つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
飲茶『飲茶の「最強!」のニーチェ』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

ニーチェは日本人にとって最も親しみやすい哲学者の一人だが、『飲茶の「最強!」のニーチェ 幸福になる哲学』(水王舎)は、『史上最強の哲学入門』や『14歳からの哲学入門』などの著作で絶大な人気を誇る飲茶によるニーチェの入門書である。

 

これまでも著者は『史上最強の哲学入門』でも、『14歳からの哲学入門』でも、ニーチェについて語ってきた。『史上最強の哲学入門』では、哲学史の流れを形作る四つの問いのうち神をめぐる問いの中で扱い、『14歳からの哲学入門』では、「哲学」という中二病の系譜の筆頭としてニーチェを挙げ、ニヒリズムの克服と永劫回帰の思想を中心に解説した。本書では、それらを統合した上で、さらに深化させながら、よりわかりやすい解説を試みている。

 

『飲茶の「最強!」のニーチェ』の大きな特徴は、もともと受験国語のカリスマであった出口汪の『「最強」の』シリーズの一環として、先生と女生徒との対話の形で書かれていることにある。ときに読者をリラックスさせる脱線を含みながらも、よく知らない初心者の素朴な疑問を解消すべく、次々とツッコミを入れさせ、それに対して答えてゆくという形式をとっている。

 

もともと対話形式は、古代ギリシャの時代のプラトンの一連の『対話篇』以来哲学をわかりやすく語るために、しばしば用いられてきた伝統的な手法であるので、そこに何の違和感も感じない。

 

とはいえ、概念と概念を論理的につなぎ説明するだけでは、普通の人の頭には、お経のようにしか聞こえない。それを、私たちの生きる日々の生活や現実へととことん落とし込むことで、可能な限りわかりやすいニーチェの入門書となっているのである。

 

著者が、まず冒頭で語るのは黒哲学と白哲学の区別である。黒哲学なんて言葉一度も聞いたことがない人が大多数だろう。実際、そんな概念は、これまで誰も語ったことがなかったが、内容は容易に見当がつく。

 

白哲学とは、心の中に描かれた真・善・美など、きれいごと、理念の世界を語る哲学である。いわゆる形而上学の流れがこれに属し、一種の建前の哲学である。

 

これに対し、黒哲学とは、美しい天上の世界より地上のダークサイドへ落ちた哲学。概念から出発することなく、私たちの置かれたシビアな現実より出発する哲学、本音の哲学、具体的には、ニーチェやキルケゴールより始まり、サルトルやハイデガーに至るいわゆる実存の哲学のことである。

 

ニーチェの哲学は、まずキリスト教の思想の批判である。神があるとかないとかの有無が本当の問題ではなく、そこでは弱者を弱者のままにとどめながら、心理的な満足を与えるような人々を隷属へと導く哲学が語られていることが重要なのだ。いわゆるルサンチマン(怨恨)の思想である。

 

しかし、「神は死んだ」と高らかに宣言し、神の偶像を破壊したとしても、あとに残るのは、めざすべき価値を喪失したニヒリズムではないか(末人)。このニヒリズムの克服こそが、ニーチェの最大の課題であった。かくして導入される「超人」や「永劫回帰」の思想とは、「大いなる正午」とは、そして「力への意志」とはいかなるものなのか。誰も試みたことがないやり方で、著者は解説することであろう。

 

飲茶の哲学は、あれこれの解釈の受け売りではなく、完全に納得ゆくまで自分の頭でとことん考え抜くことによって、生み出されたものだ。そして、その習慣は、思春期のある経験から来ている。ニーチェはその原点でもある。

 

『飲茶の「最強!」のニーチェ』の第五章の中で、著者はこれまで一度も行ったことがないある告白を行っている。きわめてドゥルーズ=ガタリ的とも言えるある障害ゆえに、周囲とのコミュニケーションに苦しみ続けた少年時代、別のある障害をもった、ニーチェを愛読する少女と出会い、そこで自分ももっと自由に生きてよいのだと、光を見出したのが哲学との出会い、ニーチェとの出会いであった。哲学とは、まさに著者にとって、絶望から希望へと至る導きの糸であったことを私たちは初めて知る。

