギュラリティの時代のAIの進化の歴史と未来を展望する。


エドワード・カストロノヴァ・伊能早苗『「仮想通貨」の衝撃』

量販店のポイントカード、航空会社のマイレージから、数兆円が世界規模で流通する「ビットコイン」まで、「仮想通貨」の可能性とリスク、そして その未来像をわかりやすく解説。

 

川上量生『ルールを変える思考法』

ドワンゴ、角川の社長であった著者が、AIに負けない思考方法、新しい土俵をつくる方法についてのビジョンを紹介。レビュー

 

その他の科学書


池田晴彦『生物にとって時間とは何か』

生命現象に固有の時間を、DNA複製システムや免疫システムなどの視点から解明。時間の観点から生物学の新たな展望をひらく生命論。

 

小林快次『恐竜は滅んでいない』

恐竜は滅びず、そのまま鳥類へと進化したという最新の学説まで含めた恐竜学のわかりやすいまとめ。

 

長谷川英祐『働かないアリに意義がある』

どんなアリの集団をとっても働かないアリが一定数存在するアリの世界を知ることで、人間の社会のあり方も同時に照らしてしまう生物学書の名著。レビュー

 

著者で選ぶ本(五十音順)

 

池上彰『[図解] 池上彰の 世界の宗教が面白いほどわかる本』『[図解] 池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本』小学生にもわかるように自らトレーニングを積んだ池上彰の解説はやはり日本一わかりやすい。

 

池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界

今や世界に15億人を超えるイスラム教徒。イスラム世界には、世界の大問題を読み解くカギがある。イスラム教の歴史や宗派、教義と中東情勢とのかかわりなど、幅広い問題を図でわかりやすく紹介。

 

イケダハヤト『武器としての書く技術』

インターネットを活用しながら、いかにしてブロガーとして名をあげ、生計を立てるに至ったか、その基本スキルとしての書く技術の数々を公開。レビュー

 

猪瀬直樹・田原総一朗『戦争・天皇・国家 近代化150年を問いなおす』大宅賞作家にして、東京都知事・副知事を経験した猪瀬が、最長現役ジャーナリスト田原と語り尽くすこの国のかたちと問題点とは?

 

内田樹『女は何を欲望するか?』レヴィナスらフランス思想に造詣の深い著者がフェミニズムの新たなあり方を欲望論を中心に展開。

 

梅原大吾『一日ひとつだけ、強くなる。』

「目標は低いほどいい」「勝負に感情はいらない」「技術より“視点”が大事」など世界に君臨するゲーマーの梅原大吾が語る勝つための方法論。

 

小飼弾『「中卒」でもわかる科学入門 ”+−×÷”で科学のウソは見抜ける!

四則演算と単位さえ正しく理解すれば、世界の科学者に質問したり、議論したりすることもできる。現代人に必要なサイエンスリテラシーの最短距離での身につけ方を説く名著。レビュー

 

斎藤孝『大人のための読書の全技術』

多くの著作を世に送る著者の読書のノウハウの全公開。必読書50冊のリストも収録。

 

斎藤孝『だれでも書ける最高の読書感想文』

読書は楽しいのに読書感想文が苦痛になるのはなぜなのか。やさしく最良の文が書けるための方法を著者が伝授。レビュー


園子温『受け入れない』

『ヒミズ』や『希望の国』の映画監督園子温による硬派のエッセーと詩のハイブリッド。自分の感性や信念に忠実に、既成概念や秩序を受け入れない反骨のマニフェスト。レビュー
 

堤未果『政府は必ず嘘をつく 増補版』アメリカを例にとりながら、いかに一部富裕層に動かされた政府が詐欺的な政策を推し進めるか、その手の内をくわしく解説。

 

出口治明部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書

ネットライフ生命CEO出口治明が説く上司としてのマネジメントのあり方の教科書

 

出口治明『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』稀代の読書家であり、書評家でもある出口治明が、何をどのように読むべきか膨大な読書リストの中から紹介。


出口治明『座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」』

唐の二代皇帝・太宗による統治の要諦が凝縮された『貞観政要』は、徳川家康、北条政子も参考にし、世界最古のリーダー論として世界中で読み継がれる。この古典的名著を、座右の書とする出口治明が紹介する。


苫米地英人『思考停止という病』

自分で考える人は、自ら解決策を提案し、実践することで結果につながるが、自分で考えない人は、同じ間違いを何度でも繰り返す。脳科学者の著者が、情報過多の現代におけるメディアや政権による洗脳より脱却する方法を提示。


中沢新一

『ポケモンの神話学 新版 ポケットの中の野生』かつてポケモンを手に少年たちが野に出ることを予言した著者が、ポケモンGOの流行とともに到来した、新世紀の野生の思考の原点を解き明かす。

