つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【50%以上多数】早川海外SFセール(〜11/20) 作家別まとめ

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

11月20日まで287タイトルが50%OFF多数の早川書房の海外SFセールを作家別にまとめです。

 

http://amzn.to/2A15oxu

 

多作の作家が多いので、全部まとめても作家数自体は大した数ではないのですが、なじみのある作家に限定してみました。

 

アイザック・アシモフ(8)

『われはロボット』や刑事物の『鋼鉄都市』やその続編『はだかの太陽』など古典的名作多数。「ロボット工学の三原則」もアシモフから取られたもので、この分野のSFの開拓者として多くの作家だけでなく、映画監督、漫画家にも影響を与えています。『夜来たる』は二千年に一度の夜の訪れをテーマにした表題作ほか、アシモフの傑作短編集。

 

グレッグ・イーガン(11)

『順列都市』『ディアスポラ』は人格情報がすべてサイバー化された世界を描く近未来小説。『白熱光』は未知の宇宙生命体との交流をテーマにしたハードSF。『しあわせの理由』は脳内の物質によって幸福がコントロールされた世界を描いた表題作を含む全9編の短編集です。

 

コニー・ウィリス(10)

『航路』は臨死体験を人為的に引き起こす実験をめぐるヒューマンなドラマ。『ドゥームズデイ・ブック』は教え子のタイムトラベル事故を解決しようとする史学科の教授の物語。『犬は勘定に入れません』、『ブラックアウト』『オール・クリア』ともに史学科の学生を主人公とするタイムトラベルもの。

 

カート・ヴォネガット(18)

村上春樹も影響を受けた作家として認めるなど、SF作家というよりも、メインストリームの作家としても評価の高いカート・ヴォネガット。『スローターハウス5』『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』『ジェイルバード』『プレイヤー・ピアノ』『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』など名作多し。インタビュー集やエッセイも楽しいです。

 

ジョージ・オーウェル(1)

『1984年』は「ビッグブラザー」によって管理された未来世界を描いたディズトピア小説。映画化されたり、村上春樹の『1Q94』の元ネタともなりました。

 

オースン・スコット・カード(25)

映画化された『エンダ―のゲーム』は、宇宙人の襲来に備え訓練を受けた天才少年の成長物語。短い原作を読みたい人は11編からなる短編集『無伴奏ソナタ』を。『神の熱い眠り』と『キャピトルの物語』は、《ワーシング年代記》二部作は「隠れた名作」(大森望)として評価されています。

 

ダニエル・キイス(2)

『アルジャーノンに花束を』は日本でも二度テレビ化されたこともある涙なしには読めない名作。知恵遅れの男が一気に天才になるのですが、同じ手術をした鼠アルジャーノンを観察するうちにあることが明らかになります。『心の鏡』はキイスの魅力を凝縮した全7編の中短編集。

 

ウィリアム・ギブスン(1)

『クローム襲撃』は、『ニューロマンサー』で一世を風靡したサイバーバンクSFの旗手ギブスンの中短編集。

 

マイクル・クライトン(8)

スピルバーグの映画『ジュラシックパーク』や『ロスト・ワールド』の原作者として有名ですが、海底で遭遇した未確認物体『スフィア』などの名作があります。

 

アーサー・C・クラーク(21)

映画化された『2001年宇宙の旅』と『幼年期の終り』が双璧です。『2001年宇宙の旅』は『2010年宇宙の旅』『2601年宇宙の旅』『3001年終局への旅』と続編が作られました。『都市と星』『地球光』も名作ですが、注目は自伝の『楽園の日々 アーサー・C・クラーク回想』。

 

フィリップ・K・ディック(25)

映画『ブレードランナー』の原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と『高い城の男』が長編として有名ですが、映画『トータルリコール』の原作もフィリップ・K・ディックです。その他、『ヴァリス』『時は乱れて』『流れよ、わが涙と警官は言った』『偶然世界』『火星のタイム・スリップ』など多くの名作があり、没後も最も人気の高いSF作家の一人。新刊を除きほとんどの主要作がカバーされている豪華なコレクション。

 

テッド・チャン(1)

『あなたの人生の物語』は映画『メッセージ』の原作。存在しない言語や記号の世界を築きながら独自の作品世界を築いています。

 

ロバート・ハインライン(17)

猫文学でもある『夏への扉』は、長く愛されたベストセラー。『宇宙の戦士』は『機動戦士ガンダム』などモビルスーツ物の原点となった記念碑的作品。『人形使い』は人類に寄生し操る生命体の物語。

 

レイ・ブラッドベリ(9)

フランソワ・トリュフォーによって映画化されたディストピア映画『華氏451度』など多くの名作SFがあります。『火星年代記』は人類の火星への植民の歴史を語る年代記。『太陽の黄金の林檎』『瞬きよりも早く』はそれぞれ22編、21編からなる短編集。

 

