つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大童澄瞳『映像研には手を出すな!3』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

大童澄瞳『映像研には手を出すな!』待望の3巻の発売である。これほど、発売が待たれた作品はない。

通常の漫画であれば、ストーリー展開を楽しんだのち、あそこの場面は台詞がよかったとか、あの場面の構図は凄かったとか、ときどき印象的なシーンを読みかえす程度である。

 

しかし、『映像研には手を出すな!』の場合、一通り読み通したところがスタート地点である。ページのあちこちに隠された、無数のアイテムを発見しながら、一つのダンジョンとなっている本の探検が始まる。

 

たとえば、吹き出しの中の台詞が実に効果的に使われている。平面の奥行きを出すだけでなく、俯瞰の構図でも、下ほど小さくなる文字が、単に立体性を強調するだけでなく、読者に情動までも伝えてくる。要するに、エモいのである。

 

しかし、パースのついた文字は、いつでもどこでも始まるわけではない。日常的な空間が曲折し、ダンジョン化するシーンにおいて、その水平や、垂直の奥行きを強調するために、要所要所で効果的に用いられるのである。

 

橋の脇から階段を下り、暗渠の中を電撃三人娘が進む。探検ごっこが始まる場面でのパースつき文字は特に効果的だ。狭さや危険、恐怖感までも読者に伝えている。

(『映像研には手を出すな!3』p9)

 

あるいはちび森氏(幼少期の金森さやか)の回想が始まるとき。親戚が営む酒屋はまず俯瞰の構図で上からとらえ、次に店の奥から三人が入ってきた入り口方面を透視するかたちで用いられる。

(『映像研には手を出すな!3』p100)

 

最初時間的距離があるが、視点が登場人物と同化するや、たとえ俯瞰の構図であっても、パースつき文字は使われなくなる。次に使われるのは、映像研部室の吹き抜けスペースの中に、外部からの闖入者をとらえる時である。

 

『映像研には手を出すな!』の魅力の第二は、リアルな場面が、浅草みどりや水崎つばめが妄想し始めるや否や、SFアニメ世界の絵へと変化することである。暗渠の先の水没した都市の遺構は、多島海国家群、大アトランティス連合となり、その設定図が見開きで展開される。しかし、浅草みどりが転倒することで、最強の妄想世界は中断され、現実の空間へと引き戻される展開も秀逸だ。

 

『映像研には手を出すな!』の第三の魅力は、「電撃三人娘」のキャラ立ちした個性だ。通には、浅草みどりから「金の亡者」と呼ばれるリアリスト金森さやかのキャラクターが受けているが、個人的には断然浅草みどりである。というのも、丸に点を二つと、眉を表す直線二本、口を表す直線一本で顔を描くことのできる浅草みどりの千変万化の表情を、著者は描きわけているからだ。浅草みどりの表情は、そのまま内弁慶なヲタククリエイターの内面を、映し出す。

 

最強の世界を体現する場面での、少年漫画の主人公のようなどや顔、しかし、人前では一転して不安になる。ピンチには弱く、すぐにテンパって冷や汗を流す。だが、ひらめいたり好奇心の対象を発見すると突然に復活する。ときには仮性包茎的に自分の衣服の中に引きこもることもある。ときには、目の前が黒くタヌキになったり、額に三角巾をつけたり、芸が細かい。ドラえもん並のシンプルな造作で、これほど多様な感情表現を行った例は、見つけるのが困難だ。作者が浅草の表情を楽しんで描いているのがよくわかるのである。それに比べると、金森さやかも、水崎ツバメも表情のレパートリーがずっと少ない。

 

(『映像研には手を出すな!3』p130の浅草みどりの表情変化、懐古的な一枚目のみ鼻が現れ目もリアルに寄せている)

 

さて、この3巻では、第四のキャラクターが登場する。生徒会の依頼で、部室の退去を迫った音響研のたった一人の住人、百目鬼(どうめき)氏である。この出会いによって、新たなケミストリーが生じ、映像研はさらなるパワーアップを遂げることだろう。

 

