つぶやきコミューン

立場なきラディカリズム、ツイッターと書物とアートと音楽とリアルをつなぐ幻想の共同体
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
@kamiyamasahiko
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
岩井俊二『少年たちは花火を横から見たかった』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

岩井俊二『少年たちは花火を横から見たかった』(角川文庫)は、岩井自身の監督作品である『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(1993年テレビ放映、1995年再編集した映画版を公開)の24年ぶりのノベライズである。

 

もちろん、この時期のノベライズは、8月18日に公開予定の新保昭仁総監督、大根仁脚本によるアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』にシンクロしたものである。

 

映画同様、この小説も小学六年生という子どもから大人へと変わろうとしている思春期の移ろいやすい少年少女の心情を、内から鮮やかに描き出した秀作で、映画やアニメの予備知識がなくても十分に楽しめる作品に仕上がっている。

 

学校が夏休みに入るころ、典道はプラネタリウムで、同じクラスのなずなと顔を合わせる。そのナレーションで使われていたのが、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』だったが、一節を聞いただけで彼女はその作品名を言い当てたのだった。典道は図書館でその本を借りてしまう。4月に転向してきて以来クラスでも目立った存在であったなずなを一層強く意識するような出来事が続いて起こる。典道の母親がなずなを彼女の母親から預かり、一夜を同じ部屋で過ごすことになったのだ。それも、二段ベッドの上下で。典道は眠れない夜を過ごすことになる。

 

しかし、友人たちの前ではそんなことはおくびにも出さず、それゆえ友人の祐介のなずなへの告白を手伝う約束さえするなど、ボタンの掛け違いが続く。典道は知っていた。母親の離婚で、なずなは間もなく転校してしまうことを。それを友人たちには言えないまま、花火大会の夜を迎える。

 

小学生がかけおちするというアイデアは岩井が漫画家になろうとした学生時代から抱いていたものだが、テレビで『if もしも』というシリーズでようやく日の目を見ることになった。本来はAとBという異なるエピローグの両方を提示するパラレルワールドものの企画だったのだが、それを花火を下から見る者と横から見る者の群像劇とすることで、本来の企画とは異なるかたちの作品としようとする原案が『少年たちは花火を横から見たかった』である。けれども、シリーズものの企画だけにこの形では放映できず、プロデューサーの石原隆からは二時間もののドラマとして一年後に作り直してはとも提案されたが、元の企画に沿うものに直した。これが、のちに『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』として映画化された作品の成立事情である。

 

(…)結果もし『ifもしも』をパスしてしまっては僕の中では負けなのであった。そして自分がより美味しい仕事を選ぶようになったら、それはもう倫理の崩壊である。作品とは子供のようなものであり、誕生する時と場所を選ばない。僕が作れば生まれてくる作品も、パスすれば影も形もないのである。p150

 

岩井俊二は仙台市で生まれ育ったはずなのに、九十九里浜の外れの街(千葉県旭市)を舞台とした少年たちの動きが鮮やかに、克明に描写されつくしている。その圧倒的なリアリティは、映画の中のあのころまだ十代だった奥菜恵をはじめとする俳優たちの姿や演技、その一挙手一投足が、岩井の心の中に、まるで自分自身の少年時代のように焼きついてるからであろう。巻末の「短い小説のためのあとがき」にも次のような一文がある。

 

撮影のあいだは今までにない空気が自分のまわりをとりまいていた。子供たち。彼等のリアルな部分と自分の中の物語の部分が微妙に混じりあって、自分までが思春期の中にあるような錯覚に酔った。

 そして三十を過ぎた自分自身にはっとするのだ。

 人間は歳をとる。しかたのないことだが、つまらない運命だ。

 頭でっかちで尻切れとんぼな物語だ。

 

 なずな、典道、祐介、純一、和弘、稔。

 恵、裕太、反田、小橋、ランディー、研人。

 

 この物語はこの六人のものだ。

 かけがえのないひと夏の記憶として彼等の中に永遠に残ればそれでいいのだ。

p153

 

