つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
松山洋平『イスラーム思想を読みとく』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

 

日本人がイスラーム思想を理解するには多くの困難が伴う。その困難は、必ずしも日本人がキリスト教思想を理解する困難とは同じではない。日本人がイスラーム思想を正しく理解できないのは、自ら養ってきた宗教観をイスラームに投影するからである。

 

日本人の宗教観は、宗教を単に心の中で信仰することではなく、信仰と何らかの儀式を実践する「技術の体系」を同一視することにある。

 

つまり、宗教が説くある行為を行うことが信仰と表裏一体としてとらえるのである。逆に、その行為を行わないことは、その宗教を捨てることに直結する。そのように日本人はとらえようとする。

 

 「信仰の有無」と「行為の正当性」を分けて考えられないため、「或る行為をする者がムスリムである」=「その行為はイスラームで正当化された行為である」と考えてしまうのです。p41

 

そこから次のような発想も来る。

 

イスラームで禁じられた酒を飲むことと、ムスリムであることは両立しない。

 

『クアルーン』でジハード(聖戦)を説いているゆえに、すべてのムスリムはテロリストである。あるいは、もしもイスラームの教えにテロリストが反するのなら、これを破門しないのはおかしい。

 

しかし、実際には飲酒をやめないムスリムは存在するが、その事実によって彼らがイスラームをやめたり、資格を失ったりすることはない。なぜなら、ムスリムであるためには、心の中でアッラーを信じるということ以外何も必要ないからである。

 

また、テロリストたちが、穏健なムスリムとは、考え方を異にすることはあっても、それによって破門されることもない。そもそも中心となる権威としての教会そのものが存在しないのである。

 

こうした、日本人の発想からは到底理解できないイスラームの発想を重点的に解説したのが、松山洋平『イスラームの思想を読みとく』(ちくま新書)である。

 

序章 日本のイスラーム理解および第一章 ムスリムはなぜ「過激派」を破門しないのか?では徹底して、こうした誤解をその発想の根源にまで遡りながら、解消させるべく丁寧な解説が行われる。

 

さらに第二章 イスラームマップを読みとくでは、イスラームのうちのスンナ派内の流派と考え方の相違について系譜学的な説明が行われる。大きくわけると、スンナ派には思弁神学の流れと、反思弁神学の流れとしての「ハディースの徒」にがある(ハディースとはムハンマドや教友らの言行録)。さらに「ハディースの徒」より派生した「サラフ主義」と「ジハード主義」(アルカイーダ、IS)が説明される。

 

「思弁神学」というのは、神学的な論争を行うさいに、「クルアーンやハディーズの引用」のみならず「理性にもとづく論理的な立論」を神学の典拠として尊重する潮流のことです。(…)

「思弁神学」の潮流に対峙するもうひとつの潮流は、「ハディーズの徒」と呼ばれます。(…)こちらの潮流は、思弁哲学の潮流に属する学派とは異なり、「理性にもとづく論理的な立論」を神学の一次的典拠とすることには反対します。クルアーンやハディースといったテキストの文言と、理性にもとづく論理的な立論を併用するのではなく、あくまでテクストの文言のみを第一の典拠にするべきだと考えます。p105

 

そして第三章 「穏健派」と「過激派」の見解の相違はどこにあるのか?では、ISなどの「過激派」と「穏健派」の、カリフやジハードをめぐる考え方の相違がどこにあるのかが説明される。IS行為の不当性は議論されても、カリフ制やジハードそのもの正当性は疑われることはないのがイスラームの世界である。

 

第四章 解釈の正当性をめぐる問いでは、時代に応じたイスラームの教えの解釈の鍵となる、イジュティハードとタクリードについて説明が行われ(イジュティハードは議論の活性化に、タクリードは硬直化につながる)、さらに宗教市場自由化など今後の展望が与えられることだろう。

 