第3巻は、(ビッグサイトでのコミケを連想させる)COMET-A538という外部イベントに、映像研が参加を決めるところから始まる。しかし、外部での金銭授受をよしとしない学校当局との間に対立が生じる。金森氏の弁舌をもってしてもなかなか手強いのである。さらに、DVD焼きを依頼した業者の問題も発覚するなど前途多難だ。この難局を、映像研はいかに乗り切るのか。さらに、業務提携した音響研の百目鬼氏との出会いによって、何が変わるのか。そしてコメットAの成否は。

 

第3巻では、さらに浅草みどりと金森さやかとのなれそめの場面や、幼い金森氏がいかにして現在の金銭感覚を身につけたかといった昔話や、芝浜高校の対岸の風景も初公開される。てっきり海だと思っていたあの場所が実は…

 

そんなわけで、着実に進化しながら、前に進み続ける映像研三人娘の活躍から目が離せない。第三巻のカバーも、「映像研部室ない備品配置は定期的に変化しているので用観察」だの、「芝浜高校にそびえる大きな円筒状の建物は図書館である」だの作者による

数々のトリビアが解説されているので、要チェックである。

 

Kindle版は6月22日配信

関連ページ:

大童澄瞳『映像研には手を出すな!』1,2

宮田珠己『東京近郊スペクタクルさんぽ』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略  ver.1.01

 

 

宮田珠己『東京近郊スペクタクルさんぽ』(新潮社)がめぐる場所の多くは、人々の住んでいるすぐそばにありながら、その凄さを知られずに埋もれているスポットである。要するに、知る人ぞ知る凄い場所。いわゆる風光明媚な絶景スポットというわけではない。というのも、三原山と小網代の森を除いて、これらの場所のいずれも自然のままの手つかずの場所ではないからである。

 

まず最初に訪れるのは、栃木県にある地底湖。実は大谷石の採掘場跡にできた湖である。町全体が大谷石の上にあるため、建材として重宝される大谷石をとるために、町中が穴だらけになってしまったのだ。

 

ある石材屋の裏の穴を見下ろすと、採掘した跡が切り立った崖となって、まるで香港の街のようである。

 

しかし、それは前触れにすぎなかった。地底湖は、人の出入りを拒むゲートの先にあった。

 

 フェンスでできたゲートの鍵を開けて中に入ると、正面には大きな岩山がそびえており、大きくくりぬかれていた。この町ではありとあらゆる岩はくりぬかれている。くりぬかれていないものは岩とは呼べないくらいだ。p27

 

さらにポツンポツンとランプの灯るスロープを下るとそこは地底湖だった。そこからラフティングボートに乗り込み、さらなる冒険の旅へと向かう。奥に進んだ後、ボートを下りる。

 

 上陸すると、そこにはまた別の空間があり、巨大な竪穴があって、その穴から太陽の光が降り注いでいた。

 われわれのいる位置から空は見えなかったが、たぶん先ほどの石材屋で覗き込んだ香港穴も中はこんなふうになっているのだろう。外気が暖かくなる夏には、この竪穴部分に雲ができるとマッハ氏が教えてくれた。p30

 

まるで、ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』ではないか。

 

続く第2章で訪ねるのも、地底500mの位置にある神流川発電所である。そのスケールの大きさは、宇宙戦艦ヤマトの地下格納庫を思わせる。

 

 部屋に入った瞬間、思わず、おおお、と声が出た。

 でかい。聞きしにまさるでかい穴だ。

 天井はアーチ状になっており、高さ52m。床の幅は33m、奥行き216mのやや高さのあるかまぼこ型の空間だ。

p45

 

実際には、宇宙戦艦ヤマトは全長265.8m高さ77m幅34.6mなのでもう一段拡張工事が必要である。

 

だからといって、一冊丸ごと人知らぬ地下をめぐる旅が続くわけではない。第3章では、堂々と街中に出てしまう。なんと江の島と大船を結ぶ湘南モノレールを訪れるのだ。ふだん通勤通学に使っている人には特に驚くべきものでもないのかもしれないが、このモノレールがすごいらしいのである。

 

モノレールには、跨座式と懸垂式がある。そしてモノレールはなんと言っても、懸垂式であるが、懸垂式は千葉モノレールと湘南モノレールしかない。ここで著者のモノレール愛が爆発する。

 