時間を置いたノベライズは、著者の中にも、演者の中にも、そして観客の中にもさまざまな波紋をもたらすことだろう。二十数年前『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観た恋人たちは、結婚し、それぞれに子供ができているかもしれない。それでも、この物語はやはり若い世代のものというよりも、自分の思春期の物語なのだ。こんな風に、ドラマチックに憧れの異性と近づき、離れることはなかったとしても、あの同じ年の仲間たちに距離を感じないで、毎日家と学校の周囲を自由に動き回っていた自分たちの物語なのである。

 

作品の最後のページで、なずなという名前の種明かしもさりげなくしてある。

 

そう、それは少年少女たちの帰らざる夏へのレクイエムなのだ。

 

PS  アニメの脚本担当である大根仁による『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のノベライズも角川文庫から刊行されている。

 

関連ページ:

岩井俊二『リップヴァンウィンクルの花嫁』
岩井俊二『ヴァンパイア』

目次

索引


著者別索引コミック編1【ア〜ト】 著者別索引コミック編2【ナ〜ワ】

小説
LOVE STORIES (gooブログ)
「ホワイトラブ」1
  2   3    4    
6   7   8   9  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
供屮據璽僉璽螢譟璽轡腑鵝1, 2, 3, 4, 56, 78,  9,  10, 11-12, 13-14, 15, 16-17,  18,19
掘峺諺杪╋酋福1, 2, 3, 4, 5 6, 7, 8, 9,10,11, 12, 13, 14,15,16,17,18,19

Books
474.ラルフ・ミレ―ブス『バイコヌール宇宙基地の廃墟』
473.田中圭一『Gのサムライ』
472.宮城公博『外道クライマー』
471.山本崇一郎『からかい上手の高木さん』1〜3
470.速水健朗『東京どこに住む?住所格差と人生格差』 
469.勝間和代『2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム』
468.隈研吾『建築家、走る』
467.三部けい『僕だけがいない街 8』
466.福島香織『SEALsと東アジア若者デモってなんだ!』
465.ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』
464.松井優征・佐藤オオキ『ひらめき教室』 
463.清野とおる『増補改訂版 東京都北区赤羽 1』
462.佐々木敦『ニッポンの文学』 
461.桜木武史『シリア 戦場からの声』
460.平野啓一郎『マチネの終わりに』
456.町田康『リフォームの爆発』
455.諌山創『進撃の巨人 19』
454.安田寛『バイエルの謎』 
453.松井優征『暗殺教室 19』
452.万城目学『バベル九朔』 
451.二ノ宮知子『87CLOCKERS 8』 
450.佐々木敦『例外小説論』
449.落合陽一『これからの世界をつくる仲間たちへ』
  PART2 魔法使いになる方法
448.甲斐谷忍『無敵の人 機 
447.堀江貴文責任編集『堀江貴文という生き方』
446.瀬谷ルミ子『職業は武装解除』
445.万城目学『ザ・万字固め』
444.宮崎克×あだちつよし『怪奇まんが道』
443.大崎善生『聖の青春』 
442.松井優征『暗殺教室 18』
441.堀江貴文『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』
440.森山高至『非常識な建築業界 「どや建築」という病』
439.森博嗣『作家の収支』
438.安田菜津記『それでも、海へ』
437.岡本亮輔『聖地巡礼 世界遺産からアニメの舞台まで』
436.桐木憲一『東京シャッターガール』(1〜3)
435.松浦儀実・渡辺保裕『神様がくれた背番号』(1〜3)
434.落合陽一『魔法の世紀』
433.斎藤孝『語彙力こそが教養である』
432.三部けい『僕だけがいない街 7』
431.桜木紫乃『ホテルローヤル』
430.危険地報道を考えるジャーナリストの会編『ジャーナリストはなぜ戦場」へ行くのか』
429.高野秀行・清水克行『世界の辺境とハードボイルド室町時代』
428.米澤穂信『王とサーカス』
427.岩井俊二『リップヴァンウィンクルの花嫁』 
426.和合亮一『詩の寺子屋』 
425.江川紹子『もか吉、ボランティア犬になる。』
424.松井優征『暗殺教室 17』
423.米澤穂信『真実の10メートル手前』
422.一色まこと『ピアノの森 26』
421.ユリイカ 1月臨時増刊号 総特集 坂口恭平
420.あだち充『MIX 8』
419.ヤマザキマリ『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』
418.村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』 
417.東野圭吾『人魚の眠る家』
416.水木しげる『私はゲゲゲ』 
415.西尾維新『掟上今日子の備忘録』 
414.舘野仁美『エンピツ戦記』
413.岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』
412.増田俊也・一丸『七帝柔道記 2』
411.ウエルベック『服従』
410.國分功一郎監修『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』
         『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』2(A-F) 
409.二ノ宮知子『七つ屋しのぶの宝石匣 2』
408.島田裕巳・中田考『世界はこのままイスラーム化するのか』
407.小林よしのり・宮台真司・東浩紀『戦争する国の道徳』
406.伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』
405.和夏弘雨×碧海景『火葬場のない町に鐘が鳴る時 3』
404.出口治明『人生を面白くする本物の教養』