 

つまり、著者にとっては、「生きるためのニーチェ」であったのだ。そんな著者によって語られるニーチェが面白くないわけがない。そして、そこで語られる哲学の世界とは、実は動物的感覚的所与の世界によって、人間的な意味の世界を宙づりにしてみせた養老孟司の『遺言。』ともきわめて近い世界である。

 

『飲茶の「最強!」のニーチェ』は、単なるニーチェについての本ではなく、哲学の基本的な考え方を身につけ、生きることの価値を学ぶことのできる書物なのである。

 

関連ページ:

飲茶『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』

飲茶『14歳からの哲学入門』

飲茶『史上最強の哲学入門』

目次

索引


著者別索引コミック編1【ア〜ト】 著者別索引コミック編2【ナ〜ワ】

小説
LOVE STORIES (gooブログ)
「ホワイトラブ」1
  2   3    4    
6   7   8   9  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
供屮據璽僉璽螢譟璽轡腑鵝1, 2, 3, 4, 56, 78,  9,  10, 11-12, 13-14, 15, 16-17,  18,19
掘峺諺杪╋酋福1, 2, 3, 4, 5 6, 7, 8, 9,10,11, 12, 13, 14,15,16,17,18,19
メディア

Books
474.ラルフ・ミレ―ブス『バイコヌール宇宙基地の廃墟』
473.田中圭一『Gのサムライ』
472.宮城公博『外道クライマー』
471.山本崇一郎『からかい上手の高木さん』1〜3
470.速水健朗『東京どこに住む?住所格差と人生格差』 
469.勝間和代『2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム』
468.隈研吾『建築家、走る』
467.三部けい『僕だけがいない街 8』
466.福島香織『SEALsと東アジア若者デモってなんだ!』
465.ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』
464.松井優征・佐藤オオキ『ひらめき教室』 
463.清野とおる『増補改訂版 東京都北区赤羽 1』
462.佐々木敦『ニッポンの文学』 
461.桜木武史『シリア 戦場からの声』
460.平野啓一郎『マチネの終わりに』
456.町田康『リフォームの爆発』
455.諌山創『進撃の巨人 19』
454.安田寛『バイエルの謎』 
453.松井優征『暗殺教室 19』
452.万城目学『バベル九朔』 
451.二ノ宮知子『87CLOCKERS 8』 
450.佐々木敦『例外小説論』
449.落合陽一『これからの世界をつくる仲間たちへ』
  PART2 魔法使いになる方法
448.甲斐谷忍『無敵の人 機 
447.堀江貴文責任編集『堀江貴文という生き方』
446.瀬谷ルミ子『職業は武装解除』
445.万城目学『ザ・万字固め』
444.宮崎克×あだちつよし『怪奇まんが道』
443.大崎善生『聖の青春』 
442.松井優征『暗殺教室 18』
441.堀江貴文『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』
440.森山高至『非常識な建築業界 「どや建築」という病』
439.森博嗣『作家の収支』
438.安田菜津記『それでも、海へ』
437.岡本亮輔『聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで』
436.桐木憲一『東京シャッターガール』(1〜3)
435.松浦儀実・渡辺保裕『神様がくれた背番号』(1〜3)
434.落合陽一『魔法の世紀』
433.斎藤孝『語彙力こそが教養である』
432.三部けい『僕だけがいない街 7』
431.桜木紫乃『ホテルローヤル』
430.危険地報道を考えるジャーナリストの会編『ジャーナリストはなぜ戦場」へ行くのか』
429.高野秀行・清水克行『世界の辺境とハードボイルド室町時代』
428.米澤穂信『王とサーカス』
427.岩井俊二『リップヴァンウィンクルの花嫁』 
426.和合亮一『詩の寺子屋』 
425.江川紹子『もか吉、ボランティア犬になる。』
424.松井優征『暗殺教室 17』
423.米澤穂信『真実の10メートル手前』
422.一色まこと『ピアノの森 26』
421.ユリイカ 1月臨時増刊号 総特集 坂口恭平
420.あだち充『MIX 8』
419.ヤマザキマリ『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』
418.村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』 
417.東野圭吾『人魚の眠る家』
416.水木しげる『私はゲゲゲ』 
415.西尾維新『掟上今日子の備忘録』 
414.舘野仁美『エンピツ戦記』
413.岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』
412.増田俊也・一丸『七帝柔道記 2』
411.ウエルベック『服従』
410.國分功一郎監修『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』
         『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』2(A-F) 
409.二ノ宮知子『七つ屋しのぶの宝石匣 2』
408.島田裕巳・中田考『世界はこのままイスラーム化するのか』
407.小林よしのり・宮台真司・東浩紀『戦争する国の道徳』
406.伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』
405.和夏弘雨×碧海景『火葬場のない町に鐘が鳴る時 3』
404.出口治明『人生を面白くする本物の教養』