 モノレールにはレールに跨って走る跨座式と、レールにぶら下がって走る懸垂式があり、このぶら下がって走る懸垂式がどうにも痺れるのだ。

 なぜぶら下がっているモノレールがいいのか。

 跨座式モノレールは、モノレールといえどもレールの上を走る以上、電車の仲間であることが一目瞭然である。だが懸垂式は、電車の仲間と呼ぶにはためらいがある。車両の下にレールがなく、空を飛んでいるようなその姿は、電車とはなんだか違うものであり、むしろロープウェイの仲間というべきである。p55

 

千葉モノレールが平坦な市街地を通るのに対し、湘南モノレールは起伏のある地形を、最高速度75キロというもの凄い速度で駆け抜ける。まるでジェットコースターのように。

 

さらに、第8章では工場の中を走り抜ける岳南鉄道に乗車する。すべての駅から富士山が見えるのが売りだが、著者の気持ちは、間近に迫るくねくねと複雑に曲がりくねった工場の配管の方へと向かうのである。すると工場は、ジェットコースターが走り抜ける複雑な骨組みの遊園地と変わる。

 

では、『東京近郊スペクタクルさんぽ』がめぐるのは、もっぱら地下や地上の大がかりな人工の場所なのかというと、それを覆す例が第四章に現れる。ここで訪れることとなるのは、「波の伊八」と通称される社寺彫刻の巨匠である。あの葛飾北斎でさえ、波を描くのに参考にし、影響を受けたほどの名工。かくして著者一にカメラマンと編集者を加えた一行は、房総半島のあちこちに散在するという伊八の彫刻を訪ね歩くことになる。そのとき、新しい世界が読者の中でも開くことだろう。

 

マクロコスモスではなく、社寺の軒下に圧縮されたミクロコスモス(小宇宙)をそこに認めるのである。そして、第5章のもう一人の彫り師後藤義光をめぐる旅も、隠れキリシタンの残した魔鏡の訪問も、同じようなミクロコスモスへの旅である。それが、どうスペクタクルなのかは読んでのお楽しみである。

 

次から次へと、新しい趣向をこらして、驚くような場所が紹介され続ける。きわめつけは、かつて三原山の火口にゴンドラに乗って、二度にわたって数百メートル下まで下降したその記録の文章である。

 

午後4時15分  第二探検者真柄写真課長がカメラを持って降下を開始。


同19分    爆発あり。

       「灰降りかかり身体相当の暑さを感じたり」


同20分    ストップの電話。フィルムの交換。

                呼吸苦痛を訴えるが降下継続。


同25分          四百尺降下。爆発しきり。

              地上より上がってはどうかと打診。

              真柄課長哄笑して引き続き降下の返事。

p249

 

まともな神経ではないと思われるが、この後さらに驚くべき記述が続くのである。このおそるべき実験が行われたのは、昭和8年5月29日のことだった。そんな歴史の1ページも三原山の砂漠で蘇るのである。

 

こんな風に、十二の旅を、文章の中で追体験することで、読者は新しい場所を知るというよりも、新しい視点を獲得する。その視点こそは、私たちのすぐそばにある異界を発見する入り口にほかならない。

 

『東京スペクタクルさんぽ』は、常識に染まり驚きを忘れかけた私たちに、新たな好奇心の燃料を次々に投下してくれる好著である。

 

構成は以下の通り。

 

はじめに-----散歩の危機

第1章 地底湖とヘンテコな町

第2章 地下500mの巨大空洞

第3章 ジェットコースター・モノレール

第4章 もりあがる彫刻(波の伊八編)

第5章 ますますもりあがる彫刻(後藤義光編)

第6章 ジャングルとカニ

第7章 世にも奇妙な素掘りトンネル

第8章 工場のなかを走る電車

第9章 隠れキリシタンの魔境

第10章 渓谷と森の番人

第11章 本物の砂漠を見に(前編)

第12章 本物の砂漠を見に(後編)

あとがき

参考文献

 

「第3章 ジェットコースター・モノレール」 「第7章 世にも奇妙な素掘りトンネル」は、リンク先でプロモーション動画を見ることができます。

 

 

出水ぽすか・白井カイウ 『約束のネバーランド』(1〜9)

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

『約束のネバーランド』の世界

 

『約束のネバーランド』は、白井カイウ原作、出水ぽすか漫画によるコミックである。2016年より少年ジャンプに連載され、今まででコミック単行本は9巻まで刊行されている。

 