403.保坂和志・小沢さかえ『チャーちゃん』

402.朝井リョウ『武道館』
401.森田真生『数学する身体』
400.吉本ばなな『ふなふな船橋』

      吉本ばなな『ふなふな船橋』PART2(固有名詞辞典)
399.上杉隆『悪いのは誰だ!新国立競技場』

398.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 12』
397.小橋めぐみ『恋読 本に恋した2年9ヶ月』
396.会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
395.飲茶『14歳からの哲学入門』

394.板垣恵介『刃牙道 8』
393.星野智幸『呪文』
392.辻田真佐憲『たのしいプロパガンダ』

391.松井優征『暗殺教室 16』
390.坂口恭平『家族の哲学』 
389.石川美子『ロラン・バルト』
388.羽海野チカ『3月のライオン 11』

387.村上春樹『職業としての小説家』

386.羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
385.二ノ宮知子『87CLOCKERS 7』
384.古市憲寿『保育園義務教育化』

383.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 掘

382.又吉直樹『東京百景』
 PART2(地名辞典)

381.ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』
380.畑中章宏『『日本残酷物語』を読む』

379.村上春樹『村上さんのところ』
 PART2(人名・作品名辞典)
378.辻田真佐憲『ふしぎな君が代』
377.三部けい『僕だけがいない街 6』

376.藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』
375.坂口恭平『幸福な絶望』

 PART2(地名索引) 
 PART3(人名索引)
 
   PART4 (書名索引)

 PART5 (音楽・映画索引)
 坂口恭平の熊本ーそれからー NEW!
374.板垣恵介『刃牙道 6』 
373.堤未果『沈みゆく大国 アメリカ <逃げ切れ!日本の医療>』
372.五十嵐泰正・開沼博編『常磐線中心主義』
371.松井優征『暗殺教室 15』

370.伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』
369.岸政彦『断片的なものの社会学』
368.吉田修一『森は知っている』
367.甲野義紀『今までにない職業をつくる』
366.増田俊也編『肉体の鎮魂歌』
365.和夏弘雨『火葬場のない町に鐘が鳴る時』1、2
364.伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』
363.北条かや『整形した女は幸せになっているのか』
362.津田大介×西きょうじ『越境へ。』
361.又吉直樹『第二図書係補佐』
360.茂木健一郎『東京藝大物語』
359.あだち充『MIX 7』 
358.堀江貴文『あえて、仕事から外れる。逆転の仕事論』

357.吉川浩満『理不尽な進化』
356.椹木野衣『アウトサイダー・アート入門』
355.松井優征『暗殺教室 14』
354.黒柳徹子『トットひとり』
353.東野圭吾『ラプラスの魔女』
352.福島香織『本当は日本が大好きな中国人』
351.田中圭一『神罰 1.1』 
350.國分功一郎『近代政治哲学』
349.米澤穂信『満願』