403.保坂和志・小沢さかえ『チャーちゃん』

402.朝井リョウ『武道館』
401.森田真生『数学する身体』
400.吉本ばなな『ふなふな船橋』

      吉本ばなな『ふなふな船橋』PART2(固有名詞辞典)
399.上杉隆『悪いのは誰だ!新国立競技場』

398.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 12』
397.小橋めぐみ『恋読 本に恋した2年9ヶ月』
396.会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
395.飲茶『14歳からの哲学入門』

394.板垣恵介『刃牙道 8』
393.星野智幸『呪文』
392.辻田真佐憲『たのしいプロパガンダ』

391.松井優征『暗殺教室 16』
390.坂口恭平『家族の哲学』 
389.石川美子『ロラン・バルト』
388.羽海野チカ『3月のライオン 11』

387.村上春樹『職業としての小説家』

386.羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
385.二ノ宮知子『87CLOCKERS 7』
384.古市憲寿『保育園義務教育化』

383.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 掘

382.又吉直樹『東京百景』
 PART2(地名辞典)

381.ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』
380.畑中章宏『『日本残酷物語』を読む』

379.村上春樹『村上さんのところ』
 PART2(人名・作品名辞典)
378.辻田真佐憲『ふしぎな君が代』
377.三部けい『僕だけがいない街 6』

376.藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』
375.坂口恭平『幸福な絶望』

 PART2(地名索引) 
 PART3(人名索引)
 
   PART4 (書名索引)

 PART5 (音楽・映画索引)
 坂口恭平の熊本ーそれからー NEW!
374.板垣恵介『刃牙道 6』 
373.堤未果『沈みゆく大国 アメリカ <逃げ切れ!日本の医療>』
372.五十嵐泰正・開沼博編『常磐線中心主義』
371.松井優征『暗殺教室 15』

370.伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
369.岸政彦『断片的なものの社会学』
368.吉田修一『森は知っている』
367.甲野義紀『今までにない職業をつくる』
366.増田俊也編『肉体の鎮魂歌』
365.和夏弘雨『火葬場のない町に鐘が鳴る時』1、2
364.伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』
363.北条かや『整形した女は幸せになっているのか』
362.津田大介×西きょうじ『越境へ。』
361.又吉直樹『第二図書係補佐』
360.茂木健一郎『東京藝大物語』
359.あだち充『MIX 7』 
358.堀江貴文『あえて、仕事から外れる。逆転の仕事論』

357.吉川浩満『理不尽な進化』
356.椹木野衣『アウトサイダー・アート入門』
355.松井優征『暗殺教室 14』
354.黒柳徹子『トットひとり』
353.東野圭吾『ラプラスの魔女』
352.福島香織『本当は日本が大好きな中国人』
351.田中圭一『神罰 1.1』 
350.國分功一郎『近代政治哲学』
349.米澤穂信『満願』

348.海堂尊『スリジエセンター1991』
347.増田俊也×一丸『七帝柔道記 1』

346.千葉雅也監修『哲子の部屋掘
345.高橋源一郎『デビュー作を書くための超「小説」教室』
344.國分功一郎監修『哲子の部屋 供 
343.荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の漫画術』
342.國分功一郎監修『哲子の部屋 機
341.柴崎友香『パノララ』
340.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 10』
339.常岡浩介『イスラム国とは何か』