進行中の物語の全体を、完全にネタバレを回避しながら、語ることは不可能である。次の巻の初期設定には、その前の巻の帰結が含まれるからだ。できるのは、その物語の中で生じる問いのみを語り、それに対する答えを空白にすることくらいだろう。ここでは、1〜3巻のあらすじと、9巻の前半の流れを、中途の経過を空白にしながらまとめることにする。

 

 その孤児院には38人の孤児たちが幸せに暮らしていた。母と慕われるイザベラ、子どもたちも優秀で、日々ハイレベルな学科試験を課されていたが、それを易々とクリアし満点をとる三人の子どもがいた。エマノーマンレイ

 

だが、それは見かけにすぎなかった。ある夜、里親の元へと送り出されようとした子が忘れたぬいぐるみを届けようとしたエマとノーマンは、その子が、惨殺された姿を見てしまう。そして、この施設が実は、鬼と呼ばれる異形の者たちの食用に子どもを育てるファームであったことを知るのだった。

 

恵まれた教育環境も、実は心身が健全に育った子供ほど、高価で取引きされるためだった。どんなに優秀であっても12歳になると強制的にみな出荷されてしまう。出荷される前に、この場所を逃げ出さねばならない。そして、それまでは悟られないようにしなくてはいけない。

 

しかし、すべての子どもを連れて逃げるのは至難の業だ。少数で逃げようと主張するノーマン、そして全員で逃げるべきだと自説を曲げないエマ。

 

刻一刻出荷の時期は迫っていた。そして、この秘密を知ることになったレイは?

 

そんなおり、機先を制するように、新たな女性クローネがメイドとしてやってくる。彼女の役割は、もちろん子どもたちの監視だった。けれでも、その陰で彼女はエマたちに協力を持ちかけるのだった。さらに、子どもたちの中に内通者が紛れ込んでいる疑惑が生まれる。

 

戸外での遊び時間を利用して、子どもたちは脱走の訓練を積む。はたして彼らこの施設から抜け出すことができるのか。

 

そして、外の世界で無事に生きのびることができるのか。頼りになるのは、図書館の本の中に、暗号として示されたウィリアム・ミネルヴァという人物のメッセージだった。そこに書かれた場所へ行けば、何とかしてもらえるにちがいない。そんな一縷の希望を抱きながら、エマ、ノーマン、レイは、逃亡の準備を進めるが、ノーマンの出荷の時期は目の前に迫っていた…

 

『進撃の巨人』同様、『約束のネバーランド』が描き出すのは、この社会のグロテスクな陰画である。最も愛し、信頼できるはずの保護者が、実は敵であった。もはや、ホームは安住の地ではない。身につけた知識や能力も、市場で自分たちの商品価値を高めるためのものにすぎなかった。しかし、この知識や能力をフル動員しながら、自分たちの残酷な運命から逃れようとするのである。

 

外の世界は、より怖ろしい敵が跋扈する弱肉強食の世界であるが、そこには自由がある。そして、出会えるかどうか確かでないが、味方もいる。敵のように見える味方もいれば、味方のように見える敵もいるだろう。それを見分けながら、相手の思惑を知りつつも逆にそれを利用しながら、したたかに生き延びてゆくしかないのである。

 

そして第9巻で世界は動く

 

第9巻の冒頭では、外の世界に出たエマとレイは、ウィリアム・ミネルヴァの示した約束の場所に向かおうとして、はぐれてしまう。エマのみが、鬼たちの餌場である街へと迷い込んでしまったのだ。そこは、一定の時間だけ、人間が鬼によって狩られる街だった。そこで、エマは、鬼の支配に抵抗する若者たちへと出会い、合流する。

 

そこで、ウィリアム・ミネルヴァの正体も、世界の数々の謎も解き明かされるのだった。どうすればよいのか、その指針を得たエマたちは、鬼たちの支配から逃れるために必死の戦いを挑むことになる。敵は、動物のように本能のまま暴走する鬼ではなく、人間の言葉を解し、文明を持った手強い知性鬼だ。

 

ル―チェ、双子のノウスノウマ、重鎮のバイヨン、そして、最強の敵、レウウィス

 

相互に相手の手の内を読みながらの知能と武器を駆使した壮絶な戦いが始まろうとしていた…

 

neverland

    Kindle版

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.