  イジュティハードとは、j-h-dを語根とする動詞“jitahada”の動名詞で、「法学者が、個別的な典拠(を精査すること)をつうじて、法規定を演繹することに最善の努力を尽くすこと」を意味します。

簡単に言えば、特定の問題についての適切な典拠を見つけ出し、特定の解釈を独自に/自力で導き出すことを意味します。

  一方のタクリードは、q-l-dを語根とする動詞“qallada”の動名詞で、「証拠や典拠を知ることなく、他人の見解に従うこと」を意味します。pp199-200

 

イスラームの基本的なロジックについては、中田考の一連の著作によって詳しく解説されているが、その解説そのものがイスラームの内的なロジックをていねいに説明するものであるため、ふだんイスラームになじみのない人間には釈然としない部分が多く残る。本書の序章および第一章は、特にそうした日本人の宗教的なバックグラウンドから生じる疑問点を解消すべくカスタマイズされており、他のどの書物よりもわかりやすいイスラーム入門書となっている。また、第二章以降読むことで、イスラーム内部にある考え方の多様性と、それぞれにある内的なロジック、イスラームの世界で起きていることが格段に理解できるようになることだろう。

 

 

目次

索引


著者別索引コミック編1【ア〜ト】 著者別索引コミック編2【ナ〜ワ】

小説
LOVE STORIES (gooブログ)
「ホワイトラブ」1
  2   3    4    
6   7   8   9  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
供屮據璽僉璽螢譟璽轡腑鵝1, 2, 3, 4, 56, 78,  9,  10, 11-12, 13-14, 15, 16-17,  18,19
掘峺諺杪╋酋福1, 2, 3, 4, 5 6, 7, 8, 9,10,11, 12, 13, 14,15,16,17,18,19

Books
474.ラルフ・ミレ―ブス『バイコヌール宇宙基地の廃墟』
473.田中圭一『Gのサムライ』
472.宮城公博『外道クライマー』
471.山本崇一郎『からかい上手の高木さん』1〜3
470.速水健朗『東京どこに住む?住所格差と人生格差』 
469.勝間和代『2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム』
468.隈研吾『建築家、走る』
467.三部けい『僕だけがいない街 8』
466.福島香織『SEALsと東アジア若者デモってなんだ!』
465.ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』
464.松井優征・佐藤オオキ『ひらめき教室』 
463.清野とおる『増補改訂版 東京都北区赤羽 1』
462.佐々木敦『ニッポンの文学』 
461.桜木武史『シリア 戦場からの声』
460.平野啓一郎『マチネの終わりに』
456.町田康『リフォームの爆発』
455.諌山創『進撃の巨人 19』
454.安田寛『バイエルの謎』 
453.松井優征『暗殺教室 19』
452.万城目学『バベル九朔』 
451.二ノ宮知子『87CLOCKERS 8』 
450.佐々木敦『例外小説論』
449.落合陽一『これからの世界をつくる仲間たちへ』
  PART2 魔法使いになる方法
448.甲斐谷忍『無敵の人 機 
447.堀江貴文責任編集『堀江貴文という生き方』
446.瀬谷ルミ子『職業は武装解除』
445.万城目学『ザ・万字固め』
444.宮崎克×あだちつよし『怪奇まんが道』
443.大崎善生『聖の青春』 
442.松井優征『暗殺教室 18』
441.堀江貴文『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』
440.森山高至『非常識な建築業界 「どや建築」という病』
439.森博嗣『作家の収支』
438.安田菜津記『それでも、海へ』
437.岡本亮輔『聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで』
436.桐木憲一『東京シャッターガール』(1〜3)
435.松浦儀実・渡辺保裕『神様がくれた背番号』(1〜3)
434.落合陽一『魔法の世紀』
433.斎藤孝『語彙力こそが教養である』
432.三部けい『僕だけがいない街 7』
431.桜木紫乃『ホテルローヤル』
430.危険地報道を考えるジャーナリストの会編『ジャーナリストはなぜ戦場」へ行くのか』
429.高野秀行・清水克行『世界の辺境とハードボイルド室町時代』
428.米澤穂信『王とサーカス』
427.岩井俊二『リップヴァンウィンクルの花嫁』 
426.和合亮一『詩の寺子屋』 
425.江川紹子『もか吉、ボランティア犬になる。』
424.松井優征『暗殺教室 17』
423.米澤穂信『真実の10メートル手前』
422.一色まこと『ピアノの森 26』
421.ユリイカ 1月臨時増刊号 総特集 坂口恭平
420.あだち充『MIX 8』
419.ヤマザキマリ『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』
418.村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』 
417.東野圭吾『人魚の眠る家』
416.水木しげる『私はゲゲゲ』 
415.西尾維新『掟上今日子の備忘録』 
414.舘野仁美『エンピツ戦記』
413.岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』
412.増田俊也・一丸『七帝柔道記 2』
411.ウエルベック『服従』
410.國分功一郎監修『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』
         『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』2(A-F) 
409.二ノ宮知子『七つ屋しのぶの宝石匣 2』
408.島田裕巳・中田考『世界はこのままイスラーム化するのか』
407.小林よしのり・宮台真司・東浩紀『戦争する国の道徳』
406.伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』
405.和夏弘雨×碧海景『火葬場のない町に鐘が鳴る時 3』
404.出口治明『人生を面白くする本物の教養』