 

成毛眞『情報の捨て方 知的生産 私の方法』

かつてはマイクロソフト日本社長として鳴らし、今は書評サイトHONZ代表も務める著者による遊びと仕事に通じるための情報の取捨選択方法とは?レビュー

 

成毛眞『この自伝・評伝がすごい!』

政治家、経営者、科学者…プラスとマイナスの両面から、最強の本のキュレーターが紹介する20人の偉人伝。

 

羽生善治『決断力』棋士として頂点を極め、日々極限の勝負を行い続ける著者の瀬戸際の決断力の重要性を説く。

 

羽生善治『大局観 自分と闘って負けない心』さらに、いかにして、極限の勝負の中で、正しい判断を導き出すかについて考察する。

 

堀江貴文面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた』

稀代のマンガキュレーターによる、ビジネス・エンタメ両面からのお勧め漫画大全。レビュー 

 

堀江貴文ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』

ライブドア事件で実刑判決を受けた著者が、獄中で編み出した最強の情報活用術を、読書リストとともに紹介。レビュー

 

堀江貴文・瀬戸内寂聴『生とは 死とは』

二人の対談集『死ぬってどういうことですか?』を改題。原発問題以外の話題に関しては、年齢差を超えて息の合ったところを見せる。

 

望月衣朔子『武器輸出と日本企業』

安倍内閣を追い詰めた東京新聞の切れ者女性記者がレポートする日本の武器輸出と企業の現状。

 

森達也『オカルト 現れるモノ 隠れるモノ 見たいモノ』

オウム真理教を密着取材し映画『A』を発表した著者によるオカルト考。はたしてすべてがインチキなのか?多くの人が半信半疑ながら惹かれるその理由とは?

 

藻谷操介『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』

いくつかのケーススタディとともに、日本の地方創生の原動力となる「里山資本主義」を提言する希望の書。

 

安富歩『満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦』

太平洋戦争の混迷のさなか建国され13年で崩壊した満洲国。その成立と暴走の要因を「東大話法」で話題の経済学者安富歩が解明する。
 

宮部みゆき『宮部みゆきの江戸怪談散歩』

稀代のストーリーテラー自らが、「三島屋変調百物語」シリーズをはじめとした、物語の舞台を歩きながらその魅力を探る異色の怪談散策。

 

ヤマザキマリ『とらわれない生き方 悩める日本女性のための人生指南書』

イタリア人と結婚、海外での子育ても経験し、世界を股にかけて活躍し続ける漫画家が読者の質問に答える人生相談。

 

その他のビジネス書・教養書・実用書
 

山口路子オードリー・ヘップバーンという生き方』

戦争やバレリーナとしての挫折など、優雅に見える背後の暗い過去をものともせず死に至るまで貫いた強靭な精神を、数々の言葉とともに紹介する「永遠の妖精」の評伝。

 

牧野知弘『こんな街に「家」を買ってはいけない』

購入時1億5千万円もした郊外の戸建て住宅も今や3千万円でも売れない現状。住民の高齢化、崩壊するインフラ、空き家の増加、少子化と統廃校。かつての夢のマイホーム、ニュータウンの悲惨な現状を前に、今できることは何か。家を買った人も、買う予定の人も、相続する人も必読の一冊。

 

中山繁信『図解・いきなり絵がうまくなる本』

「コツ」さえわかれば、車や建物、家具など身近なものも簡単に描ける!個性的なイラストで定評のある建築家が、立体感あるイラストを描く方法を伝授。

 

toshi 『ゼロから学ぶプロの技 神技作画』

イラストを描く人が突き当たる問題をQ&A形式で解説し、ステップバイステップでプロの技を最短コースで学べる指導書。

 

佐藤健寿『奇界紀行』

タイの海中、インドの聖者、廃墟チェルノブイリ、謎の古代遺跡、アフリカの呪術師、南米のUFO村など、世界の奇妙な風景を訪ね歩く写真家が、奇妙な旅の全貌を綴ったフォトエッセイ。


田村慶子・本田智津絵『シンガポール謎解き散歩』

楽しい謎解きをからめながら、シンガポールの土地と歴史を掘り下げる観光案内。

 

柿崎一郎『タイ謎解き散歩』

同じシリーズのタイ編。タイ各地を紹介しながら、タイの地理と歴史、文化に秘められた数々の謎を解き明かす観光案内。
 

下川裕治、中田浩資『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』

究極の鉄道旅行として、シンガポールからスタートし、バンコク、ヤンゴン、北京、ウランバートル、モスクワ、サンクトペテルスブルグ、ムルマンスクまで、ユーラシア大陸19000キロを縦断する鉄の書。