348.海堂尊『スリジエセンター1991』
347.増田俊也×一丸『七帝柔道記 1』

346.千葉雅也監修『哲子の部屋掘
345.高橋源一郎『デビュー作を書くための超「小説」教室』
344.國分功一郎監修『哲子の部屋 供 
343.荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の漫画術』
342.國分功一郎監修『哲子の部屋 機
341.柴崎友香『パノララ』
340.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 10』
339.常岡浩介『イスラム国とは何か』

338.ヤマザキマリ『国境のない生き方』
337.水道橋博士『藝人春秋』(文春文庫版) 
336.大塚明夫『声優魂』

335.國分功一郎『暇と退屈の倫理学』(1)
                   『暇と退屈の倫理学』(2)

334.鈴木みそ『ナナのリテラシー 1』
332.又吉直樹『火花』

331.ニコ・ニコルソン『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』
330.中森明夫『寂しさの力』
329.岩田健太郎『サルバルサン戦記』
328.橋本幸士『超ひも理論をパパに習ってみた』
327.福島香織『中国複合汚染の正体』 
326.猪瀬直樹『救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人』

325.谷本真由美×ポール・ロブソン『添削!日本人の英語 PART2
324.坂口恭平『ズームイン、服!』

323.荒川弘×田中芳樹『アルスラーン戦記 3』
322.内藤正典『イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北』
321.ヤマザキマリ×とり・みき『プリニウス 供
320.苫米地英人『『21世紀の資本論』の問題点』
319.阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

318.三部けい『僕だけがいない街 5』
317.増田俊也『VTJ前夜の中井祐樹』
316.水野敬也『夢をかなえるゾウ 3』
315.岩崎夏海『『もしドラ』はなぜ売れたのか?
314.フランソワ・ヌーデルマン『ピアノを弾く哲学者』 

313.あだち充『MIX 6』

312.石田衣良『余命一年のスタリオン』
311.諌山創『進撃の巨人 15』
310.アレックス・カー『ニッポン景観論』

309.浦沢直樹・長崎尚志『MASTERキートン Reマスター』
 
308.倉方俊輔・柴崎友香『大阪建築 みる・あるく・かたる』
307.坂口恭平『隅田川のエジソン』

306.貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン 14』
 
305.堀江貴文&テリヤキ編集部『ばかウマ』
304.板垣恵介『刃牙道 3』

303.岩田健太郎『「感染症パニック」を防げ!』
302.二ノ宮知子『七つ屋志のぶの宝石匣 1』 
301.辨野義巳『大便通』
300.船曳健夫『旅する知』

299.柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』

298.増田俊也・原田久仁信『KIMURA 4』

295.唐橋ユミ『わたしの空気のつくりかた』

294.海堂尊『アクアマリンの神殿』 
293.一色まこと『ピアノの森 25』
292.辻田真佐憲『日本の軍歌』
291.平野啓一郎『「生命力」の行方』
290.川村元気『億男』
289.勝間和代『稼ぐ話力』
288.ニック・ビルソン『ツイッター創業物語』
287.Jay.他『SHERLOCK ピンク色の研究』
286.松井優征『暗殺教室 11』
285.伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』
284.小山宙也『宇宙兄弟 24』 
283.瀬戸内寂聴・堀江貴文『死ぬってどういうことですか?』 
282.早野龍五・糸井重里『知ろうとすること。』 
281.中井祐樹『希望の格闘技』
280.万城目学『悟浄出立』 
279.北条司『エンジェル・ハート 2ndシーズン 9』 
278.坂口恭平『現実脱出論』
277.坂口恭平『坂口恭平 躁鬱日記』
276.原田久仁信・増田俊也『KIMURA 3』
275.常見陽平『リクルートという幻想』
263.石田衣良『憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークⅪ』
262.三部けい『僕だけがいない街 4』
261.東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』 PART2 
260.平野啓一郎『透明な迷宮』
259.井上雄彦『バガボンド 37』
258.千葉雅也『別のしかたで ツイッター哲学』
257.コロッケ『マネる技術』
256.塚谷裕一『スキマの植物図鑑』 
255.隈研吾『僕の場所』
254.桜坂洋・小畑健『All You Need Is Kill 2』
253.桜坂洋・小畑健『All You Need Is Kill 1』
252.出口治明『ビジネスに効く最強の「読書」』
251.堀江貴文・岡田斗司夫『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』 
250.二ノ宮知子『87CLOCKERS 5』
249.土屋敦『男のパスタ道』
248.あだち充『MIX 5』
247.岩合光昭『ネコを撮る』
246.矢野久美子『ハンナ・アーレント』
245.蔵本由紀『同期する世界』
244.福岡伸一『生物と無生物のあいだ』
243.東浩紀・桜坂洋『キャラクターズ』
242.仲野徹『エピジェネティクス』
241.一色まこと『ピアノの森 24』
240.槇文彦・大野秀敏編『新国立競技場、何が問題か』
238.荒川弘・田中芳樹『アルスラーン戦記 2』
237.浦久俊彦『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』
 