403.保坂和志・小沢さかえ『チャーちゃん』

402.朝井リョウ『武道館』
401.森田真生『数学する身体』
400.吉本ばなな『ふなふな船橋』

      吉本ばなな『ふなふな船橋』PART2(固有名詞辞典)
399.上杉隆『悪いのは誰だ!新国立競技場』

398.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 12』
397.小橋めぐみ『恋読 本に恋した2年9ヶ月』
396.会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
395.飲茶『14歳からの哲学入門』

394.板垣恵介『刃牙道 8』
393.星野智幸『呪文』
392.辻田真佐憲『たのしいプロパガンダ』

391.松井優征『暗殺教室 16』
390.坂口恭平『家族の哲学』 
389.石川美子『ロラン・バルト』
388.羽海野チカ『3月のライオン 11』

387.村上春樹『職業としての小説家』

386.羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
385.二ノ宮知子『87CLOCKERS 7』
384.古市憲寿『保育園義務教育化』

383.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 掘

382.又吉直樹『東京百景』
 PART2(地名辞典)

381.ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』
380.畑中章宏『『日本残酷物語』を読む』

379.村上春樹『村上さんのところ』
 PART2(人名・作品名辞典)
378.辻田真佐憲『ふしぎな君が代』
377.三部けい『僕だけがいない街 6』

376.藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』
375.坂口恭平『幸福な絶望』

 PART2(地名索引) 
 PART3(人名索引)
 
   PART4 (書名索引)

 PART5 (音楽・映画索引)
 坂口恭平の熊本ーそれからー NEW!
374.板垣恵介『刃牙道 6』 
373.堤未果『沈みゆく大国 アメリカ <逃げ切れ!日本の医療>』
372.五十嵐泰正・開沼博編『常磐線中心主義』
371.松井優征『暗殺教室 15』

370.伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
369.岸政彦『断片的なものの社会学』
368.吉田修一『森は知っている』
367.甲野義紀『今までにない職業をつくる』
366.増田俊也編『肉体の鎮魂歌』
365.和夏弘雨『火葬場のない町に鐘が鳴る時』1、2
364.伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』
363.北条かや『整形した女は幸せになっているのか』
362.津田大介×西きょうじ『越境へ。』
361.又吉直樹『第二図書係補佐』
360.茂木健一郎『東京藝大物語』
359.あだち充『MIX 7』 
358.堀江貴文『あえて、仕事から外れる。逆転の仕事論』