338.ヤマザキマリ『国境のない生き方』
337.水道橋博士『藝人春秋』(文春文庫版) 
336.大塚明夫『声優魂』

335.國分功一郎『暇と退屈の倫理学』(1)
                   『暇と退屈の倫理学』(2)

334.鈴木みそ『ナナのリテラシー 1』
332.又吉直樹『火花』

331.ニコ・ニコルソン『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』
330.中森明夫『寂しさの力』
329.岩田健太郎『サルバルサン戦記』
328.橋本幸士『超ひも理論をパパに習ってみた』
327.福島香織『中国複合汚染の正体』 
326.猪瀬直樹『救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人』

325.谷本真由美×ポール・ロブソン『添削!日本人の英語 PART2
324.坂口恭平『ズームイン、服!』

323.荒川弘×田中芳樹『アルスラーン戦記 3』
322.内藤正典『イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北』
321.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 供
320.苫米地英人『『21世紀の資本論』の問題点』
319.阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

318.三部けい『僕だけがいない街 5』
317.増田俊也『VTJ前夜の中井祐樹』
316.水野敬也『夢をかなえるゾウ 3』
315.岩崎夏海『『もしドラ』はなぜ売れたのか?
314.フランソワ・ヌーデルマン『ピアノを弾く哲学者』 

313.あだち充『MIX 6』

312.石田衣良『余命一年のスタリオン』
311.諌山創『進撃の巨人 15』
310.アレックス・カー『ニッポン景観論』

309.浦沢直樹・長崎尚志『MASTERキートン Reマスター』
 
308.倉方俊輔・柴崎友香『大阪建築 みる・あるく・かたる』
307.坂口恭平『隅田川のエジソン』

306.貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン 14』
 
305.堀江貴文&テリヤキ編集部『ばかウマ』
304.板垣恵介『刃牙道 3』

303.岩田健太郎『「感染症パニック」を防げ!』
302.二ノ宮知子『七つ屋志のぶの宝石匣 1』 
301.辨野義巳『大便通』
300.船曳健夫『旅する知』

299.柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』

298.増田俊也・原田久仁信『KIMURA 4』

295.唐橋ユミ『わたしの空気のつくりかた』

294.海堂尊『アクアマリンの神殿』 
293.一色まこと『ピアノの森 25』
292.辻田真佐憲『日本の軍歌』
291.平野啓一郎『「生命力」の行方』
290.川村元気『億男』
289.勝間和代『稼ぐ話力』
288.ニック・ビルソン『ツイッター創業物語』
287.Jay.他『SHERLOCK ピンク色の研究』
286.松井優征『暗殺教室 11』
285.伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
284.小山宙也『宇宙兄弟 24』 
283.瀬戸内寂聴・堀江貴文『死ぬってどういうことですか?』 
282.早野龍五・糸井重里『知ろうとすること。』 
281.中井祐樹『希望の格闘技』
280.万城目学『悟浄出立』 
279.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 9』 
278.坂口恭平『現実脱出論』
277.坂口恭平『坂口恭平 躁鬱日記』
276.原田久仁信・増田俊也『KIMURA 3』
275.常見陽平『リクルートという幻想』
目次 | 11:37 | comments(1) | - | - |
三田紀房『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田紀房流マンガ論』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称陸

 

 

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田紀房流マンガ論』(コルク)は、『ドラゴン桜』や『インベスターZ』『アルキメデスの大戦』などの作品で知られるマンガ家三田紀房のマンガ論である。現在のところKindle版のみで紙の本は出版されていない。

 

もともとストーリー漫画の中にビジネス書の内容を取り入れた作風ゆえに、これまでも三田紀房は、コミック以外にビジネス書をいくつか出版してきた。それらは、『ドラゴン桜』の主人公である桜木健二が書いたという体裁をとり、あくまでリサーチに基づいた一般論としてビジネスや受験の成功法を説くものであった。

 