236.外山滋比古『乱読のセレンディピティ』
目次 | 09:41 | comments(0) | - | - |
ヴァレリー・アファナシェフ『ピアニストは語る』

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  文中敬称略

 

 

ヴァレリー・アファナシェフはかつて若くしてエリザベート王妃国際コンクールで優勝したがそこ後、ベルギーへと亡命したピアニストである。その演奏は、ときに音楽界の常識から大きく外れたスローテンポで演奏され、「鬼才」ピアニストと称される一方で、文学や哲学にも精通し、深い考察を含んだ何冊もの著作を著している。『ピアニストは語る』(講談社現代新書)は、日本で行われたアファナシェフへのインタビューによって構成された書物である。

 

その生い立ちとモスクワで受けた音楽教育、その後コンクールでの優勝を経て、西側へ亡命するまでを語った「第一部 人生」と、60歳を過ぎて、現在の音楽観やCD、コンサートで取り組んでいるベートーヴェンのソナタについての考えを語った「第二部 音楽」からなっている。

 

アファナシェフは、両親がともにピアノを弾く家庭に生まれたが、幼いころはさして興味を抱かなかった。音楽的には早熟ではなかったし話すのも遅かったが、五歳のころから本を読み始める。母親からピアノを教わるようになったのは6歳のころであった。その後、母の手にあまるようになると、女性の先生につけようとするが、やはり才能がありすぎるということで、二人して音楽学校に入れようとする。その後の展開が興味深い。

 

それでいくつかの音楽学校のテストを受けたのですが、最初の学校では「だめです。この子は全然ピアノは弾けません。たぶんヴァイオリニストのコースにでしたら入れて差し上げてもいいですが、ピアノは無理です」と言われました。二番目に行った学校では、私は天才で、将来偉大なピアニストになるだろうと言われました。そして三番目の学校では、「ああ、いいですね。この子を入学させましょう。問題ないです」と言われたのです。なんにも特別な評価はありませんでした。

 

結局、三番目の学校に通うことになる。自ら自分は神童ではなかったとアファナシェフは語る。

 

ことの始まりから、最高でも最低でもなく中庸の道を選んでいたのは、後々のことに鑑みればじつに興味深いところです。私は神童ではありませんでした。じつのところ神童は、しばしば大成しないものです。二〇年、三〇年前に勉強したことがまったく無意味だったと言うわけではないですが、私は晩成型だったのです。

 

世界的なピアニストであるエミール・ギレリスに教わる以前、モスクワ音楽院音楽高校で教わった二人ピアノの教師の存在が印象に残ってる。一人は、ルバック。だが、ロシア最高のピアノ教師と思えたルバックからは大きな影響を受けるが、不幸にしてルバックはスキャンダルでその地位を失ってしまう。

 

四年間、通して彼に習っていたら、おそらく私の成長のペースもずっと早かったのでしょうが、不幸にしてそうはなりませんでした。

 

生徒の自由を尊重したルバックに対し、その後師事したザークは厳格であったが、その教えの一部のみを選択的に吸収したとアファナシェフは言う。ザークは、演奏が気に入らないと楽譜に「呪われてあれ」と書くくらい気性が激しかったが、同時にアファナシェフのことを高く評価していた。

 

「私には弟子は一人しかいない。アファナシェフだ。他はゼロだ」。

 