357.吉川浩満『理不尽な進化』
356.椹木野衣『アウトサイダー・アート入門』
355.松井優征『暗殺教室 14』
354.黒柳徹子『トットひとり』
353.東野圭吾『ラプラスの魔女』
352.福島香織『本当は日本が大好きな中国人』
351.田中圭一『神罰 1.1』 
350.國分功一郎『近代政治哲学』
349.米澤穂信『満願』

348.海堂尊『スリジエセンター1991』
347.増田俊也×一丸『七帝柔道記 1』

346.千葉雅也監修『哲子の部屋掘
345.高橋源一郎『デビュー作を書くための超「小説」教室』
344.國分功一郎監修『哲子の部屋 供 
343.荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の漫画術』
342.國分功一郎監修『哲子の部屋 機
341.柴崎友香『パノララ』
340.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 10』
339.常岡浩介『イスラム国とは何か』

338.ヤマザキマリ『国境のない生き方』
337.水道橋博士『藝人春秋』(文春文庫版) 
336.大塚明夫『声優魂』

335.國分功一郎『暇と退屈の倫理学』(1)
                   『暇と退屈の倫理学』(2)

334.鈴木みそ『ナナのリテラシー 1』
332.又吉直樹『火花』

331.ニコ・ニコルソン『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』
330.中森明夫『寂しさの力』
329.岩田健太郎『サルバルサン戦記』
328.橋本幸士『超ひも理論をパパに習ってみた』
327.福島香織『中国複合汚染の正体』 
326.猪瀬直樹『救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人』

325.谷本真由美×ポール・ロブソン『添削!日本人の英語 PART2
324.坂口恭平『ズームイン、服!』

323.荒川弘×田中芳樹『アルスラーン戦記 3』
322.内藤正典『イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北』
321.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 供
320.苫米地英人『『21世紀の資本論』の問題点』
319.阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

318.三部けい『僕だけがいない街 5』
317.増田俊也『VTJ前夜の中井祐樹』
316.水野敬也『夢をかなえるゾウ 3』
315.岩崎夏海『『もしドラ』はなぜ売れたのか?
314.フランソワ・ヌーデルマン『ピアノを弾く哲学者』 

313.あだち充『MIX 6』

312.石田衣良『余命一年のスタリオン』
311.諌山創『進撃の巨人 15』
310.アレックス・カー『ニッポン景観論』

309.浦沢直樹・長崎尚志『MASTERキートン Reマスター』
 
308.倉方俊輔・柴崎友香『大阪建築 みる・あるく・かたる』
307.坂口恭平『隅田川のエジソン』

306.貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン 14』
 
305.堀江貴文&テリヤキ編集部『ばかウマ』
304.板垣恵介『刃牙道 3』

303.岩田健太郎『「感染症パニック」を防げ!』
302.二ノ宮知子『七つ屋志のぶの宝石匣 1』 
301.辨野義巳『大便通』
300.船曳健夫『旅する知』

299.柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』

298.増田俊也・原田久仁信『KIMURA 4』

295.唐橋ユミ『わたしの空気のつくりかた』

294.海堂尊『アクアマリンの神殿』 
293.一色まこと『ピアノの森 25』
292.辻田真佐憲『日本の軍歌』
291.平野啓一郎『「生命力」の行方』
290.川村元気『億男』
289.勝間和代『稼ぐ話力』
288.ニック・ビルソン『ツイッター創業物語』
287.Jay.他『SHERLOCK ピンク色の研究』
286.松井優征『暗殺教室 11』
285.伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
284.小山宙也『宇宙兄弟 24』 
283.瀬戸内寂聴・堀江貴文『死ぬってどういうことですか?』 
282.早野龍五・糸井重里『知ろうとすること。』 
281.中井祐樹『希望の格闘技』
280.万城目学『悟浄出立』 
279.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 9』 
278.坂口恭平『現実脱出論』
277.坂口恭平『坂口恭平 躁鬱日記』
276.原田久仁信・増田俊也『KIMURA 3』
275.常見陽平『リクルートという幻想』
目次 | 22:52 | comments(1) | - | - |
【50%以上多数】早川海外SFセール(〜11/20) 作家別まとめ