 

パトリック・ハーラン『大統領の演説』

歴代のアメリカ大統領の代表的演説を紹介、解説。

 

OJTソリューションズ『図解 トヨタの片づけ』

「キレイがゴールじゃない。片づけは『成果を出す』ためのビジネスツール」世界のトップ企業の現場が培ってきたノウハウを「片づけ」というテーマに凝縮し、図やイラストでわかりやすく解説。これは家事ではなくビジネスに効く片づけ本。

 

松井忠三『無印良品が、世界でも勝てる理由 世界に“グローバル・マーケット"は、ない。』


海外展開に失敗する企業が多い中、無印良品はどうして勝ち続けるのか。その成功の理由を「仕組み」「商品コンセプト」「戦略」「人材」などの切り口から解き明かす。

 

永井隆尚そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル

周囲の反対の中、衰退する温泉郷の立て直しに、諸星明と仲間たちの「ディズニーを超える」という挑戦は、売れない時代の新しいビジネスモデルを創りあげていく。長野県のある村で実際に起こった実話をベースにした物語。

 

永井隆尚・阿部花次郎『コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法』

主人公宮前久美と与田誠の名コンビの活躍を通じ、マーケティング理論をわかりやすく紹介するベストセラーのコミック化。

 

角川ソフィア文庫

 

岡潔『春風夏雨』

「生命というのは、ひっきょうメロディーにほかならない。日本ふうにいえば“しらべ”なのである」西欧でも高く評価された数学者岡潔の卓越した知性と洞察力による名著。

 

外間守善『私の沖縄戦記 前田高地・六十年目の証言』

沖縄学の第一人者による沖縄での戦争体験記。一個人の体験にとどまらず、戦後明らかにされてきた多くの資料・証言を織りまぜて構成。

 

山田規畝子『壊れた脳 生存する知』

ある日突然襲った高次威脳機能障害に女性医師は敢然と立ち向かい、その正体を見極め、広く世に伝えようとする。感動の闘病ドキュメンタリー。

 

吉本隆明『共同幻想論』

長きにわたり戦後思想のバックボーンとなった詩人・思想家の主著。柳田国男の『遠野物語』を手がかりに、国家と共同体の持つ関係性を分析的に読み解く。

 

【プライム会員限定】 新機種 Kindle Fire 7 タブレット 8GBが4980円、Kindle Fire HD 8 タブレット 16GBが7980円

1.Amazonプライム会員限定で、希望小売価格より4千円OFFで、Kindle Fire 7 タブレット 8GB4980円Kindle Fire HD 8 タブレット 16GB7980円の特別価格となっています。4000円OFFのセールは、毎週のように繰り返しているのですが、今回は、新機種になってのはじめてのセールです。新機種の大きな変化は、MicroSDカードの容量が256GBまで対応した他、Fire 7の方が1mm薄く、重さも313g→295g、バッテリ駆動時間も7時間→8時間になっています(Fire HD8の方はカタログで見ると、9.2mmが9.7mmと5mm厚くなり、341g→369gと28g重くなっています)。新機種の説明についてはこちらのページが詳しいです。

 

 

購入時には、それぞれクーポンコード「PRIMEFIRE7」、「PRIMEFIREHD8」を入力するのを忘れないようにしましょう。このクーポンコードは、同じ機種であっても時期によって、変化してゆくので注意が必要です。

 

iPadとも変わらない使い勝手と性能で、この価格は驚異的。もちろん、電子書籍を読むだけでなく、インターネットもできるし、ツイッターもつぶやけるし、プライム会員なら、何百本という内外の映画を無料で視聴可能です。

 

7インチと8インチではかなり表示面積が異なり、字のサイズも異なるので、老眼が気になり、予算に余裕のある人は8インチの方が漫画なども楽に読むことができるでしょう。但し、手の小さい人は8インチを片手で持つのはつらいので、7インチの方がよいかもしれません。

 

2.これに対し、モノクロのKindle やKindleマンガモデルは、長時間の外出や海外旅行など充電しないでも長時間のバッテリ駆動が可能で、しかも画面の輝度が低いので目が疲れにくいというメリットがあります。おまけ程度にインターネットも可能ですが、あくまで読書専用と割り切った方がよいでしょう。

 

こちらもプライム会員限定で、Kindle ニューモデルが8980円→4980円に、バックライトありのKIndle Paperwhiteが14280円→10280円、32GBの容量のKindle Paperwhiteマンガモデル 16280円→12280円となります。クーポンコードは、それぞれ「PRIMEKINDLE」「PRIMEPRICE」「PRIMEMANGA」です。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.