やがてアファナシェフは頭角を現し海外のコンクールで入賞を果たす実力を有するようになるが、同時に西側の世界が、ソ連で伝えられていたのとは全く異なることを知り、亡命したいという気持ちが高まるようになる。しかし、エリザベート王妃国際コンクールを前に、亡命を企てていると密告されるなどの嫌がらせを受けることになる。何とかコンクールに出場、優勝できたものの当局のブラックリストに入ったせいか、何十回とあるはずの演奏会のチャンスも与えられず、何とか国外へ脱出し、亡命することを企てる。しかし、亡命を受け入れてもらうのは容易ではなく、また事前に発覚するとKGBにつかまり精神病院へ送られるかもしれない。悲愴な覚悟での何とか亡命にこぎつけるまでのスリリングな展開は、さながらスパイ映画そのもので、本書の白眉の部分である。これほどまでに亡命に至るまでの経緯や心情がこと細かにピアニスト自らによって語られたことはかつてなかったのではないか。

 

とはいえ、亡命後、事の経緯を細かく語るのではなく、音楽そのもので勝負しようと思ったアファナシェフは、スターとなる機会を逸し、あまり活躍の機会を与えられなかった。レコードや楽譜、書物など物の豊かさこそ圧倒的であったが、西側もまた思い描いたような自由の天国ではなかったのだ。

 

アファナシェフは、プログラムの後でアンコールを何曲も弾く西側のスタイルになじめない。それでは肝心のプログラムの印象が薄まり、アンコールのみが記憶に残ってしまう。そこで次のようなギレルスの例を持ち出すあたりに、アファナシェフの徹底したこだわりが感じられる。

 

 かつてギレリスは、オール・ベートーヴェンプログラムのアンコールとして『月光』を全曲弾きました。ソナタを全曲弾けば、すべてが台無しになることはありません。プログラムにもう一曲、曲を付け加えるだけですから。しかし超絶技巧曲を二曲弾いたら、聴衆はその曲だけを覚えていて、肝心のメインプログラムは忘れます。

 

第一部では、アファナシェフの真骨頂である哲学的な音楽への洞察も控えめであるが、第二部では、他の著作同様、自分の音楽にとって重要なものがなになのか、バッハやベートーヴェンの音楽の本質や、その演奏がいかにあるべきかの考察がいかんなく披歴され、彼が単なる奇をてらった自己主張の強いピアニストではないことが理解できる。その言葉の数々は、音楽愛好家にも、音楽を演奏する者にも深いメッセージを伝えるにちがいない。

 

とりわけ重要なのはハーモニーについての考察だ。メロディーという水平方向の進行に対し、ハーモニーという音楽の垂直性の意義とは、アファナシェフにとってどのようなものだろうか。

 

論理的にというよりも、ハーモニーに沿って多くを聴きとるということが重要です。すると、メロディーそのもが横に延ばされて、時間を拡張したハーモニーなってくる。演奏していると、そのようなことが起こるのです。これを感じることができると、私ではなく、誰かべつの人が演奏しているように思えてくる。コンサートホール自体が演奏している感じです。これは大切な感覚で、そこから自分のすべきことに熟達していくのです。

 

ときにおそろしくスローであると感じるあのテンポも、アファナシェフにとっては曲が、曲のハーモニーが要求していると感じるからに他ならない。

 

しかし、ハーモニーが全体に浸透した、調和のとれた演奏は、名ピアニストにとっても、いつでも得られることのない奇跡であるという。

 

 いかに偉大なピアニストであろうと、舞台の上で、奇跡の訪れを待つより他はないのです。奇跡が起こり得るときと、起こり得ないときがある。ときに軌跡は起こらない、そのことを受け入れ、心に留めておくべきなのです。

 

『ピアニストは語る』には、一人のピアニストの最も印象的な人生のエピソードと、最も深い音楽的考察が凝集されている。すでにファナシェフの演奏に魅了された人にも、その演奏を敬遠してきたひとにとっても、まったくピアニストアファナシェフを知らない人にとっても、ベストの入門書というにふさわしい良書なのである。

 

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.