ケン・リュウ(1)

『紙の動物園』は、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、世界幻想文学大賞のSF三冠を受賞した出世作。『紙の動物園』全 編からなり、SFの概念をアップデートさせる珠玉の作品集。

 

チャールズユウ(1)

『SF的な世界で安全な暮らしをするっていうこと』は、タイムトラベル技師を主人公にした家族小説の傑作。

 

アーシュラ・K・ルグイン(1)

『宇宙の誕生日』は、ファンタジーの金字塔的作品『ゲド戦記』の作家による全八編からなる短編集。両性具有の宇宙人との接触を描いた『闇の左手』などが含まれます。

 

スタニスラフ・レム(2)

意識を持ち人の思念を物質化する惑星『ソラリス』は、タルコフスキーの名作映画『惑星ソラリス』の原作ですが、その後 によっても映画化。タルコフスキーとの解釈の違いはファンの間でも好みの分かれるところ。

 

次に何を読むべきか迷った時の道案内としては『ハヤカワ文庫SF総解説2000』が重宝します。これもセール対象、ちょうど紙の本の三分の一の価格。

 

その他の主な作家は次のとおり。

 

マデリン・アシュビー(1)

ジョン・ヴァ―リイ(1)

ハーラン・エリスン(1)

ジェイムズ・L・キャンビアス(1)

ジャック・キャンベル(17)

ジェイムズ・S・A・コーリィ(2)

ブランドン・サンダースン(3)

マイク・シェパード(3)

クリフォード・J・シマック(1)

ダン・シモンズ(14)

トマス・スウェターリッチ(1)

ジャスパー・T・スコット(1)

ジョン・スコルジー(9)

コード・ウェイナー・スミス(2)

マイク・スミス(2)
ロジャー・ゼラズニイ(1)

ラヴィ・ティドハー(3)

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(1)

ピーター・トライアス(2)

スティーブン・バクスター(1)

パオロ・バチガルピ(3)

デイヴ・バラ(1)

マイケル・ハラー(1)

マイケル・R・ヒックス(2)

ローレン・ビュークス(1)

デイヴィッド・ファインタック(14)

ロバート・ブートナー(5)

ピアース・ブラウン(3)

クリストファー・プリースト(3)

ケイジ・ベイカー(1)

バリントン・J・ベイリー(2)

ヴォーン・ヘプナー(1)

イアン・マクドナルド(1)

ジョージ・R・R・マーティン(12)

チャイナ・ミエヴィル(1)

マイクル・ムアコック(7)

ハンス・ライアニエミ(1)

ネイサン・ローウェル(1)

ジェイン・ロジャーズ(1)

電子書籍セールのまとめ(11月17日更新)

これは現在実施中の電子セールのまとめです。Kindle Storeでは大小合わせると、常時何十かのセールが行われていますが、ここでは、書評の対象となるようなタイトル(活字本・コミックとも)が数多く集まるセールやキャンペーンに限定しています。

 

新着記事

【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール(〜11/20)

Kindle週替わりまとめ買いセール(〜11/23)

【20%OFF】集英社デジイチ第7弾 ビジネス実用(〜11/23)

【全品50%OFF】祥伝社フェア(〜11/23)

【50%OFF】健康法・健康レシピ本特集(〜11/23)

【20%OFF】幻冬舎 コミックフェア (〜11/23) 

『全点99円』 Kindle雑誌セール(〜11/30)

【30%OFF】2017冬もぴっかぴか小デジ!感謝祭(〜11/30)

【30%OFF以上】幻冬舎新書フェア(〜11/30)

【50%OFF多数】IT系版元 9社合同 『人工知能本』フェア(〜11/30)

【30%OFF】企業小説特集(〜11/30)

【40%OFF以上】月替わりセール(〜11/30)  

【50%OFF 以上】西東社大型割引キャンペーン(〜12/6)

 

注目の大規模セール

ニコカド祭り2017 50%OFFタイトル、1巻無料タイトルが週替わりで更新(〜11/30)

 

Kindle週替わりまとめ買いセール(〜11/23)  NEW!

『うさぎドロップ』(10巻)『七色いんこ』(7巻)『地獄のガールフレンド』(3巻)『幸腹グラフティ』(『セカイ魔王』(4巻)『星の案内人』(4巻)『かなめも』(6巻)『花のあすか組』(8巻)の8タイトルが20〜40%OFF

 

【20%OFF】集英社デジイチ第7弾 ビジネス実用(〜11/23) NEW!

集英社のビジネス・実用書93タイトルが20%OFF

 

【最大80%OFF以上】漫画アクション50周年記念セール(〜11/23) NEW!

こうの史代『この世界の片隅に』上、『夕凪の街 桜の国』(各270円)など164タイトルが最大80%OFF以上。モンキーパンチ『ルパン三世』1〜3、谷口ジロー『シートン』1〜2、『坊ちゃんの時代』1〜2は各108円。

 

【全品50%OFF】祥伝社フェア(〜11/23) NEW!