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 文中敬称略

 

11月20日まで287タイトルが50%OFF多数の早川書房の海外SFセールを作家別にまとめです。

 

http://amzn.to/2A15oxu

 

多作の作家が多いので、全部まとめても作家数自体は大した数ではないのですが、なじみのある作家に限定してみました。

 

アイザック・アシモフ(8)

『われはロボット』や刑事物の『鋼鉄都市』やその続編『はだかの太陽』など古典的名作多数。「ロボット工学の三原則」もアシモフから取られたもので、この分野のSFの開拓者として多くの作家だけでなく、映画監督、漫画家にも影響を与えています。『夜来たる』は二千年に一度の夜の訪れをテーマにした表題作ほか、アシモフの傑作短編集。

 

グレッグ・イーガン(11)

『順列都市』『ディアスポラ』は人格情報がすべてサイバー化された世界を描く近未来小説。『白熱光』は未知の宇宙生命体との交流をテーマにしたハードSF。『しあわせの理由』は脳内の物質によって幸福がコントロールされた世界を描いた表題作を含む全9編の短編集です。

 

コニー・ウィリス(10)

『航路』は臨死体験を人為的に引き起こす実験をめぐるヒューマンなドラマ。『ドゥームズデイ・ブック』は教え子のタイムトラベル事故を解決しようとする史学科の教授の物語。『犬は勘定に入れません』、『ブラックアウト』『オール・クリア』ともに史学科の学生を主人公とするタイムトラベルもの。

 

カート・ヴォネガット(18)

村上春樹も影響を受けた作家として認めるなど、SF作家というよりも、メインストリームの作家としても評価の高いカート・ヴォネガット。『スローターハウス5』『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』『ジェイルバード』『プレイヤー・ピアノ』『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』など名作多し。インタビュー集やエッセイも楽しいです。

 

ジョージ・オーウェル(1)

『1984年』は「ビッグブラザー」によって管理された未来世界を描いたディズトピア小説。映画化されたり、村上春樹の『1Q94』の元ネタともなりました。

 

オースン・スコット・カード(25)

映画化された『エンダ―のゲーム』は、宇宙人の襲来に備え訓練を受けた天才少年の成長物語。短い原作を読みたい人は11編からなる短編集『無伴奏ソナタ』を。『神の熱い眠り』と『キャピトルの物語』は、《ワーシング年代記》二部作は「隠れた名作」(大森望)として評価されています。

 

ダニエル・キイス(2)

『アルジャーノンに花束を』は日本でも二度テレビ化されたこともある涙なしには読めない名作。知恵遅れの男が一気に天才になるのですが、同じ手術をした鼠アルジャーノンを観察するうちにあることが明らかになります。『心の鏡』はキイスの魅力を凝縮した全7編の中短編集。

 

ウィリアム・ギブスン(1)

『クローム襲撃』は、『ニューロマンサー』で一世を風靡したサイバーバンクSFの旗手ギブスンの中短編集。

 

マイクル・クライトン(8)

スピルバーグの映画『ジュラシックパーク』や『ロスト・ワールド』の原作者として有名ですが、海底で遭遇した未確認物体『スフィア』などの名作があります。

 

アーサー・C・クラーク(21)

映画化された『2001年宇宙の旅』と『幼年期の終り』が双璧です。『2001年宇宙の旅』は『2010年宇宙の旅』『2601年宇宙の旅』『3001年終局への旅』と続編が作られました。『都市と星』『地球光』も名作ですが、注目は自伝の『楽園の日々 アーサー・C・クラーク回想』。

 