この『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』は、三田紀房自身の25年にわたる漫画家人生の体験に基づいているため、主張自体は大きな差がないものの、これらのビジネス書とは一線を画するものだ。

 

まったくズブの素人でありながら、なぜ金のために漫画家になろうとしたのか。

いかにして、徹夜が常識であるマンガ業界で、その日のうちに作業が終わる方法に転じたのか。

マンガに必要なネタはどのようにして拾うのか。

競争の激しいマンガ界において、いかにして飽きられることなく、生き延びてきたのか。

 

そういったマンガ家としての成功のためのエッセンスが、この一冊にコンパクトにまとめられている。

 

三田紀房の成功法は、意識高い系の逆張りとは正反対のオーソドックスなものであったが、漫画家の場合も、天才肌の人間の超人的な努力やひらめき、独創性への試行錯誤には背を向け、誰でもが実行可能なベタな方法の徹底こそが、成功への近道という点で一貫している。

 

何よりも大事なことは、作品を作ること、作り続けることであり、それを妨げ、描かないことの口実になるようなこだわりの一切は不毛である。そうしたこだわりを捨て、ベタな作品を作ることで、マンガを描かない、作品を作らないという最大の障害がなくなるのである。

 

 読者のニーズとは関係ない「単なる自己満足」のために複雑な手法に手を出して、時間をかけるのはムダなことだ。自信を持てないことには、最初から手を出さない。迷う要因になりそうなことを排除する。

 

そしてマンガのように集団で作品を作る上で大事なのは、仕組みをつくることである。日本的な根性論では、環境を十二分に整えることで働くモチベーションをあげるアメリカ方式には勝てないのである。

 

「個人の頑張り」に成果をゆだねている限り、パフォーマンスは上がらない。組織のパフォーマンスを上げたいなら、やはり社員の行動を変える「仕組み化」が欠かせないのである。

 

分業を進め、もしも可能なら、作業は外注してしまっても構わない。

 

また他人のやり方の模倣さえも、どんどん取り入れてゆけばよいし、そのことを恥じる必要もない。自ら手法をパクった例として、天王寺大と郷力也の『ミナミの帝王』を挙げている。

 

 私は『ミナミの帝王』を読み込んで研究し、3つの手法を取り入れることにした。1つ目は登場人物の「デカイ顔」。そしてその横に書かれた「決めゼリフ」。『ドラゴン桜』でいえば「東大は簡単だ!」のような印象的な台詞を毎回1つ入れるように心掛けた。3つ目は、ベタな絵を使った「比喩」で状況を説明する手法だ。

 

ベタな表現はダサく見える。しかし、読者に与えるインパクトを大きくする方が、洗練された表現にこだわるよりも重要なのだ。

 

漫画家になる上で、重要なのは打席に立ちづづけること、自ら表現のハードルを上げることなく描き続けることである。この点において、三田の主張は、作中にもしばしば実名で登場する堀江貴文の『バカは最強の法則』と共通するものがある。

 

その次に大事なのは、最初の企画である。誰もが思いつくものではなく、もっと狭く針の穴のように絞りこむこと、世間の逆張りをすること、異質の二つのものを組み合わせること、といった手法が語られる。それさえあれば、自然にキャラクターが動いてゆく。

 

この本の中身は、十章に分かれているが、各章が短いので、全体を一時間とかからず読み終えることができるだろう。

 

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田紀房流マンガ論』は、漫画にかぎらず、音楽、小説、絵画など、クリエイティブな世界での成功を目指す人にとっての必読書とも言える。この本を読んだのちには、やるべきなのは、終わりのない頭の中のリハーサルや練習ではなく、作品をつくり発表することしか残らないはずだ。

 

PS 『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術』が量的に物足りない人には電子化された旧著の中でも『成功の五角形で勝利をつかめ!』が一番オリジナリティがあり、内容が充実している。ここには、なぜ学校の教科書が役に立つのか、五教科すべてが大事なのか、文系と理系の区別が意味がないのか、部活動は何の役に立つのかなど、十代の学生や、その保護者が必ず突き当たる問題へのクリアな解答が与えられているからである。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.