いくえみ綾『あなたのことはそれほどでも』岡崎京子『ヘルタースケルター』安野モヨコ『監督不行届』おかざき真里『サプリ』など祥伝社のコミック819タイトルが50%OFF。

 

【全品50%ポイント還元】 東洋経済新報社 創立122年記念フェア(〜11/23)NEW!

東洋経済新報社の2183タイトルが全品50%ポイント還元。

 

ニコカド祭り2017(〜11/30)50%OFFタイトル、1巻無料タイトルが週替わりで更新 

第8週(11/17〜11/23)は4185タイトルが対象 

・角川文庫(1248)

・角川ソフィア文庫(206)

・角川epub選書(5)

・角川新書(138)

・角川SSC新書(33)

・角川oneテーマ21(64)

 

『全点99円』 Kindle雑誌セール(〜11/30)NEW!

週刊東京ウォーカー、FRIDAY、週刊現代、with、山と渓谷、Goods PressなどKindle版雑誌3712タイトルが全点99円均一、個人的なおすすめはるるぶ情報版(国内/海外)。

 

【30%OFF】2017冬もぴっかぴか小デジ!感謝祭(〜11/30) NEW!

落合陽一『これからの世界をつくる仲間たちへ』堀江貴文『バカは最強の法則』池井戸潤『下町ロケット』など小学館の電子書籍3270タイトルが30%OFF

 

【30%OFF以上】幻冬舎新書フェア(〜11/30)NEW!

幻冬舎新書364タイトルが30%OFF以上。今回のセールはわかりやすく500円均一(351タイトル)と300円均一(13タイトル)に統一

 

【30%OFF】企業小説特集(〜11/30) NEW!

池井戸潤、真山仁、高杉良、江上剛など講談社の企業小説73タイトルが30%OFF

 

【50%OFF多数】IT系版元 9社合同 『人工知能本』フェア(〜11/30) NEW!

インプレス、日経BP社、SBクリエイティブ、近代科学社、秀和システムなど9社の111タイトルが対象。

 

【50%OFF】アルク 単語特集(英・中・韓・日本語学習)(〜11/30) NEW!

アルクの単語関連学習書41タイトルが50%OFF

 

【50%OFF 以上】西東社大型割引キャンペーン(〜12/6) NEW!

西東社の395タイトルが50%OFF以上。

 

【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール(〜11/20) 

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』『あなたの人生の物語』『一九八四年』『アルジャーノンに花束を』『夏への扉』『紙の動物園』など早川書房の海外SFが287タイトルが最大50%OFF

 

【50%OFF】健康法・健康レシピ本特集(〜11/23)

学研プラスの42タイトルが50%OFF 

 

【50%OFF】秋のラノベ体力測定会第3弾(〜11/23) 

SBクリエイティブのラノベ132タイトルが50%OFF 

 

【20%OFF】幻冬舎 コミックフェア (〜11/23)

『やめてみた。』『ツレがうつになりまして。』『蜃気楼家族』『昼のセント酒』『アシュラ』など幻冬舎のコミック96タイトルが20%OFF

 

【40%OFF以上】月替わりセール(〜11/30)  

手塚治虫『ブッダ1』『空気の底』ほか139タイトルが対象。今月は「まんがで読破」シリーズのタイトルが数多く手ごろなのでお勧めです(『戦争論』『神曲』『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『コーラン』『般若心経』)

10月5日よりAmazon Prime Readingがスタート

2017年10月5日より、Amazon で、プライム会員限定の電子書籍896タイトルが読み放題サービスのPrime Readingがスタートしました。

 

http://amzn.to/2fTNkNe

 

月会費980円のKindle Unlimitedの無料版のようなものですが、コミックだけでなく、単行本や新書、文庫などのKindle本も多く、誰もが楽しめるライブラリーになっています。当然ながら、雑誌などは順次最新号に入れ替わるはずなので、注目したいところ。以前、Kindle Unlimited で売れ筋のタイトルがどんどん読めなくなったこともあるので、コミックなど読みたいタイトルは早めにダウンロードした方がよいでしょう。

 

その後、実際に使ってみて判明したルールは、一度に購読できる上限が10冊という10冊ルール。次の1冊を読もうとすれば、すでにダウンロードしたどれか一冊を読み終える必要があります。こうすることで、有料サービスのKindle Unlimitedの差別化をはかったり、対象タイトルの電子書籍が売れる可能性を残しているので、まあまあ納得できる仕様と言えそうです。

 

いくつかサンプル的に並べておきます。

 

雑誌(98)

 

Kindle Single(15)

 

コミック(192)

 

光文社新書(40)

 

光文社古典新訳文庫(17)

 

単行本

 

旅行ガイド(英語)Lonely Planet (173)

 

語学書

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.