フィリップ・K・ディック(25)

映画『ブレードランナー』の原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と『高い城の男』が長編として有名ですが、映画『トータルリコール』の原作もフィリップ・K・ディックです。その他、『ヴァリス』『時は乱れて』『流れよ、わが涙と警官は言った』『偶然世界』『火星のタイム・スリップ』など多くの名作があり、没後も最も人気の高いSF作家の一人。新刊を除きほとんどの主要作がカバーされている豪華なコレクション。

 

テッド・チャン(1)

『あなたの人生の物語』は映画『メッセージ』の原作。存在しない言語や記号の世界を築きながら独自の作品世界を築いています。

 

ロバート・ハインライン(17)

猫文学でもある『夏への扉』は、長く愛されたベストセラー。『宇宙の戦士』は『機動戦士ガンダム』などモビルスーツ物の原点となった記念碑的作品。『人形使い』は人類に寄生し操る生命体の物語。

 

レイ・ブラッドベリ(9)

フランソワ・トリュフォーによって映画化されたディストピア映画『華氏451度』など多くの名作SFがあります。『火星年代記』は人類の火星への植民の歴史を語る年代記。『太陽の黄金の林檎』『瞬きよりも早く』はそれぞれ22編、21編からなる短編集。

 

ケン・リュウ(1)

『紙の動物園』は、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、世界幻想文学大賞のSF三冠を受賞した出世作。『紙の動物園』全 編からなり、SFの概念をアップデートさせる珠玉の作品集。

 

チャールズユウ(1)

『SF的な世界で安全な暮らしをするっていうこと』は、タイムトラベル技師を主人公にした家族小説の傑作。

 

アーシュラ・K・ルグイン(1)

『宇宙の誕生日』は、ファンタジーの金字塔的作品『ゲド戦記』の作家による全八編からなる短編集。両性具有の宇宙人との接触を描いた『闇の左手』などが含まれます。

 

スタニスラフ・レム(2)

意識を持ち人の思念を物質化する惑星『ソラリス』は、タルコフスキーの名作映画『惑星ソラリス』の原作ですが、その後 によっても映画化。タルコフスキーとの解釈の違いはファンの間でも好みの分かれるところ。

 

次に何を読むべきか迷った時の道案内としては『ハヤカワ文庫SF総解説2000』が重宝します。これもセール対象、ちょうど紙の本の三分の一の価格。

 

その他の主な作家は次のとおり。

 

マデリン・アシュビー(1)

ジョン・ヴァ―リイ(1)

ハーラン・エリスン(1)

ジェイムズ・L・キャンビアス(1)

ジャック・キャンベル(17)

ジェイムズ・S・A・コーリィ(2)

ブランドン・サンダースン(3)

マイク・シェパード(3)

クリフォード・J・シマック(1)

ダン・シモンズ(14)

トマス・スウェターリッチ(1)

ジャスパー・T・スコット(1)

ジョン・スコルジー(9)

コード・ウェイナー・スミス(2)

マイク・スミス(2)
ロジャー・ゼラズニイ(1)

ラヴィ・ティドハー(3)

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(1)

ピーター・トライアス(2)

スティーブン・バクスター(1)

パオロ・バチガルピ(3)

デイヴ・バラ(1)

マイケル・ハラー(1)

マイケル・R・ヒックス(2)

ローレン・ビュークス(1)

デイヴィッド・ファインタック(14)

ロバート・ブートナー(5)

ピアース・ブラウン(3)

クリストファー・プリースト(3)

ケイジ・ベイカー(1)

バリントン・J・ベイリー(2)

ヴォーン・ヘプナー(1)

イアン・マクドナルド(1)

ジョージ・R・R・マーティン(12)

チャイナ・ミエヴィル(1)

マイクル・ムアコック(7)

ハンス・ライアニエミ(1)

ネイサン・ローウェル(1)

ジェイン・ロジャーズ(1)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.